スポンサーリンク

【MLB移籍/FA】2023シーズンに向けたクオリファイング・オファー(QO)の金額が決定!19.65 Mドルに

2022-2023年のクオリファイング・オファー

 現地2022年10月15日、2022年のワールドシリーズ終了後からスタートするクオリファイング・オファーについて、今オフの金額が出ましたので、記しておきたいと思います。ポストシーズンのゲームを追いかけていて書ききれておりませんでしたので、ここであらためて。

クオリファイング・オファーとは? 

 クオリファイング・オファー(以下QO)の制度については前年の記事に詳細をまとめておりすので、ぜひこちらをご参照ください。

CBA交渉で撤廃にならず

 2021年から2022年にかけて行われた新CBA交渉では、このQOも議題に上がりました。当初は撤廃される方向で、ドラフト補償もなしということで話が進んでいたのですが、結局は残ることに。その団体交渉では現状の設定の金額を変える程度しか進みませんでしたね。QOをはじめ、インターナショナル・ドラフト、贅沢税の基準額、また調停資格前の選手のサラリーの設定など大規模な改革に関する議論はまた持ち越しになりました。

2022-23は金額がアップ!19.65Mドルに

 今オフに提示されるクオリファイング・オファーの金額は、$19.65Mに決定しました。

 この金額はトップ125選手の年俸の平均値により算出されます。今季は $1.25 Mも上がりました。

  • 2022年11月(For 2023): $19.65M
  • 2021年11月(For 2022): $18.4M
  • 2020年11月(For 2021): $18.9M
  • 2019年11月 (For 2020) : $17.8M
  • 2018年11月 (For 2019): $17.9M
  • 2017年11月(For 2018): $17.4M
  • 2016年11月(For 2017): $17.2M
  • 2015年11月(For 2016): $15.8M
  • 2014年11月(For 2015): $15.3M
  • 2013年11月(For 2014): $14.1M
  • 2012年11月(For 2013): $13.3M

対象選手

 ワールドシリーズ後にFAとなり、クオリファイングオファーを受け取ることが予想される選手のリストと対象選手の要件は下記になります。

  • 過去にQOの提示なし(=1度オファーを受けたら、2度めのQOはない)
  • シーズン全期間を通して所属球団にいること。(移籍してきた人は対象外)

 つまり、開幕から継続して同じチームに所属し、これまで一度もクオリファイングオファーを受けたことがないFAにのみ適用されると考えます。

  • アーロン・ジャッジ(ヤンキース/OF)
  • ジェイコブ・デグロム(メッツ/RHP)
  • エドウィン・ディアス(メッツ/RHP)
  • クリス・バシット(メッツ/RHP)
  • ブランドン・ニモ(メッツ/OF)
  • ザンダー・ボガーツ(レッドソックス)
  • ダンスビー・スワンソン(ブレーブス)
  • トレイ・ターナー(ドジャース)
  • ウィルソン・コントレラス(カブス)
  • カルロス・ロドン(ジャイアンツ)

 クオリファイングオファーはワールドシリーズ終了後5日目まで提示可能で、選手はその後1週間以内に承諾するかどうか返信する必要があります。

ボガーツとロドンはオプトアウトの行使次第

 ほとんどが2022シーズン終了時にMLS6.000年のFA資格を満たすことになった選手です。特殊なケースを2つほどピックアップします。

ザンダー・ボガーツ

 レッドソックスのザンダー・ボガーツは2022年1月の時点でMLSが8.042。FA資格を満たした時点で下記契約を結んでいました。そして2022シーズン終了後のオプトアウトの条項が入っているため、それを行使すればという条件付きになりますが、対象になっています。レッドソックスに残れば、QOはまた次の契約が切れる機会にということになります。

 現契約にサインしたのは2019年4月1日。

  • 6年/$120M (2020-25) + 2026 オプション
    • @ $20M/年 x 6年.
    • 2026年は:$20M オプション
      • ボガーツが2025シーズンに535 PA(plate appearances)を達成、且つ 2025シーズン終了時にヘルシーであるならクラブ側が行使(べスティング・オプションのようなもの)
    • 2022シーズン終了後にオプトアウトあり

カルロス・ロドン

 カルロス・ロドンは2022年3月のロックアウト終了直後にジャイアンツと下記の契約を締結。2年契約で、2023年も残っているではないか?と思ってしまうのですが、実はオプトアウト条項が入っていたのです。それが2022年に110イニングを投げればという条件でした。今季は大きな怪我もなく178.0IPを達成。条件をクリアーということでオプトアウト可。ちなみにロドンの178.0 IPはキャリアハイです。

  • 2年/$44M (2022-23)
    • $21.5M(2022)/$22.5M(2023)
    • 2022年に110イニングを投げれば、オプトアウトできる

 ロドンもオプトアウトしなければ、現契約の2023年が終わった後にまたQOをもらうことは可能。

資格があるのに対象外の選手

 なお、FAの資格はあるが、QOの対象外の選手は、ご覧の通り。

  • ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス/1B) :過去に提示済み
  • カルロス・コレア(ツインズ/SS):オプトアウトするという噂。しかし、過去に提示済み
  • ノア・シンダーガード(フィリーズ/RHP) :過去に提示済み、そしてTDLで移籍

 QOを受けた選手が他クラブとメジャー契約を結んだ場合、前所属クラブは1巡目終了時またはコンプラウンドB終了時にその補償としてドラフト指名権を受け取ることができます。詳細は新契約の金額、選手を失うクラブがレベニュー・シェアリングを受けているかどうか、また贅沢税の基準額を超えているかどうかによって変わってきます。

 QOは2012年シーズン終了後に始まり、過去110件のオファーがありましたが、そのうち受諾されたのは8ケースのみ。2021年11月は、14人がQOを提示され、受諾したのはジャイアンツのブランドン・ベルトだけでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました