スポンサーリンク

【MLB2023】ビリー・エプラーがGMを辞任したメッツは期限を区切らず後任探しを実施!幻のILとは?

メッツのフロントオフィスの体制

 ニューヨーク・メッツが長年ラブコールを送っていた元ブルワーズの編成トップで直近ではオーナーシップとBOの特別顧問のポジションにあったデービッド・スターンズ(David Stearns)をPOBO (President of Baseball Operations)に迎えたと正式発表したのが、現地2023年10月2日。メッツにとってハートブレイクなレギュラー・シーズンが終了した直後のことでした。

GMのビリー・エプラーが辞任

 当初はGMのビリー・エプラーもデービッド・スターンズの下で働くという構造になっていましたが、スターンズのPOBO就任会見からわずか3日後の現地2023年10月5日にGMのビリー・エプラーが辞任を発表しました。

 現時点で48歳のビリー・エプラーは2021年11月にメッツのGMに就任。翌2022シーズンにメッツは101勝をマークし、ワイルドカード・シリーズで敗退するも、大いに成果を発揮した仕事ぶりでした。そして2023年、メッツは前年とは打って代わって75勝にとどまり、トレード・デッドラインでは「売り」に回る事態となりました。

 スターンズが加入し、エプラーの多くの権限は彼に移譲されるものの、それでもエプラーはGMとしてメッツに留まると予想されていたのですが、辞任は晴天の霹靂というところだったようです。

幻のILとは?(IL操作)

 ビリー・エプラーが、辞任したタイミングは要らぬ憶測を呼んでしまうタイミングでもありました。

 それが「幻のIL」です。ILの不正使用についてMLBの調査が入っている中での辞任だったことで、これは要らぬ疑いをかけられていそうです。

 ただ、これはスキャンダラスな問題ではありません。

ロスター調整で

 MLBがメッツの「幻のIL」について何を調査しているのかというと、負傷していないのにIL枠を使ったのではないか?という疑いです。

 ただ、偽の負傷でILに選手を登録するのは、制度を逆手に取ったやり方でどこのクラブもやっていると言っても過言ではないでしょう。

 この点は今の時代、倫理的にどうか?という点が問題なのでしょうが、不透明な部分があるのが正直なところです。

 クラブ側は、しばしばロースターの当落線上にいるプレーヤーにたとえプレーが可能であっても。IL入りを受け入れるよう要請すると言います。

 これをするクラブ側のメリットは26人のアクティブ・ロースターが不足する可能性がある中、その補充可能となる40manロスターの枠をめいいっぱい使えるという点です。ILはカウントされませんから。その枠を別の選手に充てることが出来るということに。

 ただ、この「幻のIL」がまかり通っている理由は選手側にもメリットがあるからです。

 たとえばマイナーへオプションされればサービスタイムがカウントされなくなりますし、サラリーもマイナー・レベルに。ところが、ILとして40manロスター(メジャー・ロスター)に残っていれば、サービスタイムはカウントされますし、サラリーもメジャー最低年俸の基準があります(これはクラブ側のデメリットにもなります)。

 断る理由が少ないのです。

 もしも断る理由があるとすれば、MLBの試合に出る機会が失われるということでしょうか。ただ、マイナーにはなりますが、IL中でも試合には出られます。

 負傷が治り、ヘルシーな状態にもかかわらず、選手の意向を無視して強制的にIL入りを行ったのなら、問題があるとは思います。強制的というより、選手はILに入った方がメリットが多いからと勝手に事務的に判断してステータスを決めるのが慣習になっていて、それに異議と唱えた人がいたのかもしれませんね。

 内部告発でもあったのかもしれませんね。

虚偽のIL使用の処分は不明

 なお、偽のILを使った場合の処分は明らかになっていません。ここは不明瞭なところです。

 エプラーが際立って偽のILを使用していたということであれば、なるほどとも思うのですが、頻度や質などはどうなのかわかりかねるところが多いです。

 たとえばトレバー・ガットを獲得した時に、「メッツはトレバー・ガットの40manロスターのスペースを空けるため、4月後半に左足首を捻挫してILに入っていたエドウィン・ウセタ(Edwin Uceta)を60 Day ILに移しています。」ということがありました。

 仮にウセタがピンピンしていたなら、そのケースに当たると思うのですが、実態は定かではありません。

 MLBの調査が入った理由も不明ではあります。

 今後の罰則の規定も見据えた単なる実態調査である可能性もあります。

メッツはGMサーチ(急ぎではない)

 なお、スターンズによるBO体制が決まったメッツですが、引き続きGMロールを探す意向のようです。

 さすがにスターンズ1人で大きな組織のPOBOとGMとの兼任は難しいのでしょう。そしてGMサーチに関してはスケジュールを定めず行うとしています。

 それまでは実質的にはスターンズと複数人のアシスタントGMでその空いたスポットの仕事をこなすということのようです。

Mets Staff Directory | New York Mets
Find the full listing of Mets front office department and staff member...

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました