スポンサーリンク

【MLB2019】レッドソックス、ザンダー・ボガーツと7年132Mドルで契約延長(追記あり)

レッドソックス、SSを囲い込み

現地2019-03-31、レッドソックス・ファンにとって朗報が入りました。

SSのザンダー・ボガーツ(Xander Bogaerts)との契約延長に成功。

7年1億3,200万ドルで合意です。クラブ側はまだコンファームしておりませんが、この線で間違いないと思います。

ボガーツは1月に更新済み

ザンダー・ボガーツは2019年1月に1年1,200万ドルで契約。これは2019年1月時点でMLSタイムが5.042年で調停イヤーだったため、それを避けての契約でした。

そして、今回はMLSが6年に達する見込みである今オフのFAをにらんでの流出阻止です。

延長の契約内容は6年$120M

今回の契約延長は2020年から2025年までの6年。この間の金額が1億2,000万ドル。

上記の2019年の1,200万ドルを加えて、7年1億3,200万ドルということになっています。

最高で8年1億5,200万ドルになるかも

そして、ヘイマンさんによると8年目の2026年はベスティング・オプション。ファイナルイヤーの2025年に525打席(打数ではない)に達すれば、8年目は2,000万ドルで契約というオプションも盛り込まれているという情報も。

こちらはレッドソックス側のファイナルの情報が必要かもしれませんね。

オプトアウト(途中解除)が入っているかどうかは不明です。

追記:2019年4月2日

現地2019年4月1日、契約がファイナライズされました。上の条件と変わりありません。

2019年分を入れて、7年$132Mで延長です。2020年以降は毎年$20Mのサラリーで、やはり2026年はベスティングオプションがつき、行使されれば2026年は$20Mです。

エージェントはスコット・ボラスです。

また、ヘイマンさん情報ですが、2022年にオプトアウトが入りました。

ということは、4年後に出て行く可能性は残されているようです。そうなるとは思っていましたが、ボガーツが30才の時です。難しい年齢の時ですね。

レッドソックスはSSがいなかった

レッドソックスなのですが、2018年のWSチャンプを獲ったはいいものの、将来のSSとしてキューバからリスクをおかして獲得したヨアン・モンカダをクリス・セールとのトレードでホワイトソックスへ出していましたから、ボガーツの次の世代が出来ていないという事情がありました。

よって次の世代を育てる時間的猶予を得るためにも、ボガーツとの契約延長はよい判断だったと思います。

ザンダー・ボガーツの価値

ザンダー・ボガーツは、今季26才でシーズンを迎えたSSとして旬の選手。

守備、打撃ともに伝統あるチームのSSとしては欠かせない存在です。

2015年と2016年にシルバースラッガー賞を受賞。この2年の安打数は196、192を数えます。右打者でこの数字は驚異的ですね。2016年にはオールスターにも出場。2018年は打率.288、HR 23、打点 103と大活躍。キャリア通算のWARは14.8。

2019年は現地2019年3月30日時点で、3試合、13打数2安打でまだ当たりは出ておりませんが、月が変わってそろそろヒットも量産してくると思います。

よいSSをまずは獲得できてよかったです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました