スポンサーリンク

【朗報!】新CBAの暫定合意に到達!Baseball is back ! 2022年は162試合で(追記あり)

ロックアウト解除へ

 現地2022年3月10日、MLBとMLBPA(選手会)の団体交渉は驚くべき方向転換を遂げ、新CBA(Collective Bargaining Agreement)の暫定合意に達しました。2021年12月2日から3ヶ月以上にわたって続いていたロックアウトはこれで解除。これから選手たちはスプリング・トレーニング地に向かい、FA選手のディールが再開し、開幕に向けて動いていくこととなります。

 フロリダのジュピターで8日間の交渉が行われた後、最初の2シリーズ(6試合)がキャンセルとなると発表された1週間後、ようやく暫定的ではありますが、合意に達しました。

ロックアウト99日、そして162試合のシーズンへ

 MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが直近のCBA満了に伴い、ロックアウトを課したのは2021年12月2日。それから99日後の現地2022年3月10日、両者は新CBAに暫定的に合意。これによりロックアウトは解除されることとなりました。

 ストライキとロックアウトでワールドシリーズが潰れ(1994年)、開幕戦から18試合が中止(1995年)となった1995-96の最悪の労働争議に近づきそうな停滞感があった今回のCBA更新でしたが、ギリギリのところで162試合制を救い出しました。

圧縮シーズンへ

 開幕の延期は1週間となる見込みで、まだスケジュールは発表されていませんが、予想では、4月7日がほとんどのチームの開幕日となると見込まれています。3月31日から4月6日までの6試合は、ダブルヘッダーが組まれると予想されていますが、もう最初の1週間に詰め込んでしまうのかは未定。

 選手たちは2020年と同じ3週間で準備しなければならず、それだけを考えても最初の1週間にダブルヘッダーを詰め込むのはさすがに怪我が心配されます。よって、ずれた6試合がいつ開催されるのかは公式発表まで待つしかありません。

 ポストシーズンの参加クラブは12に落ち着いた模様です。レギュラーシーズン終了後には、各リーグで6チームずつが参加。

 よって、2022シーズンは4月上旬から11月にかけて、まさに「圧縮」されることになります。

暗雲が立ち込めたが

 現地2022年3月8日、交渉は山場を迎え、これで162試合が復活する!という流れになったのですが、結局、交渉は合意に至らず。9日にはレギュラーシーズンのさらなるキャンセルが発表され、厳しいものになりました。

インターナショナル・ドラフトは再度話し合い

 その暗雲をもたらせたのは、インターナショナル・ドラフトのトピック。

 終盤に急遽、盛り込まれたこのトピックは、ゲームをキャンセルさせてコストを抑えたいオーナーの陰謀で急遽、ぶちこまれたのではないか?と思えるくらいにヘビーなトピックとなりました。

 あまりにヘビーゆえ、こちらは話し合いを継続。FAの補償とも絡むのでまた別トピックでこちらでも取り上げたいと思います。

 よって、今回の合意の暫定的というのはこの側面があるからでした。

CB TAXも詰め寄る

 MLBが提示した贅沢税は$230Mスタート、5年間で$244Mまでに変更。最終年で当初より$2Mアップ。選手会はやや下げていて、$232Mスタート、5年後$250M。

 これにより選手会が投票を実施。8人の執行委員会と30人の選手代表は、この提案を受け入れることを決議(26対12)。これによりロックアウトを終了させました。

 MLS3年未満の選手に対するボーナスプールやドラフトロッタリー、最低年俸は追ってご報告致します。

追記

 合意となったコア・エコノミクスについて、この団体交渉の報道で一躍脚光を浴びたThe Athleticのドレリッチさんのツイートをお借りしたいと思います。

CB TAX

 MLBのCB TAXは5年後の閾値が$242から$244Mへ$2Mだけアップ。

Year選手会(3/1)MLB(3/1)→MLB(3/9)MLB(3/10) 合意
2022$238M$220M$230M$230M
2023$244M$220M$232M$232M
2024$250M$220M$236M$236M
2025$256M$224M$240M$240M
2026$263M$230M$242M$244M
CB TAXの交渉の過程

ミニマム・サラリー

選手会MLB(3/9)MLB(3/10)合意
MLS 1年目:$0.775M
MLS 1 -2年: $0.805M
MLS 2-3年: $0.835M
MLS 3-4年: $0.865M
MLS 4-5年:$0.895M
1年目:$0.700M
2年目:$0.715M
3年目: $0.730M
4年目:$0.750M
5年目:$0.770M
1年目:$0.700M
2年目:$0.720M
3年目: $0.740M
4年目:$0.760M
5年目:$0.780M
ミニマム・サラリーの交渉の過程

ミニマム・サラリーは$0.7Mをスタートとし、$0.02Mずつアップ。$0.8Mには届きませんでした。

調停前選手のボーナス・プール

  • 選手会:$75M ⇔ MLB: $40M(3/9) → $50M (3/10) 合意

 $50Mを30クラブで割ると、$1.66M/Clubということになり、おそらくこれが各クラブの拠出額になると思われます。

ドラフト・ロッタリー

 ドラフト上位6人がドラフトくじの対象になりました。こちら、くじのシステムなど詳細がわかりましたら、再度記事にします。現時点では全体順位1-6位をNPBのドラフトさながらのくじで選手をピックすることになるかと思いますが、そのくじを引くシステムはおそらくNBAやNHLのドラフトを参考にして採り入れられると思います。NPBと同じではないはずです。

フィールド・ルール変更に大きな影響は残す

 お金以外の懸念点は、コミッショナーに45日前通告により新ルール導入の権限が与えていることです。ピッチクロック、ビガーベース(これは2023年から)、シフト・バンはすでに実施が決まりましたが、その他のゲームに影響を与える大きな変化も今後導入されるかもしれません。

追記:修正します。

日本時間2022年4月10日、修正します。シフト・バンは2023年からの導入です。失礼しました。スプリングトレーニングのゲーム、あるいはすでに開幕したゲームを見ても、どう見てもSSや2Bがおかしな位置におり、一体どういうルールなのだ?と調べましたところ、シフト・バンは2023年からの導入になっておりました。

ジョン・ヘイマンさんのツイートをお借りしたいと思います。

  • ビガー・ベース
  • シフト・バン
  • ピッチ・クロック

これらはいずれも2023年からの導入ということでよろしくお願いします。

 速報ベースですが、2022シーズンがようやく始まることをお伝えして、締めたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました