スポンサーリンク

【MLB移籍/FA】2022シーズンに向けたクオリファイング・オファー(QO)の金額、期限、対象選手

2021-2022クオリファイング・オファーについて

ワールドシリーズが、現地2021年11月2日に終了し、晴れてブレーブスが1995年以来のチャンプとなりました。

改めて、おめでとうございます!

 ワールドシリーズの終了日と密接に関係のあるのがクオリファイング・オファー(QO)。

【決定】クラブ→選手へのオファーの期限は7日

 さて、まずクオリファイング・オファーとはなんぞや!という方のために、ぜひとも下記のリンクをご覧ください。

 ちなみに、2020年のシーズンが終了し、2021シーズンに向けたクオリファイング・オファー(前年の分)は、こちらです。

そして大事なところとして、クオリファイング・オファーの有資格選手に対して、クラブ側がオファーする期限が現地2021年11月7日(日)となりました。

 これで注目FA選手の動向もかなりわかるようになります。

受諾か?拒否か?の期限は、17日

 そしてQOをオファーされた選手が受諾するか?拒否するか?の期限は現地2021年11月17日(水)ということに。

今季は18.4Mドル

 2021-2022のオフシーズンのクオリファイング・オファーの金額は$18.4M。この金額の決定は、トップ125選手の年俸の平均値により算出されます。今季は下がりました。

  • 2021年11月(For 2022): $18.4M
  • 2020年11月(For 2021): $18.9M
  • 2019年11月 (For 2020) : $17.8M
  • 2018年11月 (For 2019): $17.9M
  • 2017年11月(For 2018): $17.4M
  • 2016年11月(For 2017): $17.2M
  • 2015年11月(For 2016): $15.8M
  • 2014年11月(For 2015): $15.3M
  • 2013年11月(For 2014): $14.1M
  • 2012年11月(For 2013): $13.3M

2021-2022年の対象選手

 そもそもクオリファイング・オファーを提示される資格のある選手は、以下の選手達です。

【QOとなる対象選手】

  • 過去にQOの提示なし(=1度オファーを受けたら、2度めのQOはない)
  • シーズン全期間を通して所属球団にいること。(移籍してきた人は対象外)

 ほど良い金額で確実に来季もう1年プレーしてみませんか?というのがそもそもの制度ですので、クラブ側にとっては複数年でリスクを負わなくて済む利点があります。

 年俸の単価としてどうなのか?というバランスも考慮して決めるわけなので、FAとなる選手にオファーするのが通例です。

1年の単価として高いか?、低いか?、選手にしてみれば、「いやもっと市場では評価が高いはず!」と思えば、拒否するわけです。年齢の要素も絡んできますし、クラブ側、選手側双方ともに戦略が必要になります。

そして、当然のことながら、年俸の単価がとりわけ高い選手にオファーします。もしもそれより安いQOのサラリーでサインしてくれたら、ラッキーというところ。選手側もFA市場に勝負に出て、オファーがなくて開幕ギリギリにようやく決まるという地獄を味あわなくて済むメリットもあるのがこの制度。

(参考)2020-2021のQOの結果

なお、こちらは前年(2020年11月)にQOを提示されたプレーヤーのリストとその結果です。日付は2020年です。

  1. J.T. リアルミュート(PHI)>>現地11/11 拒否を表明
  2. トレバー・バウアー(CIN)>>現地11/4 拒否を表明
  3. DJ ・ルメイヒュー(NYY)>>現地11/10 拒否を表明
  4. ジョージ・スプリンガー(HOU)>>現地11/10 拒否を表明
  5. マーカス・ストローマン(NYM)>>現地11/11 受諾を表明
  6. ケビン・ゴーズマン(SFG) >>現地11/11 受諾を表明

 コロナ禍ということもあってか、2名の選手が受諾しました。そのうち、ケビン・ゴーズマンは大活躍でしたね!

トレードにより今オフはQO対象外となる選手

 初FA、あるいは初QO提示となるも、シーズン中に移籍したことで、QOを受けられない選手はこちら。

  • クリス・ブライアント(SFG)
  • ハビアー・バイエス(NYM)
  • アンソニー・リッゾ(NYY)
  • カイル・シュワーバー(BOS)
  • ジョク・ピダーソン(ATL)
  • エディー・ロザリオ(ATL)
  • ホルヘ・ソレアー(ATL)
  • ネルソン・クルーズ(TBR)
  • エドゥアルド・エスコバー(MIL)
  • マックス・シャーザー(LAD)
  • ケンダール・グレイブマン(HOU)
  • ヤン・ゴームズ(OAK)
  • ジョシュ・ハリソン(OAK)
  • スターリン・マルテ(OAK)

 超重要選手ばかりですね。

すでに過去にQOを提示され、今季は対象外となる選手

 前年のオファーはよく覚えていますが、2年前以上はどうであったか、案外忘れがちです。下記の選手たちは過去にオファーを受けてもう今オフは提示対象外となります。

  • ケンリー・ジャンセン(LAD)
  • ザック・グレインキ(HOU)
  • クレイグ・キンブレル(CWS)
  • ネルソン・クルーズ(TBR)※クルーズはシーズン中の移籍のほかに、過去にオファーを受けた選手でもあります。
  • アレックス・コブ(LAA)
  • マーカス・ストローマン(前年)
  • ケビン・ゴーズマン(前年)

注目の対象選手

 そして、今季オファーされる可能性のある有力選手がこちら。

  • フレディー・フリーマン(ATL)
  • カルロス・コレア(HOU)
  • トレバー・ストーリー(COL)
  • マーカス・セミエン(TOR)
  • コーリー・シーガー(LAD)
  • クリス・テイラー(LAD)
  • クレイトン・カーショウ(LAD)
  • ロビー・レイ(TOR)
  • ジャスティン・バーランダー(HOU)
  • ジョン・グレイ(COL)

 もちろん、彼らだけが対象ではありません。今季のサラリーはQOの$18.4Mよりは低いものの、FA市場でかなり評価されるかも?という選手がいれば提示されます。

 現地7日までに提示される選手が判明いたします。

 なお、QOを拒否した選手を後日FAでサインした場合、獲得したクラブと、出て行かれたクラブには、それぞれドラフトでの差し引きと埋め合わせがあるので、そこも大きな要素となります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました