スポンサーリンク

【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定

メモリアル・デーに初戦へ

 現地2021年5月31日(月)は、戦没将兵追悼記念日せんぼつしょうへいついとうきねんび(メモリアル・デー)。そしていよいよ東京五輪に向けたアメリカ大陸予選がスタートします。

 そのアメリカ大陸予選に先立ち、現地2021年5月30日、チームUSAは、ファイナル・ロスターを発表しました。

チームUSAのファイナル・ロスター

 メンバーはご覧の通りの26名。

投手

RHP

  1. ホーマー・ベイリー(Homer Bailey) : Free Agent
  2. ブランドン・ディクソン(Brandon Dickson) : FA
  3. エドウィン・ジャクソン(Edwin Jackson): FA
  4. DJ ジョンソン(DJ Johnson) : CLE-AAA
  5. デービッド・ロバートソン(David Robertson): FA
  6. アンソニー・カーター(Anthony Carter): メキシカンL
  7. ジョー・ライアン(Joe Ryan): TBR-AAA
  8. シミオン・ウッズ-リチャードソン(Simeon Woods Richardson): TOR-AA
  9. ジェームズ・シャーフィー(James Sherfy): SFG-AAA

 右腕にはノーヒッターを2度演じたことのあるホーマー・ベイリーに、NYYでマリアーノ・リベラの後継クローザーとして投げたデービッド・ロバートソンなども入っています。

LHP

  1. アンソニー・ゴーズ(Anthony Gose): CLE-AAA
  2. トレバー・レーン(Trevor Lane): NYY-AAA
  3. マシュー・リベラトーリ(Matthew Liberatore) : STL-AAA
  4. ドリュー・パリッシュ(Drew Parrish):KCR-A+
  5. マーク・ゼプチンスキー(Marc Rzepczynski): Free Agent

捕手

  1. ティム・フェデロヴィッチ(Tim Federowicz): LAD-AAA
  2. マーク・コロスヴァリ(Mark Kolozsvary): CIN-AA

内野手

  1. ニック・アレン(Nick Allen): OAK-AA
  2. エディー・アルバレス(Eddy Alvarez): MIA-AAA
  3. トリストン・カサス(Triston Casas): BOS-AA
  4. ローガン・フォーサイス(Logan Forsythe)MIL-AAA
  5. トッド・フレイジャー(Todd Frazier): FA
  6. ルーク・ウィリアムズ(Luke Williams) PHI-AAA

外野手

  1. ジャレン・デュラン(Jarren Duran) : BOS-AAA
  2. エリック・フィリア(Eric Filia): SEA-AAA
  3. ジョン・ジェイ(Jon Jay): LAA-AAA
  4. マット・ケンプ(Matt Kemp): FA

マット・ウィータースは落選

 キャンプには28名が招集され、ベテラン捕手のマット・ウィータースも入っていました。下記はキャンプ時のロスターです。

スケジュール

 アメリカ大陸予選は下記の8チームが参加。

Group AGroup B
アメリカ
ドミニカ共和国
プエルトリコ
ニカラグア
キューバ
ベネズエラ
カナダ
コロンビア

 各組の上位2チームがスーパーラウンドへ。

 チームUSAのスケジュールですが、ご覧の通りです。

  • 5/31: vs ニカラグア 
  • 6/1: vs ドミニカ共和国
  • 6/2: vs プエルトリコ

 なお、ここでの3試合の成績は、スーパー・ラウンドに持ち越されます。

【スーパー・ラウンド】

  • 6/4: スーパー・ラウンド
  • 6/5: スーパー・ラウンド

 スーパー・ラウンドに進出した4チームは2試合ずつ行い、1位を決定。

1位はそのまま東京五輪へ

 そして8チーム中、1位のみが東京五輪のきっぷを手にすることができます。

2位、3位は最終予選へ

 そして2位、3位となったチームは最終予選へ。この最終予選は当初は台中での開催が予定されていましたが、COVID-19の影響で舞台はメキシコに変更となりました。

 この最終予選には、台湾、オーストラリア、オランダ、中国、これに加えてアメリカ大陸予選の2位、3位国です。

東京五輪ベースボールはたった6チームで行われる

 かなり厳しい選出なのは、東京五輪では6チームしか参加しないからです。

 すでに出場を決めているのは、開催国の日本、イスラエル、韓国、メキシコの4チーム。残り2枠のうち1枠がアメリカ大陸予選1位のチーム。そしてもう1枠は最終予選1位のチームということになります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました