【MLB2019】クレージーの最上級!9回に6点差を追いつき、延長12回で16−12で終わったパドレス@ロッキーズ戦(追記あり)

Craziestと呼ばれたゲーム

現地2019年6月14日のゲームになりますが、パドレス@ロッキーズ戦がすさまじいゲームになったことをご存じでしょうか?

MLB公式からも”Craziest game of the year?”とCrazyの最上級でつぶやかれたゲームです。

8回を終わって11-5でロッキーズリード

パドレスは先発のカル・クアントリル(Cal Quantrill)が5 回を失点4という内容で降板。24才のルーキーですね。まだなんとかなる失点でした。

そして2番手のミゲル・ディアス(Miguel Diaz)が1イニング持たず、6回に被安打5、失点5でゲームを崩してしまいました。

あとを継いだマット・ウィスラー(Matt Wisler )も2失点し、序盤、中盤とまったくゲームをつくることが出来ず、7 回を終えた時点で11-4とロッキーズの一方的な展開に。

これで勝負あったと誰もが思ったのですが、パドレスは6回、7回、8回と2点、1点、1点と加点していったのが効きました。

8回を終わって11-5でロッキーズが依然リード。

パドレスの9回の攻撃

パドレスはその後、ルイス・ペルドモが8回を、トレイ・ウィンゲンターが9回回を無失点に抑える好投。これもよい流れを作りました。

パドレスの9回のラリーですが、ご覧の流れとなりました。

  • F・タティス・ジュニア:先頭でシングルで出塁
  • J・ネイラー:三振(1アウト)
  • M・マチャード:シングル。1アウト1、2塁に。
  • ワイルドピッチで進塁。2、3塁に。
  • E・ホズマー:2点タイムリーシングルで7−11に。1アウト1塁。
  • H・レンフロー:2ランHRで9−11の2点差。
  • 投手交代:マイク・ダン→ウェイド・デービスへ
  • W・メイヤーズ:シングル 1アウト1塁
  • I・キンスラー:シングル 1アウト1、2塁に。
  • A・ヘッジス:RFフライで(2アウト)
  • 代打M・マーゴット
  • パスボールで2、3塁に。
  • M・マーゴット:四球で2アウト満塁
  • F・タティス・ジュニア:2点タイムリーシングルで11−11のタイに。
  • J・ネイラー:三振

うまくランナーがたまって、2点ずつうまく取りましたね!

その後は9回からマウンドに上がったトレイ・ウィンゲンターが10回を無得点、さらにクレイグ・スタメンも11回を無得点に。スタメンは9日のナッツ戦で4者連続HRを打たれたましたが、この日は無事に締めました。

12回に5得点

流れを作ったパドレスは先頭のタティス・ジュニアのトリプルから始まり、ハンター・レンフローのこの日3本目のHRなどで5得点。

最後はカービー・イェーツが1点を失ったものの23SV目を上げて、パドレスが16-12で勝利しました。

The Official Site of Major League Baseball

もう両チーム金属バットを使っているのではないか?と思われるような試合でした。

アメリカで”Craziest”と言われたわけです。

追記:2019年6月17日

この4ゲームシリーズですが、双方合わせて92得点という4ゲームシリーズ最多の得点となりました。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

  1. ケン より:

    今日の試合は14-13でパドレスの逆転勝ち。
    パドレスルーキータティスはあとホームラン打てばサイクルという状況で
    9回2打席あったんですがどちらも凡退、サイクル達成ならず残念。
    9回同点→逆転の時はホズマーやマチャドも
    ワールドシリーズかよ?っぐらい狂喜乱舞してました。

    • hirotee より:

      ケン様
      コメントありがとうございます。
      タティス・ジュニア、惜しかったんですね!これは見たかったです!
      あとでVTR見ておきます!面白いポイントを教えていただいてありがとうございました。