スポンサーリンク

【MLB 2021】華麗なスライディングを披露したトレイ・ターナー、バッティング・リーダーにも躍り出る

トレイ・ターナーが華麗なスライディングを披露

 現地2021年8月10日、フィラデルフィアにてドジャース@フィリーズ戦が行われています。

 このゲーム開始までは8連勝と絶好調だったフィリーズ。メッツの地すべりもあり、現地8月6日にはついにナ・リーグ東地区の首位に躍り出ました。

 対パドレス、対ジャイアンツなど今シーズンはどの時期にあっても、好調チームの対戦相手として注目されているドジャースとの対戦です。ドジャースはお金を使っている点もありますが、それだけベースとして強さがにじみ出ているクラブとも言えます。

 そんな中、好プレーとも言っていい華麗なプレーが出ましたので、ご紹介します。

トレイ・ターナーのスピード

 そのプレーが出たのは、6回表。5回表に、コーリー・シーガーのソロHRで1点を先制したドジャース。6回表の先頭打者はトレイ・ターナー。トレイ・ターナーはマット・ムーアの初球の4シームを叩き、CFオーバーの二塁打で出塁。甘いボールでしたね。

 つづくマックス・マンシーがCFライナーで倒れて1アウトとなった後、ウィル・スミスがこれまた甘く入った4シームをライト前に運び、追加点。この時、RFのブライス・ハーパーもノーステップでスローイングするなど失点を防ごうとしたのですが、トレイ・ターナーのスピードには敵わず、楽々ホームインとなったのでした。

 その時のスライディングがこれですね。もうオリンピアン並みの運動神経というか、まるで氷の上を滑ったかのように、ホームインし、その勢いで立ちました。

 スタンド・アップ・スライディングは結構誰でもやりますが、力を抜いた立ち方ですね。これはもうスピードがないとここまで出来ないのではないでしょうか。何度も見ても飽きませんね。

バッティング・タイトルでリーダーに! 

 そのトレイ・ターナーですが、現地2021年6月30日には、サイクル安打を達成。2020シーズンには78安打を放ち、ナ・リーグ1位で、安打製造機の要素も持っています。

ドジャース・デビューは8月6日

 マックス・シャーザーとともに、このトレードデッドラインでドジャースに入った訳ですが、本人は西海岸のクラブとのエクステンションは避けたいとの考えを持っていたようですが、このシーズンオフはどうなるか??

COVID IL

 通常なら、移籍後すぐにでもフィールドに立つわけですが、トレイ・ターナーのドジャース・デビューは8月6日のエンゼルス戦からとなりました。原因はCOVID19へのテスト陽性反応。現地2021年7月29日からリスト入りしてしまったのでした。

 ドジャース・デビューとなった6日のエンゼルス戦は代打での出場。

 7日のエンゼルス戦からスタートとして出場。ちょうどコーリー・シーガーが怪我から復帰したばかりだったので、トレイ・ターナーは2Bでの出場となりました。

ドジャースでは2B

 以降、2Bでの出場となっており、これにより2Bがメインだったマックス・マンシーが1Bに、コディー・ベリンジャーはムーキーの怪我などもありますが、得意のCFへ。そして3Bはジャスティン・ターナーあるいはクリス・テイラーが入るという布陣で、打撃を優先した配置となっています。

5打数2安打!

 トレイ・ターナーはスタートとして名を連ねてからは、リードオフを任されています。この日のフィリーズ戦では5打数2安打をマーク。ナ・リーグのバッティング・タイトル(打率のこと)では、1位のニック・カステヤーノス(レッズ)とわずかの差で2位につけていたトレイ・ターナーでしたが、この日の2安打で.322で1位に躍り出ました。

 ついに来たかという感じですね。

大雨に水をさされたエース対決

 さて、楽しみだったこのゲームですが、ドジャースがマックス・シャーザー、フィリーズがアーロン・ノラという最高の顔合わせでスタート。シャーザーはもうドジャースのエースでいいですよね??

 ともに最高の投球を披露。特にアーロン・ノラに至っては3回終了まで打者9人中、7人を三振に仕留める素晴らしい投球でした。アーロン・ノラは4回表も三者凡退に。

 ところが、4回裏、フィリーズの攻撃で、先頭のジーン・セグラがシングルで出塁。次打者のブライス・ハーパーが三振に倒れ、1アウトランナー1塁の状況で大雨に見舞われました。

 結局、このレイン・ディレーは1時間44分も続き、肩が冷えてしまったアーロン・ノラ、マックス・シャーザーともに、降板となってしまいました。

 そして、このレイン・ディレーでせっかくのノラの好投もフィリーズはリズムが崩れてしまい、5回表と6回表にドジャースに計4得点を奪われるはめに。

 フィリーズ打線はシャーザー降板後、小刻みに6人でリレーしたドジャース・ブルペンに翻弄され、無得点。さらに最終回にはマックス・マンシーに特大のHRで追加点も許し、5-0のスコアでフィリーズは初戦を落としました。

 雨により、完全に流れが変わってしまいましたね。

 ナ・リーグ東地区ではこの日、メッツがナショナルズに1-3で敗れ、ブレーブスがレッズに3−2で勝利。まだメッツが2位ですが、勝利数はブレーブスがメッツと並びました。ブレーブスは4連勝で、そろそろギアが上がってきましたので、ここはフィリーズとしても、粘りたいところです。

 連勝中に活躍したリース・ホスキンスが左股関節痛でILに入っているのも痛いところ。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました