スポンサーリンク

ナショナルズ、メッツの連勝を「8」で止める!

エドウィン・ディアスが打たれる!

どこまで行くのか?と思われたニューヨーク・メッツの連勝ですが、現地2019年8月11日、「8」でストップしました。

止めたのはナショナルズ。同地区ライバルのミラクルをそのまま看過できませんでした。

とは言え、前日の10日のゲームの8連勝目の盛り上がりはすごかったですね。

メッツは直近17戦15勝!

7連勝-1敗-8連勝-1敗。

この日までのメッツの勝敗記録です。とくに8連勝目の勝利たるや、大変な騒ぎでした。

現地2019年8月10日、4-3でメッツがナショナルズを下したゲームのハイライトです。

Washington Nationals at New York Mets Box Score, August 10, 2019 | Baseball-Reference.com
New York Mets beat Washington Nationals (4-3). Aug 10, 2019, Attendance: 43875, Time of Game: 2:34. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pl...

デグロム、執念のセイフティーバント

現地2019年8月11日のナショナルズ@メッツのGame3ですが、ナショナルズがアニバル・サンチェス、メッツがジェイコブ・デグロムの先発。

メッツは初回に守備の連携が乱れて与えなくてもいいような3点を与えてしまいましたが、2回裏、ジェイコブ・デグロムのセイフティー・バントなどで3点を奪い返し、同点に。

TDL後にDFAとなった選手が活躍

このゲームですが、トレードデッドライン後にチーム事情でロスターを空けるためDFAとなった選手が煌きました。

ジョー・パニック(NYM)

ジャイアンツがスクーター・ジェネットをレッズから獲得したことによりDFAとなりメッツがサインした、かつてのGG賞内野手、ジョー・パニック(Joe Panik)がメッツ移籍後に初打点。3回裏の3点の1点目がパニックのシングルでした。

ブラッド・ブラック(NYM)

カブスからDFAとなり、メッツが獲得した右腕のブラッド・ブラック(Brad Brach )は3番手として6回に登板。ブライアン・ドージャーを抑えました。

アズドルバル・カブレラ(WSH)

レンジャーズをDFAとなり、ナショナルズがサインしたアズドルバル・カブレラ(Asdrubal Cabrera)は6番2Bで登場。「あれ?こんなに豊かでしたっけ?」というくらい少し体重が増えていたのには驚きましたが、7回表に勝ち越しとなる2点タイムリーダブルを打ちました。

DFAになったものの、上位争いのゲームに出場している彼らは生き生きとして見えました。

メッツは7回裏にマイケル・コンフォートの犠牲フライで4−5と1点差まで詰め寄りました。

エドウィン・ディアスが打たれる

メッツのこの快進撃をゲーム後半で支えたのは明らかにセス・ルーゴ(Seth Lugo )。90マイル後半のファストボールをビシビシ決めて、相手の流れを断ち切っておりました。

ところが、前日のゲームで2イニング投げたセス・ルーゴはこの日は登板回避日。セス・ルーゴはよほど球数が少なければ連投もしますが、基本的には最低でも中1日を空ける必要のある投手。それだけ剛球を投じているとも言えます。

この日は1点ビハインドでしたが、9回のマウンドにエドウィン・ディアスを起用。今季は6敗を喫しており、救援失敗のケースが多いです。

メッツとしてはもう彼を出すしかなかったワケですが、結果、この日も失敗に。

ディアスはランナーを1人出しつつも2アウトまで取っていたのですが、ビクター・ロブレスに手痛い一発を浴びてしまい、7-4 に。

この2ランHRをさすがのメッツ打線も裏の攻撃でひっくり返せませんでした。

BOX SCORE

フアン・ソトが右足首捻挫

7回表、ランナーに出ていたフアン・ソトが三塁ベースをオーバーランした際に動けなくなりました。右足首を捻挫したようで、ゲームを途中退場しています。

症状が重いのかと心配になりましたが、Day to Dayのようです。2、3日は休んだり、代打での起用になるかもしれませんが、大事に至らずよかったです。

メッツはこの後、ブレーブス戦

ナショナルズとの直接対決を終えたメッツは13日から敵地に乗り込んでのブレーブス3連戦。ここ正念場ですね。

メッツが頑張らなければ、このまま8月にもブレーブスにマジックが灯るかもしれません。

ナショナルズはこの後、休みなしの12日からレッズ3連戦。1日置いてブルワーズ3連戦。そしてパイレーツ4連戦、カブス3連戦と続きます。

どうしてこの時期に中地区シリーズが当てられているのかよくわかりませんが、まあ交通の便はいいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました