スポンサーリンク

【MLB2019】オープニング・デーで起こった8つのサプライズ

MLB2019ついに開幕!

現地2019年3月28日、ついにMLBの2019レギュラー・シーズンが始まりました!!

3月中の開幕ということで、どのゲームも気温の高いデーゲームでの開催となりましたので、とくに昼夜が逆転している東海岸では朝起きたらもう結果がわかっていたということになっておりました。

オープニングデーに起こった8つのサプラライズ

この日起こった出来事の中で最も驚かされた出来事を8つほど取り上げたいと思います。

全15試合あった中でなかなか選びにくかったのですが、ファンの一人として面白かったと思うあるいは驚かされた出来事をピックしてみました。

1. ロビー・カノーがNYMデビュー戦初打席でHR

MLBの本土開幕戦で真っ先に飛び出したのはロビンソン・カノーの一発でした。

全カードの中で一番早く始まったメッツ@ナショナルズ戦ですが、日本時間2時過ぎに、もうカノーのHRのツイートが流れてきました。

メッツに移籍したファースト・アット・バットがまさかHRという結果になるとは予想できませんでした。まさにサプライズ。

このカードのゲーム結果は、前日の記事の該当のカードのところに概要を書いております。

2. シャーザーとデグロム、2人合わせて22K

1番と同じカード内の出来事ですが、サイヤング賞右腕の投げ合いは恐ろしいほどの三振を生み出しました。2人合わせて22奪三振。

  • シャーザー: 7.2IP(109球)/ 2 Hits / 2 Runs/ 2 ER/ 3 BB / 12 SO/ 1HR
  • デグロム: 6.0 IP (93球)/ 5 Hits/ 0 Run/ 0 ER/ 1 BB/ SO10/ HR 0

オープニング・デーでの記録です。

3. ブライス・ハーパーがフィリーズデビュー

13年$330Mでフィリーズ入りを果たしたハーパーのフィリーズデビュー戦はホームゲーム。フィラデルフィアの観客から歓迎されております。

4. ドジャースが8HRを放つ

これも珍しいと思うのですが、オープニングデーで1チームでこれだけHRを放ったのは初めてです。オープニングデー・レコードとなりました。

  1. ジョク・ピダーソン(2回) 2ラン 
  2. キケ・ヘルナンデス(4回)2ラン 
  3. オースティン・ バーンズ(4回)ソロ 
  4. コーリー・シーガー(6回)ソロ 
  5. ジョク・ピダーソン(6回)2ラン ※2本目
  6. マックス・マンシー(7回)ソロ
  7. コディー・ベリンジャー(7回) ソロ
  8. キケ・ヘルナンデス(7回)ソロ ※2本目

1本目から4本目までがザック・グレインキから、5本目から8本目まではマット・コッチから放っています。

トミー・ジョン手術明けのSSのコーリー・シーガーに幸先良い一発が出て何よりです。

5. L・ケインがゲームエンディングのリーピングを披露

ブルワーズのCFロレンゾ・ケインが好ゲームとなったカージナルス@ブルワーズ戦の最後を見事なプレーで締めました。

これは本当に価値あるプレー。接戦でこんなプレーが出るのは今年もブルワーズは強い!と思わせました。

6.  タティス、ヒメネス、アロンソ、ロブレスがデビュー。

トップ・プロスペクト4名が開幕戦でデビューしています。

フェルナンド・タティス・Jr.(SDP)

6番SS スタメンとなったタティス・Jr.は 3打数2安打とマルチを記録。開幕戦でのマルチ安打達成はエイドリアン・ベルトレ以来。

2回の初打席で番ガーナーから三遊間を襲う3B強襲ヒット。4回には2アウトランナーなしからセーフティーを試み成功。このセーフティーバントは3人で終わらせないという意味でも非常に価値があったと思います。

ヘアスタイルもユニークなものになりました!

イーロイ・ヒメネス

いきなりの5番LFでスタメン起用となったホワイトソックスのプロスペクト、イーロイ・ヒメネスはこの日は3打数0安打、2三振、1 HBP。あせらず次の機会を。

ピート・アロンソは最終打席に初ヒット

メッツの期待のプロスペクト、ピート・アロンソ(Pete Alonso)は2番 1Bでスタメン出場。4打数1安打で、8回表、ミラーから初ヒットを放ちました。打球はナショナルズのプロスペクトでCFを守っていたビクター・ロブレスの前に

ビクター・ロブレス

ナショナルズのプロスペクト、ビクター・ロブレスも9番CFでスタメン出場。3回裏の初打席(!!)でデグロムからLFにあわやHRかというダブルを放っています。

3-2のフルカウントから放ったというのも価値ありだと思います。ロブレスのフォームは非常にかっこいいですね。

7. マリナーズ、T-Mobileのピンクで明るいイメージに

これはまったくの主観です。

マリナーズは今季からセーフコ・フィールドからT-Mobileパークに名称変更。スポンサーのT-Mobileにちなみ、球場にはピンクが散見されるように。

変更のアナウンスがあった当初は似合わないなどの声が多数でした。筆者もそう思いましたし、実際色合いとしてマッチしてないのは明白でもあります。

今までネイビーとグリーンがメインで、非常にシックで環境に優しい感じの色使いだったものの、どこかおとなしいイメージもつきまとっていました。

しかし、今回のネーミングライツの契約変更で球場にピンクが使われているからか、活気が明るさが出たように思います。赤系は活気をもたらすので、ひょっとしたらマリナーズによい刺激を与えるかも!とは思いました。

特にディスプレー系を使えばいっときのものですから、今までのイメージをあまり損なわなくても済むというメリットもありますね。

そのせいか、クリス・セールを粉砕しました!

8. J・ジマーマンが7回1ヒッターを達成した球数がすごい!

実はあまり大きく期待していなかったタイガース@ブルージェイズ戦なのですが、タイガース先発のジョーダン・ジマーマン、ブルージェイズ先発のマーカス・ストローマンがナイスピッチングを披露。

ジョーダン・ジマーマンは7回を被安打1に抑える好投を見せてくれました。しかも驚くべきことに球数がたったの70球!

さすが、ベテラン。見事としか言えません。

以上が、激選した8ポイントです。

各カードの概要は昨日の記事内でカード毎に追記しております。そちらもぜひご覧ください。

コメント

NEW

【MLB2021】気温0.5℃!レッドソックス、雪のミネソタで7連勝!J.D.の記録は途絶えるも、沢村がまた好リリーフ
【MLB2021】ケイシー・マイズ、ファストボールが改善し、メジャー初勝利!
【MLB2021】4度のメスを乗り越え、ブレント・ハニーウェル・Jr.がついにメジャー・デビュー!
【MLB 2021】マイアミが「肘出しサヨナラ」に完璧なリベンジ!デグロム戦で大勝利!主役はトレバー・ロジャース!
【MLB 2021】パドレス、ジョー・マスグローブがノーヒッターを達成!パドレスのフランチャイズ史上初の快挙
【MLB2021】エドゥアルド・ロドリゲスがマウンドに復帰!レッドソックスが4連勝 
【MLB2021】A’sのクローザー、トレバー・ローゼンタールがTOSで右肩手術!3ヶ月の離脱へ
【MLB2021】10-Day ILのフェルナンド・タティス・Jr.は関節唇の損傷とその回復度合いが復帰の鍵
【MLB移籍2021】ブルワーズ、SSのオーランド・アルシアをブレーブスにトレード!ブレーブスからはRHPのチャド・ソボトカ
【MLB2021】「記念すべき日!」大谷選手、2番・ピッチャーで出場し、101 mph、特大HRで度肝を抜く(追記あり)
【MLB2021】ホワイトソックス、ヤーミン・ベルセデスが8-8!
【MLB】2021年オールスターとドラフトがアトランタから消える!急遽、新たな場所での開催へ(追記あり)
【MLB2021】メッツ@ナショナルズの開幕戦が3戦とも延期へ(追記あり)
【MLB2021】デトロイトは吹雪!衝撃のオープニング・ゲームでミゲル・カブレラが先制HR!タイガースがビーバーから勝利
【MLB契約2021】”ミスター・スマイル”、メッツのフランシスコ・リンドーアが10 年の延長契約でサイン!
【MLB2021マイルストーン】ミギーの3000安打&500HR、プホルズのA・ロッド超え、シャーザーの3000K
【MLB2021】開幕直前!オープニング・ピッチャーとプレーボール時間のご案内!ダルビッシュ投手、前田投手がオープニング!
【MLB契約】ツインズ、ランディー・ドブナクと5年の契約延長へ!期待大のドブナクがなぜか開幕ローテではない理由とは?
【MLB Pre2021】ブルワーズが英才教育を実施!17才OF、ヘドバート・ペレス(Hedbert Perez)を起用
【MLB Pre2021】ツインズのベンチ・コーチ、マイク・ベル氏が腎臓ガンで亡くなる。野球一家、レッズのデービッド・ベル監督の弟
タイトルとURLをコピーしました