スポンサーリンク

【MLB2021】マーセル・オズーナ、DVで逮捕。警官の前でも妻に暴力

マーセル・オズーナ、今後に大きな影響も

 現地2021年5月29日(土)、かなりショッキングなニュースが入ってきました。アトランタ・ブレーブスのOFのマーセル・オズーナ(Marcell Ozuna)が妻への暴力で逮捕されました。

 容疑者には違いないのですが、複数のソースによると、駆けつけた警官の前でもひどい暴力を振るったことが明らかになっており、ほぼ現行犯のような状態だったとのこと。

 現在、マーセル・オズーナはジョージア州、フルトン郡の刑務所に収監されています。 

911コール

 現地2021年5月29日のお昼12時26分に、サンディ スプリングスの警察が、ウィンザー コーブという場所の住居に助けを求める911通報を受電。

ひどい状況

  警官が当該住宅に到着すると、中から悲鳴が聞こえ、玄関のドアが大きく開いていたようです。 事態は緊急を要するため、正面玄関から住居に踏み込んだ警官が目撃したものは、容疑者(マーセル・オズーナ)が犠牲者(妻)の首をつかみ(おそらく首に手をかけていたと思われます)、壁に投げつけるという現在進行形の光景。警察官は、直ちに容疑者を拘留。

 首に手をかけていたということで、絞殺の試みに加え、怪我で傷めた指を保護するためにつけていたギプス側の腕で妻を殴打したことも判明。

 事件の予備調査により、容疑者と被害者はウィンザー・コーブの家の居住者でオズーナ夫妻であることが明らかになりました。

容疑

 オズーナは逮捕され、以下の罪で起訴されました。

  • ドメスティック・バイオレンス法に基づく絞首による加重暴行(Aggravated Assault by Strangulation under the Domestic Violence Act)
  • 家庭内暴力法に基づく暴行(Battery under the Domestic Violence Act)
  • Assault(アソールト)とは、脅迫のことで、暴力を伴って脅すこと。Assaultは原則、肉体的接触を伴わず、言葉による脅しや相手に武器を向ける行為なども含まれる
  • Battery(バッテリー)とは、主に暴力を意味する違法な肉体的な接触なことで、たとえ相手がけがをしなくても、指で小突いたり、物を投げつける、あるいはツバを吐くこともここに含まれる

 なお、被害者の奥様は目に見える外傷を負ったものの、病院へは搬送されなかったとのこと。

ブレーブスも声明

 この事件が明るみになったことにより、ブレーブスは公式に声明を発表。

 コミッショナー・オフィスにすぐに報告し、MLBのDVポリシー調査に全面的に協力するという声明を出しました。

 過去、MLBでは何回かDVポリシー違反がありましたが、明るみになったものとしては今回の事件がもっともひどいかもしれません。

 今回、このような事態になった経緯は明らかになっていませんが、これはどんな言い訳も通用しないでしょう。鍛えまくっているプロの選手が力の弱い相手に対して何をしているのか?

離脱中

 マーセル・オズーナは現地2021年5月25日(火)のレッドソックス戦で、左手中指と薬指の2本を骨折したことが判明。最低でも6週間という診断がくだされ、IL入りとなっていました。

2020年はあわや3冠

 マーセル・オズーナはカージナルスからFAとなり、現地2020年1月21日にアトランタ・ブレーブスと1年契約でサイン。

 2020年はHRとRBIの2つのタイトルを獲得。打率も.338をマークし3位の成績。あわやトリプル・クラウンか!?という素晴らしい活躍を見せました。

ブレーブスと4年契約 

 そして再びFAとなったマーセル・オズーナは現地2021年2月5日にブレーブスと4年/$65M (2021-24) でサイン。2025年は$16M の クラブオプションで$1Mバイアウトつき。

2021年は苦戦 

 しかし、2021年のマーセル・オズーナは苦戦が続いていました。5月25日に怪我で戦列を離れるまで48試合に出場し、188打数40安打で、打率.213、OBP .288、SLG .356、HR 7、RBI 26。

 前年の2020年はショート・シーズンになった都合上、少しでも選手に出場機会をということで、ナ・リーグにもDHが採用されたことも好成績につながったとも言えますが、今季はナ・リーグが再びDH無しとなったことも今シーズンの成績に影響を与えているのかもしれません。

 もともとマーリンズ、カージナルスとナ・リーグで鳴らしてきた選手で、GG賞も受賞したこともある選手ではあるのですが。

一番厳しい処分になる可能性

 DVポリシー違反は選手生命に大きな影響を与えます。元カブスのアディソン・ラッセルはその素質をDVポリシー違反で潰したとも言える選手。

 現在、フィリーズでゲームに出ているオデュバル・ヘレイラもまたDVで出場停止処分を課された選手。

 今回のマーセル・オズーナの件は、これから調査が始まることではありますが、状況的にかなり厳しい処分が課されるはずです。

 それくらい、DVあるいはチャイルド・アビューズへの罰は厳しいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました