スポンサーリンク

【MLB2021】マーセル・オズーナ、DVで逮捕。警官の前でも妻に暴力

マーセル・オズーナ、今後に大きな影響も

 現地2021年5月29日(土)、かなりショッキングなニュースが入ってきました。アトランタ・ブレーブスのOFのマーセル・オズーナ(Marcell Ozuna)が妻への暴力で逮捕されました。

 容疑者には違いないのですが、複数のソースによると、駆けつけた警官の前でもひどい暴力を振るったことが明らかになっており、ほぼ現行犯のような状態だったとのこと。

 現在、マーセル・オズーナはジョージア州、フルトン郡の刑務所に収監されています。 

911コール

 現地2021年5月29日のお昼12時26分に、サンディ スプリングスの警察が、ウィンザー コーブという場所の住居に助けを求める911通報を受電。

ひどい状況

  警官が当該住宅に到着すると、中から悲鳴が聞こえ、玄関のドアが大きく開いていたようです。 事態は緊急を要するため、正面玄関から住居に踏み込んだ警官が目撃したものは、容疑者(マーセル・オズーナ)が犠牲者(妻)の首をつかみ(おそらく首に手をかけていたと思われます)、壁に投げつけるという現在進行形の光景。警察官は、直ちに容疑者を拘留。

 首に手をかけていたということで、絞殺の試みに加え、怪我で傷めた指を保護するためにつけていたギプス側の腕で妻を殴打したことも判明。

 事件の予備調査により、容疑者と被害者はウィンザー・コーブの家の居住者でオズーナ夫妻であることが明らかになりました。

容疑

 オズーナは逮捕され、以下の罪で起訴されました。

  • ドメスティック・バイオレンス法に基づく絞首による加重暴行(Aggravated Assault by Strangulation under the Domestic Violence Act)
  • 家庭内暴力法に基づく暴行(Battery under the Domestic Violence Act)
  • Assault(アソールト)とは、脅迫のことで、暴力を伴って脅すこと。Assaultは原則、肉体的接触を伴わず、言葉による脅しや相手に武器を向ける行為なども含まれる
  • Battery(バッテリー)とは、主に暴力を意味する違法な肉体的な接触なことで、たとえ相手がけがをしなくても、指で小突いたり、物を投げつける、あるいはツバを吐くこともここに含まれる

 なお、被害者の奥様は目に見える外傷を負ったものの、病院へは搬送されなかったとのこと。

ブレーブスも声明

 この事件が明るみになったことにより、ブレーブスは公式に声明を発表。

 コミッショナー・オフィスにすぐに報告し、MLBのDVポリシー調査に全面的に協力するという声明を出しました。

 過去、MLBでは何回かDVポリシー違反がありましたが、明るみになったものとしては今回の事件がもっともひどいかもしれません。

 今回、このような事態になった経緯は明らかになっていませんが、これはどんな言い訳も通用しないでしょう。鍛えまくっているプロの選手が力の弱い相手に対して何をしているのか?

離脱中

 マーセル・オズーナは現地2021年5月25日(火)のレッドソックス戦で、左手中指と薬指の2本を骨折したことが判明。最低でも6週間という診断がくだされ、IL入りとなっていました。

2020年はあわや3冠

 マーセル・オズーナはカージナルスからFAとなり、現地2020年1月21日にアトランタ・ブレーブスと1年契約でサイン。

 2020年はHRとRBIの2つのタイトルを獲得。打率も.338をマークし3位の成績。あわやトリプル・クラウンか!?という素晴らしい活躍を見せました。

ブレーブスと4年契約 

 そして再びFAとなったマーセル・オズーナは現地2021年2月5日にブレーブスと4年/$65M (2021-24) でサイン。2025年は$16M の クラブオプションで$1Mバイアウトつき。

2021年は苦戦 

 しかし、2021年のマーセル・オズーナは苦戦が続いていました。5月25日に怪我で戦列を離れるまで48試合に出場し、188打数40安打で、打率.213、OBP .288、SLG .356、HR 7、RBI 26。

 前年の2020年はショート・シーズンになった都合上、少しでも選手に出場機会をということで、ナ・リーグにもDHが採用されたことも好成績につながったとも言えますが、今季はナ・リーグが再びDH無しとなったことも今シーズンの成績に影響を与えているのかもしれません。

 もともとマーリンズ、カージナルスとナ・リーグで鳴らしてきた選手で、GG賞も受賞したこともある選手ではあるのですが。

一番厳しい処分になる可能性

 DVポリシー違反は選手生命に大きな影響を与えます。元カブスのアディソン・ラッセルはその素質をDVポリシー違反で潰したとも言える選手。

 現在、フィリーズでゲームに出ているオデュバル・ヘレイラもまたDVで出場停止処分を課された選手。

 今回のマーセル・オズーナの件は、これから調査が始まることではありますが、状況的にかなり厳しい処分が課されるはずです。

 それくらい、DVあるいはチャイルド・アビューズへの罰は厳しいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました