スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手、42号!エンゼルス、打撃戦でヤンキースに勝利

エンゼルス

3試合ぶりの一発に安堵

 エンゼルスは地元アナハイムでヤンキースを迎えての3ゲームシリーズ。現地2021年8月30日のGame1はなかな見どころが多いゲームとなりました。

 なんと言っても大谷選手に一発が飛び出し、ホッとなさった方も多かったのではないかと思います。というのも、2位以下の猛追が激しく、ロイヤルズのサルバドール・ペレスが38号。一旦はヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を抜き、単独2位となりました、しかし、同日、ゲレロ・Jr.も2HRを放ち、38号で再び並んでおります。

コーリー・クルーバーが先発

 ヤンキースの先発はコーリー・クルーバー。右肩を傷め、5月25日のブルージェイズ戦以来の3ヶ月ぶりの登板です。今季はこの登板で11度目の先発。現地2021年5月19日(水)のレンジャーズ戦ではノーヒットノーランも達成しました。肩を傷めたのはこの後のことでした。

 一方のエンゼルスは、ロスターを調整したがゆえに、ローテーションの人数が少なくなったため、この日はリリーバーのマイク・メイヤーズが登板。オープナーです。

ヤンキースが2点を先制

 初回、ヤンキース打線はマイク・メイヤーズに襲いかかりました。D.J. ルメイヒューとアンソニー・リッゾの2連続二塁打でまず1点。さらに、ジャンカルロ・スタントンの3Bゴロがダブル・プレーとなる間に、リッゾがホームインして2点を先制。

 このときのエンゼルスの5-4-3のダブルプレーはよかったですね!あんなゴロでよく2つもアウトを取ったと思います。

 メイヤーズは2回は落ち着き、無失点。

ジャック・メイフィールドがグランドスラム

 2点を先制されたエンゼルス。またこのままゲームが崩れるのかと思いきや、2番手のサム・セルマンが好投。さらに、アンドリュー・ウォンツも1回をピシャリと抑え、ヤンキースへの流れを食い止めました。

 そして4回裏、大谷選手が三振に倒れ、1アウトになった後、打線が繋がりました。フィル・ゴセリンとジャレッド・ウォルシュがシングル、そして、ジョー・アデルがアウトコースの難しいボールをLFへ弾き返し、タイムリーシングルで1点。スコアは1-2。

 さらに、四球でランナーが溜まり、満塁となったところでジャック・メイフィールドが価値有るグランドスラムを放ち、エンゼルスが一気に5-2とゲームを引っくり返しました。

エンゼルス、またリリーバーで追いつかれる

 しかし、直後の5回表、ホセ・キハーダ(José Quijada)とスティーブ・シーシェックの2人がヤンキース打線に捕まってしまい、3点を返され5-5のタイゲームに。またいつものパターンかというそのときでした。

大谷選手が42号!

 5回裏、ヤンキースは投球制限をかけていたコーリー・クルーバーを降ろし、アンドリュー・ヒーニーをマウンドに。そしてイニングの先頭に大谷選手。

 アンドリュー・ヒーニーは、28日に右手に投球を受けたばかりの大谷選手のインコースへ遠慮なく投げ込む、強気ぶりを発揮。単に抜けていただけかもしれませんが、初球、2球とちょっと危ないボールでした。なお、大谷選手が、パドレスのライアン・ウェザーズのボールを受けましたが、これは空振りとみなされ、記録上は三振です。野球のルールの不条理なところですが、ボールを避ける動作に関しては一考した方がいいかもしれませんね。空振りを取られないようにして、避ける動作が二の次になり、大怪我をするケースも、あるので。

 その3球目。カーブが真ん中高めに入ったところを大谷選手は見逃しませんでした。これがRFスタンド奥に入る大きなHR。Exit Velocityは118.0mph(189.9kmh)、距離431フィート(131.369 m)。

 このHRでエンゼルスが6−5と1点をリードすることに。42号は大きな一発でした。

 その後、エンゼルスは6回裏に、フアン・ラガレスの三塁打で1点を追加し、7-5に。しかし、7回表、ハビー・ゲラがジャンカルロ・スタントンにCFへ大きな2ランHRを打たれ、またしても7-7のタイ・スコアに。

 8回裏、エンゼルスはフアン・ラガレスのタイムリーで1点を勝ち越して8-7に。最後は、ライセル・イグレシアスが締め、今季28セーブ目を上げ、Game1に勝利しました。

 大谷選手はこの日、4-1、1HR、3三振という成績でした。すでに20盗塁も決めている大谷選手ですが、この日は盗塁はなし。

登板回避へ

 31日のGame2に登板予定だった大谷選手ですが、投球を右手に受けた影響で回避することになりました。パッドの上にだったとは言え、投球する側の手でしたし、痛みもあったようです。なお、X線の結果はネガティブで骨に異常はありません。

 ヤンキースのSS、アンドリュー・ベラスケスはこの日は3-1。

 Game2も楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました