スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手、42号!エンゼルス、打撃戦でヤンキースに勝利

3試合ぶりの一発に安堵

 エンゼルスは地元アナハイムでヤンキースを迎えての3ゲームシリーズ。現地2021年8月30日のGame1はなかな見どころが多いゲームとなりました。

 なんと言っても大谷選手に一発が飛び出し、ホッとなさった方も多かったのではないかと思います。というのも、2位以下の猛追が激しく、ロイヤルズのサルバドール・ペレスが38号。一旦はヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を抜き、単独2位となりました、しかし、同日、ゲレロ・Jr.も2HRを放ち、38号で再び並んでおります。

コーリー・クルーバーが先発

 ヤンキースの先発はコーリー・クルーバー。右肩を傷め、5月25日のブルージェイズ戦以来の3ヶ月ぶりの登板です。今季はこの登板で11度目の先発。現地2021年5月19日(水)のレンジャーズ戦ではノーヒットノーランも達成しました。肩を傷めたのはこの後のことでした。

 一方のエンゼルスは、ロスターを調整したがゆえに、ローテーションの人数が少なくなったため、この日はリリーバーのマイク・メイヤーズが登板。オープナーです。

ヤンキースが2点を先制

 初回、ヤンキース打線はマイク・メイヤーズに襲いかかりました。D.J. ルメイヒューとアンソニー・リッゾの2連続二塁打でまず1点。さらに、ジャンカルロ・スタントンの3Bゴロがダブル・プレーとなる間に、リッゾがホームインして2点を先制。

 このときのエンゼルスの5-4-3のダブルプレーはよかったですね!あんなゴロでよく2つもアウトを取ったと思います。

 メイヤーズは2回は落ち着き、無失点。

ジャック・メイフィールドがグランドスラム

 2点を先制されたエンゼルス。またこのままゲームが崩れるのかと思いきや、2番手のサム・セルマンが好投。さらに、アンドリュー・ウォンツも1回をピシャリと抑え、ヤンキースへの流れを食い止めました。

 そして4回裏、大谷選手が三振に倒れ、1アウトになった後、打線が繋がりました。フィル・ゴセリンとジャレッド・ウォルシュがシングル、そして、ジョー・アデルがアウトコースの難しいボールをLFへ弾き返し、タイムリーシングルで1点。スコアは1-2。

 さらに、四球でランナーが溜まり、満塁となったところでジャック・メイフィールドが価値有るグランドスラムを放ち、エンゼルスが一気に5-2とゲームを引っくり返しました。

エンゼルス、またリリーバーで追いつかれる

 しかし、直後の5回表、ホセ・キハーダ(José Quijada)とスティーブ・シーシェックの2人がヤンキース打線に捕まってしまい、3点を返され5-5のタイゲームに。またいつものパターンかというそのときでした。

大谷選手が42号!

 5回裏、ヤンキースは投球制限をかけていたコーリー・クルーバーを降ろし、アンドリュー・ヒーニーをマウンドに。そしてイニングの先頭に大谷選手。

 アンドリュー・ヒーニーは、28日に右手に投球を受けたばかりの大谷選手のインコースへ遠慮なく投げ込む、強気ぶりを発揮。単に抜けていただけかもしれませんが、初球、2球とちょっと危ないボールでした。なお、大谷選手が、パドレスのライアン・ウェザーズのボールを受けましたが、これは空振りとみなされ、記録上は三振です。野球のルールの不条理なところですが、ボールを避ける動作に関しては一考した方がいいかもしれませんね。空振りを取られないようにして、避ける動作が二の次になり、大怪我をするケースも、あるので。

 その3球目。カーブが真ん中高めに入ったところを大谷選手は見逃しませんでした。これがRFスタンド奥に入る大きなHR。Exit Velocityは118.0mph(189.9kmh)、距離431フィート(131.369 m)。

 このHRでエンゼルスが6−5と1点をリードすることに。42号は大きな一発でした。

 その後、エンゼルスは6回裏に、フアン・ラガレスの三塁打で1点を追加し、7-5に。しかし、7回表、ハビー・ゲラがジャンカルロ・スタントンにCFへ大きな2ランHRを打たれ、またしても7-7のタイ・スコアに。

 8回裏、エンゼルスはフアン・ラガレスのタイムリーで1点を勝ち越して8-7に。最後は、ライセル・イグレシアスが締め、今季28セーブ目を上げ、Game1に勝利しました。

 大谷選手はこの日、4-1、1HR、3三振という成績でした。すでに20盗塁も決めている大谷選手ですが、この日は盗塁はなし。

登板回避へ

 31日のGame2に登板予定だった大谷選手ですが、投球を右手に受けた影響で回避することになりました。パッドの上にだったとは言え、投球する側の手でしたし、痛みもあったようです。なお、X線の結果はネガティブで骨に異常はありません。

 ヤンキースのSS、アンドリュー・ベラスケスはこの日は3-1。

 Game2も楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました