スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手が2HR! エンゼルスが満塁でシーガーを敬遠!

大谷選手、今季1号&2号!

 現地2022年4月15日はジャッキー・ロビンソン・デーです。今年は全クラブとも背番号はネイビーで統一されていましたね。

 エンゼルス@レンジャーズのGame2では、前日に先発し、そのまま大谷ルールを使ってフル出場した大谷選手が、この日も登板翌日にもかかわらず出場。もはや当たり前のようになっていますね。しかもまたしてもリードオフでの出場です。まだシーズン序盤とは言え、大谷選手の体力は怪物クラスですね。

やっと出たHR

 この日、レンジャーズはオープナー日。マット・ブッシュが先発です。ブッシュは、この日で今季3度めの先発でしたが、過去2戦ともにオープナーで1イニングの登板。

 初回、リードオフに入っていた大谷選手。初球から狙っていました。ブッシュの初球のインハイの95.6mphの4シームを豪快に右中間のブルペンに持って行きました。ついに出た第1号。

 第2打席は三振。

 4回裏に、エンゼルスはレンジャーズにビッグイニングを作られ、チャーリー・カルバーソンのタイムリーダブルなどで5点を奪われ、2-6とリードを許し、嫌な雰囲気になります。

 しかし、5回表、エンゼルスが反撃。1アウトからカート・スズキのソロHRを皮切りに、大谷選手が2ランHRを放ち、5-6と1点差に。さらにジャレッド・ウォルシュのタイムリーで同点に追いついた後、ブランドン・マーシュの犠牲フライでついに7-6と勝ち越しに成功。

 大谷選手の2本目のHRは、やはり早めに勝負に出て2球目を叩いたものでした。またしても右中間。

エンゼルスは5HR

 この日、エンゼルスは大谷選手の2HRをはじめ、カート・スズキ、ジョー・アデル、ジャレッド・ウォルシュにそれぞれ1HRが出て計5HRを放ちました。

 最終的にスコアは9-6でエンゼルスが勝利。レンジャーズはまたしても失点に泣いたというゲームでした。

満塁でコーリー・シーガーを敬遠

 センセーショナルだったのが、4回裏のレンジャーズの攻撃。5得点を上げたシーンだったのですが、この回の流れですが、エンゼルス先発のリード・デトマーズが1アウトを奪った後、アンディー・イバニエスにLF前シングル、さらにニック・ソラックに死球を与え、1アウト1、2塁のピンチに。

 ここでコーチがマウンドに行って、一呼吸を入れたものの、デトマーズはつづくチャーリー・カルバーソンにタイムリー・ダブルを打たれ、3−2と逆転を許します。つづく、エリ・ホワイトにもシングルを許し、1アウト1、3塁。

 このピンチにエンゼルスは、オースティン・ウォレンをマウンドに送ります。

 迎えるはマーカス・セミエン。ここは結果的にストレートの四球となりましたが、四球覚悟で危ないところには投げないようにした投球かと思います。ただ、最後はもう四球で良いというようなボール球でしたね。これで1アウト満塁。

 問題はこの次です。迎えるはコーリー・シーガー。ここでジョー・マッドン監督自らがマウンドに。かなり入念に話し合い、マウンドから降りるジョー・マッドン監督が審判に告げたのは申告敬遠でした。何が起こったのかわからないで戸惑っているコーリー・シーガー。ようやく申告敬遠だと知り、1塁へ。エンゼルスは満塁で敬遠策を採ったのでした。

 その後ですが、ウォレンはミッチ・ガーバーに犠牲フライを打たれ、2アウト目を奪うもまた1失点し、スコアはレジャーズが5-2とリードを拡げました。ランナーは2塁、3塁にそれぞれ進塁。

 つづく、アドリス・ガルシアの打席。動揺したのか、ウォレンがボークを犯してしまいます。これでさらにもう1点を追加したレンジャーズが6-2としたのでした。ただ、このボークはどこがボールなのか、よくわかりません。

満塁で敬遠は今回で3度目

 なお、満塁で敬遠されたことで有名なのがバリー・ボンズですね。

1. バリー・ボンズ(1998)

 これは1998年、ダイヤモンドバックスが行いました。

Arizona Diamondbacks at San Francisco Giants Box Score, May 28, 1998 | Baseball-Reference.com
Arizona Diamondbacks beat San Francisco Giants (8-7). May 28, 1998, Attendance: 12066, Time of Game: 3:26. Visit Baseball-Reference.com for the complete box sc...

2. ジョシュ・ハミルトン(2008)

 2度目は2008年のこと。レンジャーズのジョシュ・ハミルトンに対して、タンパベイ・レイズがやりました。その時の監督がジョー・マッドン。マッドンは実は今回で2度め。

Tampa Bay Rays at Texas Rangers Box Score, August 17, 2008 | Baseball-Reference.com
Tampa Bay Rays beat Texas Rangers (7-4). Aug 17, 2008, Attendance: 18363, Time of Game: 3:15. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by-...

過去2度は9回2アウトでリードしていた展開

 なお、過去2度はいずれも守りについていたDバックスとレイズがリードし、9 回2アウトで、それぞれボンズとハミルトンに回ってきたのです。

 Dバックスはボンズが歩かされた時点で3点のリードが2点となりましたが、最終的に8-7で勝利。

 レイズはハミルトンが歩かされてリードが4点から3点となりましたが、次打者を抑えて7-4で勝利しました。

 ゲーム途中でリードされている状況での満塁の敬遠策は史上初ということになります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました