スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、14号は特大の440フィート!両リーグ通じてHRランク単独トップ

エンゼルス

次のゲームの先発がHR単独トップ!

 現地2021年5月19日(火)、大谷選手がまたしても打ちましたね。エンゼル・スタジアムで行われたインディアンス戦で2番DHで入った大谷選手が、初回に特大の一発を放ちました。

 その距離、440フィート(134メートル)、Exit Velocityが111.9mph。本人も打った瞬間という確信に満ちたHRでした。これで大谷選手は今季14号HR。2位タイが12本ですから、両リーグ通じて単独トップです。

 なお、大谷選手は現地2021年5月19日、日本時間20日朝のGame3で先発予定です!!

HR→シングル→敬遠

 この日の大谷選手は、第1打席がCFへのソロHR、第2打席がCF前シングル、第3打席が敬遠四球、第4打席がSSゴロで、4打席で3打数2安打、1RBI、2Runsの活躍。

 3試合連続HRといい、中継を見ていて、大谷先取が打席に立てばワクワクしかありませんね。

トラウト抜きのエンゼルス

 前日のゲームの1回裏、3塁への走塁の際に右ふくらはぎを傷めたマイク・トラウト。6-8週間の離脱が決定し、10 Day ILに入りました。

 トラウト抜きとなったエンゼルスは、CFにテイラー・ウォードが入り、RFにホセ・ロハスという外野布陣に。

 こちらはESPNの調べですが、エンゼルスは2012年以降、マイク・トラウトのいる、いないで勝率にこれだけ差があります。

  • トラウトがいる:661-627
  • トラウトがいない:78-103

 エンゼルスは約1.5ヶ月の間、どのように打撃力を上げるかが課題ですね。

フレッチャーはまもなく復帰

 そして、リードオフを務める2Bのデービッド・フレッチャーですが、彼はヒップ(股関節)を傷めて、先週末からラインナップから離れています。もうまもなく復帰する予定ですが、彼がいないのもやはり厳しいですね。デービッド・フレッチャーは打率.250、OBP .271、SLG .275と数字はあまりよくありませんが、彼が2Bにいると安心です。

フィル・ゴセリン、いいところなし

 そのフレッチャーの代わりに2Bに入っているのがベテランのフィル・ゴセリン。この日、エンゼルスの先発投手はアンドリュー・ヒーニーで初回に5失点を喫しましたが、そのうちの2失点はフィル・ゴセリンのエラーがらみ。特に4点目はインプレー中の緩慢な動作が原因で入った得点でしたので、勿体なかったですね。

 しかも打席では3-0で2三振。ちょっと元気がなかったです。

ジャスティン・アップトン、ホセ・イグレシアスがHR

 1-5と4点ビハインドとなったエンゼルスは4回表、イニング先頭の大谷選手がシングルで出塁。アンソニー・レンドンもシングルで続き、ランナーを2人貯めた状態でジャスティン・アップトンを迎えました。そのアップトンはCFへ3ランHRを放ち、エンゼルスは4-5と1点差に。

 さらに、7回裏には、イニング先頭のホセ・イグレシアスがLFへソロHRを放ち、エンゼルスはついに終盤に5-5とタイに持ち込みました。

クロウディオ、打たれる 

 しかし、8回表にマウンドに上がったアレックス・クロウディオが2アウト後に、ジョシュ・ネイラーにHRを打たれ、勝ち越されました。

 その後、エンゼルス打線は、ブライアン・ショー、ジェームズ・カリンチャックに攻撃を封じられ、6-5で敗れました。

 6回、7回、8回のブルペンが課題のエンゼルス。このゲームはそこで失点してしまいましたね。

 Game3はいよいよ大谷選手が登板します。

 楽しみですね。これでNO-NOなどやってしまえば、もう一大センセーションですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました