スポンサーリンク

【MLB Pre2023】5番目のOF、ジョー・アデル、勝負のシーズンに向け2安打を放つ

際立つ運動能力が開花するか?

 現地2023年3月7日、大谷選手、マイク・トラウトなどWBCで主力が抜けているエンゼルスですが、この日はカクタス・リーグでパドレスと対戦。

 このゲームはエンゼルスが左腕のタッカー・デービッドソン、パドレスがセス・ルーゴが先発。

 タッカー・デービッドソンは2022年のトレード・デッドラインでクローザーのライセル・イグレシアスとのディールでブレーブスから移籍。今季、期待されている左腕です。

 一方のパドレスのセス・ルーゴはここ数年メッツのブルペンを支えてきた速球派右腕。先発への転向を希望し、FAでメッツを出てパドレスと2年/$15M保証(2023-24)、2023年終了後にオプトアウト可、2024年は$7.5Mのプレーヤー・オプションでサインしました。

 この二人の出来への関心も然ることながら、もう一つの注目はエンゼルスのOFのジョー・アデルです。この日は待望の結果が出ましたよ!!

両先発は無失点投球

 その前に両先発の出来ですが、良い結果が出ております。

 まずタッカー・デービッドソンは3イニングを投げて、被安打2、無失点、奪三振4、BB1。パドレス打線もエンゼルス同様にフアン・ソト、ザンダー・ボガーツらがWBCで抜けている状態ではありましたが、良い内容だったと思います。今スプリング・トレーニングの成績はこの日を入れて3試合で、7.0イニングを投げ、奪三振10、ERA 2.57と好調をキープ中。

 そして気になるセス・ルーゴですが、この日はコツンコツンとコンスタントに安打を許していた状態で、3.1イニングを投げて被安打7を記録。しかしながら、無失点に抑え、5奪三振、1BBという成績。今スプリング・トレーニングの成績は、この日を入れて3先発、8.1イニングで被安打12。この被安打の多さはちょっと気になりますね。

ジョー・アデル、2安打

 さて、ジョー・アデルですが、6番RFで先発出場。2回表の第1打席では空振り三振。イニング先頭の前打者のマット・タイスが二塁打で出塁し、チャンスメイクしたのですが、進塁させることも出来ませんでした。

 しかし、4回表の第2打席は、またしても先頭打者として二塁打を放って出塁したマット・タイスを2塁に置いて、3Bベース強襲の痛烈なヒットで進塁させることに成功。打つ方向が違うとの指摘もあるでしょうが、積極的にバットを振ってチャンスを拡げたことは評価して良いところではないでしょうか。

 そしてエンゼルスが0-2とビハインドの状況の6回表、先頭のマット・タイスが凡退し、1アウトで回ってきた打席で、エイドリアン・モレホンからLFへの二塁打を放ち、チャンスメイク。アデルの二塁打を機にエンゼルスがこのイニングに2点を奪い、2-2のタイスコアに追いつきました。

 アデルは3打席で交代。この日はマルチ安打を放ち、浮上のきっかけを掴んだかもしれません。

5人目のOF

 エンゼルスのCFにはマイク・トラウトがおり、センターラインに要石のような存在感を放っております。

 そして、今オフ、エンゼルスはブルワーズからハンター・レンフローを獲得。彼がRFを守ると思われます。

 残るコーナースポットのLFには、2022シーズンにブレイクしたテイラー・ウォードが配置されるでしょう。この3人を考えただけでもかなりの重量打線です。しかも、守備も良い。ちなみに、マイク・トラウトとハンター・レンフローは見た目がよく似ていますね。

 さらにエンゼルスは、2023年1月にオリオールズからFAとなっていた(その前はレイズ)、MLBの愛されキャラ、ブレット・フィリップスとサイン。彼を4番目のOFとして考えています。

 ということはジョー・アデルはその次の5番目。非常に厳しい立場です。

毎試合がショーケースのアデル

 2017年ドラフトの全体10位のアデルは、このカクタスリーグで11試合中9試合に出場。打数は圧倒的に多く、エンゼルスのコーチ陣は今スプリング・トレーニングでジョー・アデルの実力を見極めようとしています。

 いわば毎日がショーケースというプレッシャーのかかる状況でプレーしています。

 ところが、このスプリング・トレーニングのこの試合の前までは19打数の2安打と結果が出ずに苦戦。この日、ようやく1試合でのマルチ安打を放ち、22打数4安打としたところです。ゆえに数字も悪く、打率.182、OBP .250、SLG .364、OPS.614、HR 1、RBI 2。

高い意欲は評価されている

 ただ、アデルの身体能力は高く評価されており、ネヴィン監督もアデルのOFの守備力を買っています。

 身体能力だけでなく、どうやら高い意欲も十分に評価されている模様。

 アデルはオフの期間はずっとアリゾナのスプリングトレーニング施設でバットを振っており、クリスマスに休んだだけ。

 その向上心はチームメイトにも伝わっており、マイク・トラウトは「彼は1日も休まなかった。彼の働きぶりを見ていると、間違いなくチャンスに恵まれるだろう」と述べるほど。

 周囲はライバルだらけではありますが、仲間内から好評価を得て、かなり応援されているというのが伝わってきます。

 アデルの場合、打撃スキルよりも打席でのメンタリティーに問題があったようで、マーカス・テームズ新打撃コーチと一緒に磨きをかけてきたようです。

 これまではその身体能力から競技を間違えたのではないか?とまで言われてきて、野球IQにも疑問符がつくプレーの多かったジョー・アデルでしたが、この努力が花開く時が近いかもしれません。

 アデルのプレーに要注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました