スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!

エンゼルス

今季20試合目の先発

 現地8月28日のパドレス戦の打席で右手首に投球を受け、ヤンキース戦の先発をスキップした大谷選手が2021年9月3日、レンジャーズ戦に登板。

 今季20度目の先発は、ついに100mphを発動。まさに熱投で、チームもクロス・ゲームをものにし、大谷選手は9勝目をマーク。二桁勝利まであと1つと迫りました。

 なお、エンゼルスはいつも通りDHを解除。大谷選手を2番Pで起用しました。

熱投、117球

 レンジャーズとは今季4度目の顔合わせ。双方ともに知り抜いている間柄で、尚且つ、8月4日にも対戦していることから、後半戦の素晴らしい投球がつづく大谷選手も知っている相手。その意味では厄介な相手でしたね。

ジョナ・ハイム、粘りすぎ

 実際に厄介で、イニングは進みますが、4回表に1アウトから打席が回ってきたジョナ・ハイムに至っては、2球で2ストライクと追い込まれるも、そこから粘りに粘り、4シームどころかスプリットまでもカットし、13球を投げさせました。最後はカットボールでRFフライに。

2イニング目にすでに97mphをマーク

 6月から四球がグンと少なくなり、投球に余裕が出てくるようになった大谷選手は、ここのところ、前半はセーブ気味に入ることが多くなっていました。この日も、立ち上がりはカットボールとスライダーを有効に使い、4シームは93-4mphに抑えるスタート。

 しかし、この日は登板スキップにより日数が空いたためか、肩が軽かったのかもしれません。2イニング目にすでに97.1mphをマークしました。

100mphもマーク!

 100mphが出たのは、ジョナ・ハイムに粘られた4回表。このイニングはジョナ・ハイムの前に、DJ・ピータースにシングルを打たれ、さらに1アウト後にニック・ソラックにも2塁打を打たれ、1アウトランナー2、3塁のピンチを迎えたのでした。

 100mphを出したのは、次打者のジェイソン・マーティンに投じた4シームで100.4mph。これで空振り三振で2アウト。 

 そしてつづくレオディー・タベラスには2球目に100.5mphでこの日のMAXを投じ、3球目は99.5mphで1Bゴロに仕留めました。

 前後しますが、2回表にニック・ソラック、ジェイソン・マーティンのコンビで2ランHRを浴びて2-2の同点に追いつかれたのでここでギアを思い切り上げた模様。

 大谷選手は7回に降板。7回表にはピンチを迎えましたが、無失点に。この日は7回、117球で被安打7、失点2、自責点2、与四球2、奪三振8、被本塁打1。

エンゼルス、初回から援護

 ゲーム前にホセ・イグレシアスのリリースが発表されたエンゼルスは、想定通り、ジャック・メイフィールドがSSにつき、フィル・ゴセリンが3B。

 ショックなニュースがありましたが、エンゼルス打線は初回にデービッド・フレッチャー、フィル・ゴセリン、ジャレッド・ウォルシュがシングルを放ち、2点を先制。大谷選手を援護しました。

 その後はレンジャーズ先発のグレン・オットーに手を焼いたエンゼルス。しかし、2番手で5回2アウトから登板したデニス・サンタナを6回裏に捉え、4連打で勝ち越しに成功。ジョー・アデル、ブランドン・マーシュの若手が機能しましたね。

 8回はスティーブ・シーシェックが先頭打者を出したものの、無失点に。さらに9回はライセル・イグレシアスがこちらも先頭打者をシングルで出したものの、後続を抑え、無失点。

 エンゼルスが3-2でクロスゲームをものにし、大谷選手に9勝目がつきました!

 そしてライセル・イグレシアスも30セーブ目をマーク。セーブタイトル2位で、ホワイトソックスのリアム・ヘンドリクスを追っています。

 大谷選手は9勝2敗、ERA2.97、135SOとなりました。なお、このゲームの打席は4-0。また、降板後はベンチに下がりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました