スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!

今季20試合目の先発

 現地8月28日のパドレス戦の打席で右手首に投球を受け、ヤンキース戦の先発をスキップした大谷選手が2021年9月3日、レンジャーズ戦に登板。

 今季20度目の先発は、ついに100mphを発動。まさに熱投で、チームもクロス・ゲームをものにし、大谷選手は9勝目をマーク。二桁勝利まであと1つと迫りました。

 なお、エンゼルスはいつも通りDHを解除。大谷選手を2番Pで起用しました。

熱投、117球

 レンジャーズとは今季4度目の顔合わせ。双方ともに知り抜いている間柄で、尚且つ、8月4日にも対戦していることから、後半戦の素晴らしい投球がつづく大谷選手も知っている相手。その意味では厄介な相手でしたね。

ジョナ・ハイム、粘りすぎ

 実際に厄介で、イニングは進みますが、4回表に1アウトから打席が回ってきたジョナ・ハイムに至っては、2球で2ストライクと追い込まれるも、そこから粘りに粘り、4シームどころかスプリットまでもカットし、13球を投げさせました。最後はカットボールでRFフライに。

2イニング目にすでに97mphをマーク

 6月から四球がグンと少なくなり、投球に余裕が出てくるようになった大谷選手は、ここのところ、前半はセーブ気味に入ることが多くなっていました。この日も、立ち上がりはカットボールとスライダーを有効に使い、4シームは93-4mphに抑えるスタート。

 しかし、この日は登板スキップにより日数が空いたためか、肩が軽かったのかもしれません。2イニング目にすでに97.1mphをマークしました。

100mphもマーク!

 100mphが出たのは、ジョナ・ハイムに粘られた4回表。このイニングはジョナ・ハイムの前に、DJ・ピータースにシングルを打たれ、さらに1アウト後にニック・ソラックにも2塁打を打たれ、1アウトランナー2、3塁のピンチを迎えたのでした。

 100mphを出したのは、次打者のジェイソン・マーティンに投じた4シームで100.4mph。これで空振り三振で2アウト。 

 そしてつづくレオディー・タベラスには2球目に100.5mphでこの日のMAXを投じ、3球目は99.5mphで1Bゴロに仕留めました。

 前後しますが、2回表にニック・ソラック、ジェイソン・マーティンのコンビで2ランHRを浴びて2-2の同点に追いつかれたのでここでギアを思い切り上げた模様。

 大谷選手は7回に降板。7回表にはピンチを迎えましたが、無失点に。この日は7回、117球で被安打7、失点2、自責点2、与四球2、奪三振8、被本塁打1。

エンゼルス、初回から援護

 ゲーム前にホセ・イグレシアスのリリースが発表されたエンゼルスは、想定通り、ジャック・メイフィールドがSSにつき、フィル・ゴセリンが3B。

 ショックなニュースがありましたが、エンゼルス打線は初回にデービッド・フレッチャー、フィル・ゴセリン、ジャレッド・ウォルシュがシングルを放ち、2点を先制。大谷選手を援護しました。

 その後はレンジャーズ先発のグレン・オットーに手を焼いたエンゼルス。しかし、2番手で5回2アウトから登板したデニス・サンタナを6回裏に捉え、4連打で勝ち越しに成功。ジョー・アデル、ブランドン・マーシュの若手が機能しましたね。

 8回はスティーブ・シーシェックが先頭打者を出したものの、無失点に。さらに9回はライセル・イグレシアスがこちらも先頭打者をシングルで出したものの、後続を抑え、無失点。

 エンゼルスが3-2でクロスゲームをものにし、大谷選手に9勝目がつきました!

 そしてライセル・イグレシアスも30セーブ目をマーク。セーブタイトル2位で、ホワイトソックスのリアム・ヘンドリクスを追っています。

 大谷選手は9勝2敗、ERA2.97、135SOとなりました。なお、このゲームの打席は4-0。また、降板後はベンチに下がりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました