スポンサーリンク

【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!

エンゼルスに大谷選手以外のヒーロー誕生

 現地2021年7月24日、ターゲット・フィールドで行われたエンゼルス@ツインズ戦。エンゼルスの先発左腕、パトリック・サンドバル(Patrick Sandoval)が9回1アウトまでノーヒットノーランを継続という素晴らしい投球を見せ、エンゼルスに勝利をもたらしました。

 エンゼルスで大谷選手以外の選手が大きく取り上げられるのは実に久しぶりのこと。エンゼルスに少しばかり希望の光が見えた日でもありました。

大谷選手、1日の休みで二塁打2本

 前日、今季3試合目(実質日数は2日目)の休みとなった大谷選手はこの日は2番DHで復帰。第1打席で二塁打を放ち、その後のアンドレルトン・シモンズの判断ミスとも言えるプレーと2塁手の暴投で先取点を奪うきっかけを作りました。

 エンゼルスはその後、ホセ・イグレシアスにタイムリー二塁打が出て1回表に2点を先取。 

 また8回表にはこの日2本目の二塁打。この日は4-2で1得点。

 ちょっとまだアプローチが本来のものではなく、今日もボールが上がりませんでしたが、元に戻りつつ有るのがわかるゲームでもありました。

 今日の主役、パトリック・サンドバルの投球についてです。 

チェンジアップが冴えわたり、13奪三振

 大谷選手とも非常に仲の良いパトリック・サンドバルは、2019シーズン・デビューの24才。

パトリック・サンドバルとは

 高校卒で、2011年ドラフトのアストロズの11巡目指名の投手でした。

マルドナードとのトレードでLAAへ

 2018シーズンのトレードデッドライン。パトリック・サンドバルは、大谷選手の相棒マーティン・マルドナードがアストロズにトレードとなった交換要員として、アストロズのインターナショナル・ボーナス・スロットとともにエンゼルスへ。

 2019年、22才でメジャーデビュー。コントロールがやや荒く、デビューイヤーはBB9が4.3。ファストボールは通常、92-93mph。数字以上に早くは見えますが、アスレチックスのコール・アービンが88-90mphレベルで、かなり被安打率が高いように、あともう少しスピードが欲しいところ。加えて、何か武器が磨かれればという伸びしろの多い左腕投手でもあります。

腕のスイングとスピード

 この日のピッチングでは、中盤以降は93-95mphとボールが走っていました。このせいで、88-89mphほどのチェンジップが効果バツグン。また、時たま投げていた78-80mphほどのカーブもよかったです。ファストボールがさらに速くみえました。

 チェンジアップを活かすにはファストボールが速いに越したことはありませんが、チェンジアップで腕を強く振ることでファストボールの腕の振りにも良いように影響する好例のようにも思えました。

 そして奪った三振はなんと13。右打者のアウトコースへのコントロールが完璧でした。

9回1アウトで記録が途絶える

 9回裏、1アウトまでNO-NOを継続させたパトリック・サンドバルでしたが、ブレント・ロッカー(Brent Rooker)に1塁線にポトリと落とされて、これが二塁打に。ここで記録が途絶えました。

 まだシャットアウトのチャンスが残っていたので、マウンドに残り、2アウトまでこぎつけたパトリック・サンドバルでしたが、ジョシュ・ドナルドソンを迎えるところで、交代。

 8.1イニングで108球、被安打1で13奪三振の素晴らしい成績でした。

 出したランナーは、2回裏に先頭のジョシュ・ドナルドソンに与えた四球が1つ。また、HBP(死球)は2つあって、4回裏のマックス・ケプラーと、8回裏にトレバー・ラーナックに与えた2個。5回裏にはホセ・イグレシアスのエラーによる出塁が1つありました。

ライセル・イグレシアス、ドキドキのリレー

 最後のアウトをライセル・イグレシアスに託したエンゼルス・ベンチでしたが、ジョシュ・ドナルドソンに二塁打を打たれ1点差に。この失点はパトリック・サンドバルの出したランナーだったので、彼につきました。

 もう1本で同点というドキドキの場面でしたが、最後はミゲル・サノを三振に仕留めてゲームセット。結構、危ないゲームでもありました。

 エンゼルス、この日の勝利で48勝49敗。せめてマイク・トラウトが帰ってくるまで5割はキープしておきたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました