スポンサーリンク

【MLB2022】パドレス、今度はショーン・マナエアがノーヒット・ピッチ!CLは変更

先発が連日のノーヒット・ピッチのパドレス

 現地2022年4月8日、開幕2戦目。この日は予定していた記事があったのですが、ショーン・マナエアがあまりにも素晴らしい投球を披露したために、まずはこちらを優先したいと思います。

 DバックスとのGame2。パドレスの先発は、左腕のショーン・マナエア。開幕直前の現地2022年4月3日にアスレチックスからトレードで獲得した左腕ですね。

短い期間に見事に調整

 そのショーン・マナエアですが、移籍直後のスプリングトレーニングのゲーム(4/3)では、古巣アスレチックスを相手に3.2イニングで被安打6を浴び、1失点と敗戦投手になってしまっていました。このゲームが不思議だったのは、そもそもどうしてマナエアのジャージが用意されていたのか?ということですね。スプリングトレーニング用であっても、あまりにも準備が良すぎて不思議な感じがしました。ナイキに通達していた??

 さて、そのゲームを含めてスプリングトレーニングに4度登板していたショーン・マナエアですが、1度目の登板となった3/19のレッズ戦では、2イニングもたず、被安打5、失点5と散々な内容でした。

 しかし、2度めのレッズ戦(3/24)、3度目のドジャース戦はともに素晴らしい内容で、特に3度めのドジャース戦に至っては、5.2イニングで被安打2、失点1、奪三振7とあのドジャース打線を全く寄せ付けませんでした。トレイ・ターナー、F・フリーマン、M・マンシーが顔を揃えていた打線に対してです。ひょっとしてパドレスはこの投球を見て、ドジャース・キラーとして獲得したのではないか?と思えたほど。

 そして短いスプリングトレーニングの期間に見事に調整してきたのがまた素晴らしいですね。

マナエア、7回をノーヒット

 さて、ゲームの方ですが、ショーン・マナエアは、立ち上がり、1番のクーパー・ハメル(スイッチヒッター)、2番のケーテル・マルテ(スイッチ・ヒッター)には、ファウルで粘られ、8球、6球とそれぞれ費やし、簡単には打ち取らせてもらえなかったものの、カーソン・ケリー(右打者)を2球でCFライナーに打ち取り、三者凡退に。ここから乗って行きましたね。

 結果的に、四球は2イニング目に6番のドオルトン・ダーショ(左打者)に1つ与えたのみ。

 計7イニングにわたり、三振と凡打を築き、与四球1、奪三振7のノーヒット・ピッチングを披露しました。7回を終えて、球数が88を数えたところで降板。勿体ない感じもしましたが、シーズン初登板でもありますから、次のカードのことも考え、この判断は適切だったのではないかと思います。

ヒル→ラメット

 2番手には2日連続で、左腕のティム・ヒルが上がりましたが、これまた2日連続で代わりばなに安打を許し、2日連続でノーヒットを終わらせました。

 ティム・ヒルは0.2イニング、残り0.1イニングはディネルソン・ラメットが担い、しっかりと打ち取り、ピアース・ジョンソンを休ませることができました。

CLはテイラー・ロジャース

 Game1ではロベルト・スアレスがクローザーとして登板しましたが、この日、メルビン監督が指名したのは、ツインズから獲得したテイラー・ロジャース。

 彼の場合は、指の故障がどれだけ癒えたか?ということにかかっているのですが、この日は9回の1イニングをSSゴロ、2Bゴロ、三振に抑え、見事にゲームを締めました。指の調子も良いみたいですね。

 結果、ゲームは3-0のスコアでパドレスが勝利。今季、初白星となりました。

CJ・エイブラムがデビュー

 パドレスはこのゲームにSSとしてCJ・エイブラムスを起用。

 Pre-2022のトッププロスペクト・ランクでも9位に入ったSS。

 8番SSとして出場しましたが、この日は4-0。デビュー初ヒットはお預けとなりました。

 打線が湿っているので、起爆剤になればというところですね。

 パドレス、先発がいいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました