スポンサーリンク

【MLB2022】パドレス、今度はショーン・マナエアがノーヒット・ピッチ!CLは変更

先発が連日のノーヒット・ピッチのパドレス

 現地2022年4月8日、開幕2戦目。この日は予定していた記事があったのですが、ショーン・マナエアがあまりにも素晴らしい投球を披露したために、まずはこちらを優先したいと思います。

 DバックスとのGame2。パドレスの先発は、左腕のショーン・マナエア。開幕直前の現地2022年4月3日にアスレチックスからトレードで獲得した左腕ですね。

短い期間に見事に調整

 そのショーン・マナエアですが、移籍直後のスプリングトレーニングのゲーム(4/3)では、古巣アスレチックスを相手に3.2イニングで被安打6を浴び、1失点と敗戦投手になってしまっていました。このゲームが不思議だったのは、そもそもどうしてマナエアのジャージが用意されていたのか?ということですね。スプリングトレーニング用であっても、あまりにも準備が良すぎて不思議な感じがしました。ナイキに通達していた??

 さて、そのゲームを含めてスプリングトレーニングに4度登板していたショーン・マナエアですが、1度目の登板となった3/19のレッズ戦では、2イニングもたず、被安打5、失点5と散々な内容でした。

 しかし、2度めのレッズ戦(3/24)、3度目のドジャース戦はともに素晴らしい内容で、特に3度めのドジャース戦に至っては、5.2イニングで被安打2、失点1、奪三振7とあのドジャース打線を全く寄せ付けませんでした。トレイ・ターナー、F・フリーマン、M・マンシーが顔を揃えていた打線に対してです。ひょっとしてパドレスはこの投球を見て、ドジャース・キラーとして獲得したのではないか?と思えたほど。

 そして短いスプリングトレーニングの期間に見事に調整してきたのがまた素晴らしいですね。

マナエア、7回をノーヒット

 さて、ゲームの方ですが、ショーン・マナエアは、立ち上がり、1番のクーパー・ハメル(スイッチヒッター)、2番のケーテル・マルテ(スイッチ・ヒッター)には、ファウルで粘られ、8球、6球とそれぞれ費やし、簡単には打ち取らせてもらえなかったものの、カーソン・ケリー(右打者)を2球でCFライナーに打ち取り、三者凡退に。ここから乗って行きましたね。

 結果的に、四球は2イニング目に6番のドオルトン・ダーショ(左打者)に1つ与えたのみ。

 計7イニングにわたり、三振と凡打を築き、与四球1、奪三振7のノーヒット・ピッチングを披露しました。7回を終えて、球数が88を数えたところで降板。勿体ない感じもしましたが、シーズン初登板でもありますから、次のカードのことも考え、この判断は適切だったのではないかと思います。

ヒル→ラメット

 2番手には2日連続で、左腕のティム・ヒルが上がりましたが、これまた2日連続で代わりばなに安打を許し、2日連続でノーヒットを終わらせました。

 ティム・ヒルは0.2イニング、残り0.1イニングはディネルソン・ラメットが担い、しっかりと打ち取り、ピアース・ジョンソンを休ませることができました。

CLはテイラー・ロジャース

 Game1ではロベルト・スアレスがクローザーとして登板しましたが、この日、メルビン監督が指名したのは、ツインズから獲得したテイラー・ロジャース。

 彼の場合は、指の故障がどれだけ癒えたか?ということにかかっているのですが、この日は9回の1イニングをSSゴロ、2Bゴロ、三振に抑え、見事にゲームを締めました。指の調子も良いみたいですね。

 結果、ゲームは3-0のスコアでパドレスが勝利。今季、初白星となりました。

CJ・エイブラムがデビュー

 パドレスはこのゲームにSSとしてCJ・エイブラムスを起用。

 Pre-2022のトッププロスペクト・ランクでも9位に入ったSS。

 8番SSとして出場しましたが、この日は4-0。デビュー初ヒットはお預けとなりました。

 打線が湿っているので、起爆剤になればというところですね。

 パドレス、先発がいいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました