【MLB2017】パドレスがウィル・マイヤーズに大型契約を提示

SDP、W・マイヤーズに6年総額8000万

こんにちは。

2017年1月14日の近畿地方は非常に寒いです。夕方4時すぎで4度!しかも風がきつい!久しぶりに寒さで耳が痛みました!耳あてが欲しいと思える寒さです。

北日本やアメリカの東海岸の緯度の高い地域にお住まいの方々はこれ以下の気温ですからね。しかも雪が積もりますから、本当に大変なのだとあらためて思った次第です。4度くらいで寒いなんて言ってられませんね。

さて、契約の話です。

パドレスがチームの顔と呼べる選手を決めた模様です。

現地2017年1月13日、メジャーでのサービスタイムが3.104年と調停の権利を得たウィル・マイヤーズ(Wil Myers)と6年総額8000万ドルで契約延長を提示した模様です。

今の段階ではまだ合意に至っておりません。

パドレスは調停に際し2017年の年俸として340万ドルを提示したようですが、ウィル・マイヤーズの希望は400万ドル。

開きが出たことから大型契約で囲い込もうというところです。

ここでウィル・メイヤーズがどういう結論を出すかというところですね。まだ若いことから拒否する可能性も十分にありますね。

パドレスはマイヤーズに出ていかれるとチームの顔となるべき、若くて数字も残せる選手が見当たらなくなります。ここはどうしても囲い込みたいというところです。

2013 ROY

そのウィル・マイヤーズですが、レイズ時代の2013年にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した選手。長打力が魅力です。

2014年と2015年は低迷しましたが、2016年は羽ばたきました。出場試合数157というのがすごいですね。ほぼフル出場みたいなものです。打率は2割半ばですが、HRが28本を放っています。オールスターにも出場しました。

これから30才までの5年間はもっとも輝く時期に入ると思われます。

YearAgeTmGHHRRBISBBAOBPOPS
201322TBR889813535.293.354.831
201423TBR87726356.222.294.614
201524SDP60578295.253.336.763
2016 ★25SDP157155289428.259.336.797

まだまだ穴もあり、ジャイアンツのマッド・バンとの対戦は26-5で打率.192、Dバックスのザックとの対戦は23-3で打率.130と、一流投手には抑えられています。

これからどう工夫していくか、マイヤーズなら!という期待感もおおいにあります。

いい条件で契約できればいいですね。

ちなみに、打つ時はバッティング・グローブを使わず、素手です!


お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク