スポンサーリンク

【MLB 2021】パドレス、連勝!ダルビッシュ投手が9K!タティス・Jr.が2HR

パドレス、LADとの直接対決に勝ち越し

 現地2021年4月23日(金)、パドレス@ドジャースの4ゲームシリーズのGame2が行われ、またしても白熱したレベルの高いゲームが繰り広げられました。

 このゲームはパドレスがダルビッシュ投手、ドジャースがクレイトン・カーショウが先発。前回の対戦では両投手ともに好投し、辛うじてカーショウが投げ勝った形となりましたが、今回もいい投手戦でした。ただ、ダルビッシュ投手の方が味方打線を奮起させるパワーが上回ったと思います。

ダルビッシュ投手が好投

 先制したのはドジャースでした。パドレスは1回表、タティス・Jr.の3B強襲ヒット、マニー・マチャードのシングルでチャンスを作るも無得点。

 ドジャースは先頭のムーキー・ベッツがLF線に二塁打を放ち、出塁。コーリー・シーガーの内野ゴロの間にムーキーが3塁へ進塁し、チャンスメイク。ジャスティン・ターナーが四球で出た後、マックス・マンシーがRF前シングルを放ち、ムーキーを迎え入れ1点を先制。

ウィル・マイヤーズが同点HR

 2回表、パドレスは先頭のウィル・マイヤーズがカーショウの投げた甘いスライダーを逃さず強振。LFスタンドに入るソロHRで、すかさず同点に追いつきました。取られたらすぐに取り返すことができたのはパドレスに流れをつくるのに大いに役立ちましたね。それにしてもウィル・マイヤーズのバットを寝かせる構えはかっこいいですね。いつも素手です。

タティス・Jr.が2打席連続HRで援護

 パドレスはさらに、3回表にフェルナンド・タティス・Jr.が左中間に大きなHRを放ち、2-1と逆転。タティス・Jr.は5回に回ってきた第3打席でもLFに大きなソロHRを放ち、2打席連続HR。これで3−1とリードを広げます。

ダルビッシュが中盤を制す

 ダルビッシュ投手は序盤3イニングは死球などでランナーを背負うピッチングとなりますが、失点したのは1回裏のみ。

 しかし、中盤には落ち着いた投球で4回から5回まではクレイトン・カーショウに打たれたシングル1本のみという安定した内容となりました。特に6回裏はジャスティン・ターナー、マックス・マンシー、エドウィン・リオスを三者連続三振に抑える力技も披露。力技と言っても非常にテクニカルな変化球も交えた圧巻の投球内容でした。

 ダルビッシュ投手は7回裏に、ランナーを二人背負うピンチを迎えますが、味方守備にも助けられ、無失点。結局、この日のダルビッシュ投手は、7回を被安打4、失点1、与四球3、与死球2、奪三振9。パドレスの流れをキープする好投を見せてくれました。

ドジャース、ハードラック

 7回を終えてパドレスが3−1とリードするスコア。ちなみに先発のクレイトン・カーショウは7回を被安打5、失点3、四球1、奪三振7、被本塁打3。

 ドジャース打線の実力からすれば、まだチャンスはありました。しかし、ビハインドの状況で、ケンリー・ジャンセンやデービッド・プライスを出せないというところが、このゲームを内容以上の点差が広がるゲームにしたと思います。

コーリー・クヌーベルが離脱 

 ドジャースは8回のマウンドに上がったジミー・ネルソンが好投。ここまではよかったと思います。

 しかし、9回表、今季獲得したコーリー・クヌーベルが登板するも、5球で肘の違和感で降板。急遽、マウンドに上がったデニス・サンタナが結局、3点を奪われ万事休す。6-1でこのゲームはパドレスが取りました。

 ドジャースはムーキー・ベッツがダルビッシュ投手から3度、芯で捕らえた打球を飛ばすもヒットになったのは初回の二塁打のみ。あとの2本は野手に捕らえられ、まさにハードラックという当たりでした。

 この対決はこのゲームで今季5試合目。前シリーズはドジャースの2勝1敗の勝ち越しでしたが、このシリーズはここまでパドレスが2戦2勝。ついにパドレスが3勝2敗と勝ち越しました。

 Game3はパドレスがブレイク・スネル、ドジャースがトレバー・バウアーです。スネルはまた、バウアーの掘った穴に辟易へきえきするのでしょうか?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました