スポンサーリンク

【MLB】パドレスのトップ・プロスペクトSS、CJ・エイブラムス、SトレーニングOK!

楽しみなスピードスターがデビューなるか!?

 現地2022年1月30日の情報です。パドレスのトップ・プロスペクトSSで、21才のCJ・エイブラムス(CJ Abrams )がベースボール・アクティビティに問題なしとしてスプリングトレーニングでも元気な姿を見せてくれることが明らかになりました。

左肩はOK!

 現在のCJ・エイブラムスを語る上で、2つの大きな怪我が懸念されていました。まず直近の怪我は左肩。

 2021年秋にアリゾナ・フォール・リーグに参加することになっていたCJ・エイブラムスでしたが、結局、左肩痛により出場を断念せざるを得ませんでした。

 SSで右投げなので、スローイング・アームでないことはよかったのですが、左肩だと守備にも打撃にも影響が大きいので心配されていましたが、もう大丈夫だとのことです。

左足の大怪我はすでにOK

 もう一つの怪我が、左足。

 2021年、CJ・エイブラムスはダブルAで開幕を迎えました。打撃は好調で打率.296、OBP.363、SLG.420、HR2、14ダブル、RBI 23、盗塁13と素晴らしい活躍を見せていたのですが、現地2021年6月30日のゲームで、2B塁上でコリジョン・プレーが発生。交錯したCJ・エイブラムスは左足の脛骨けいこつを骨折。

 脛骨とは足のスネの部分の大きな骨です。もろにスネを骨折というところですね。さらに、MCL(medial collateral ligament )と呼ばれる膝の内側側副靭帯を断裂。非常に大きな怪我になりました。よく膝の靭帯の怪我では、ACLというのが出てきますが、ACLは前十字靭帯のことですね。

 完治まで3ヶ月と言われていたのですが、回復は早かったです。そこは若さですね。よって、2021年10月に予定されていたAFLに参加することになっていたのですが、左肩に問題が発生したため、AFLを欠場していたというのが彼の状態でした。

 左肩も6月末のコリジョンの影響によるものかもしれません。 

CJ・エイブラムスとは?

 パドレスが誇るトップ・プロスペクトのCJ・エイブラムスは、2019年アマチュア・ドラフトのパドレスの1巡目指名(全体順位6位)の選手。

 高校卒でドラフト指名。ドラフト前からトップ10入りの可能性が高いと言われていて、上位指名は当然と言われた選手。

 高校3年時にジョージア州のゲータレード・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞。アラバマ大学への進学が決まっていたものの、パドレスからのドラフト指名直後にスピード契約してプロ入り。サイニング・ボーナスは$5.2 M。大学とすれば、苦々しい思いだったかもしれませんね。

野球版、某親子

 プロ野球選手になりたかったCJ・エイブラムスの父は息子に夢を託すように、息子を鍛え上げたようです。ヌンチャクのような打撃道具を作成するなど独特な道具も開発し、熱心に指導したようです。

 なにか、ボクシングでそんな親子がいたような感じがしますね。

 CJ・エイブラムスの脚力は高校時から注目されており、スピードは同年代ではトップクラスで、スカウトからも75点(最高は80点)との高評価を得るほどでした。なお、高校最後のシーズンには33個の盗塁を決め、打率.431、SLG.723をマーク。高校のゲームでの三振はわずか12個だったとの逸話も。打撃もよかったということですね。

 アメリカの高校のスポーツ選手は他のスポーツと兼任することが多いですが、CJ・エイブラムスもその一人で、バスケットボールでもいい選手だったようです。ただ、MLBからのドラフトの候補となったことで野球に専念するようになりました。

 長身でスマート(188cmで83kg)ゆえに、プレースタイルはいまやMLBの顔にもなりつつある、フェルナンド・タティスJr.と重なるところがあります。なお、右投げ左打ちという点はタティスとは違います。

ルーキーリーグで活躍も2020年がキャンセル

 2019年にルーキーリーグであるAZLパドレス1(AZLとはアリゾナ・リーグ)でプロキャリアをスタートさせたCJ・エイブラムスはすぐにクラスAに昇格。2019年は両レベルで、打率.393、OPS.436、SLG.637と評価通りの実力を披露。コーチ陣は打撃技術の高さを再確認したようです。

 さあ、キャリアを上げていくぞという2020年シーズン、コロナ・パンデミックでマイナーがキャンセルとなったため、トレーニング・サイトでの1年となりました。

 そして再開となった2021年はいい調子だったのですが、上記の通り、ゲーム中に大怪我を負ったというのがここまでのキャリア。

上がれば、2B

 2022年のスプリングトレーニングで良い結果を出せば、CJ・エイブラムスのビッグリーグ・デビューはそう遠くないはずです。

 ただ、パドレスは内野が決まっています。本職であるSSにはフェルナンド・タティス・Jr.がおりますし、3Bにはマニー・マチャード、さらに2Bにはジェイク・クロネンワースも。1Bにはチャレンジしないでしょうから、この3つのポジションを争うわけですが、こうなるともしチャンスをこじ開けるには2Bしかないという状況。

 彼が上がると、盗塁があるのでパドレスの攻撃のオプションが広がりそうです。

 トッププロスペクト・ランクでもトップ5に入りそうなCJ・エイブラムスに注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました