スポンサーリンク

【MLB2023】パドレス、ダルビッシュ投手と6年/108Mドルの延長契約に合意

JV、シャーザー並みの評価

 現地2023年2月9日、サンディエゴ・パドレスがダルビッシュ投手と6年/$108Mで延長契約に合意したと公式にアナウンスされました。

 これにより、パドレスはエースを長期で固定することに成功。これから数年は投手陣の編成はダルビッシュ投手を軸にして組み立てられることになります。

ダルビッシュ投手が41才で開幕を迎えるシーズンまで

 1986年8月16日が誕生日のダルビッシュ投手は、現時点で36才と半年。今回の延長契約は、2028年までの6年契約なので、ダルビッシュが41才で開幕を迎えるシーズンまで。そして2028年はシーズン終盤に42才となります。

 客観的な事実としての年齢要素から言えば、36才での延長契約はほぼ皆無です。あったとしてもマルチイヤー・ディールというところ。

 これはパドレスの攻める編成もさることながら、ダルビッシュ投手の現状のパフォーマンスがパワー、品質ともにいかに評価されているかを物語っているとともに、将来にわたって現状のパフォーマンスはかなりの線で維持出来ると見られているということでしょう。

 2021年11月、メッツはマックス・シャーザーと3年/$130M (2022-24)でサイン。この契約はシャーザーが39才で開幕を迎え、シーズン途中の誕生日(1984/7/27)で40才となるシーズンまで。

 さらに今オフにもメッツはJVことジャスティン・バーランダーと2年/$86.666M (2023-24) でサイン。 2025年にはコンディショナル・プレーヤー・オプションがついていて、2024年にバーランダーが140 IPを達成し、尚且つ独立した医療機関でヘルシーであると判断されれば$35Mになるという契約。誕生日が1983年2月20日のバーランダーは、2023年の開幕時点で40才。この契約のオプションが行使され、2025年まで継続となればバーランダーが43才のシーズンまで。

 どの年齢でサインしたかにも依りますが、ダルビッシュ投手の今回の契約はこの2人と双肩する契約となった訳です。

契約詳細

 契約がブレークダウンされていますので、記載しておきます。

  • 6年/$108M (2023-2028)

 ヘイマンさんの情報ではサイニング・ボーナスが$6M+上記のサラリーで$108Mになるということです。そして最終シーズンのベース・サラリーは2023-27年の間でサイ・ヤング賞を獲得すれば+$1M。

現契約を上書き

 ダルビッシュ投手の現在の契約は、2018年2月にFAとしてカブスとサインした6年/$126M(2018-2023)で、2023年のサラリーは$18Mという設定でしたので、今回の契約は現契約のファイナルイヤーを$18Mから$24Mにして上書きした形になります。

2023年はメジャー通算100勝へ

 ますます進化しているダルビッシュ投手。2022シーズンは、ファストボールの4シームとシンカーが2021年の平均ベロシティーを上回りました。なお、カットボールも下につけているのは投球のシェアが最も多い球種だからです。この球速もほとんど同じ。

球種20212022
4シーム94.595.0
シンカー94.094.7
カット86.686.5
ファストボール+ カットボールのシーズン球速比較

 2022シーズンは16勝8敗をマーク。194.0イニングでERAは3.10、SO9は9.1、BB9は1.7。16勝はメジャー・デビューした2012年以来のことでキャリア・タイとなりました。

 2015年3月にトミー・ジョン手術を受けたダルビッシュ投手は、2016年5月28日に復帰登板を果たしました。

  カブス移籍1年目は上腕三頭筋を痛めるなど1勝3敗で終わり、かなり厳しい立場に追い込まれましたが、2020年の60試合シーズンで8勝をマークし、サイ・ヤング賞の投票では2位に入りました。

 2021年のパドレス移籍1年目は8勝にとどまりましたが、2022年に上述のように16勝。体調が良ければこのまま勝ち星を積み上げて行くことに。

 そして、2022年終了時点でMLBで積み上げた勝ち星は95勝。100勝まであと5つに迫っております。今季はこの記念すべきマイルストーンを怪我なく通過してもらいたいですね。

 NPBでは日本ハムで93勝を上げましたから、現時点で日米併せて188勝(1軍及びメジャー・レベルで)。

 ナ・リーグ西地区を面白くしてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【WBC2023準決勝】日本、メキシコとのラリーを制し、9回裏に劇的サヨナラ勝ち!USAとの決勝へ
【WBC2023準々決勝】アメリカ、敗色濃厚からトレイ・ターナーのグランドスラムで逆転勝ち
【WBC2023準々決勝】メキシコ、0−4から逆転で準決勝へ!アロウザリナ、パレデスが活躍
【MLB Pre2023】メッツ・千賀投手、順調にチューンナップ中!けが人続出で増々期待が高まる!
【WBC2023】侍ジャパン、大谷 & ダルビッシュの登板でイタリアに快勝!準決勝の地、マイアミへ
【WBC2023】”歓喜一転”プエルトリコ、E・ディアスが右膝を負傷!ドミニカ共和国は敗退へ(追記あり)
【MLB2023】ホセ・キンタナ(メッツ)が肋骨移植術で開幕アウト。復帰は7月以降に。
【WBC2023】プエルトリコが8イニング、コンバインド・パーフェクトを達成!
【FA 2023】横浜DeNAベイスターズがトレバー・バウアーと1年で合意。ここまでの経緯も
【WBC2023】大谷が先制3ランHR!侍ジャパンがPool Bを1位通過して準々決勝進出決定(追記あり)
【WBC2023】大注目のドミニカ共和国@ベネズエラ戦は、5-1でベネズエラが勝利
【WBC2023】佐々木投手、160km連発!侍ジャパン、中盤にチェコ投手陣を捉えて3勝目!
【MLB Pre2023】レンジャー・スアレスとアンドリュー・ペインターが前腕部を傷める!しかし、フィリーズは楽観視
【WBC2023】先取点を奪われスイッチオン!侍ジャパンが波状攻撃で2勝目(KOR@JPN)
【MLB移籍2023】マーリンズ、ホセ・イグレシアスとユリ・グリエルと合意
【MLB Pre2023】カルロス・ロドンが前腕部を傷め、開幕をILで迎えることが決定
【WBC2023】大谷、ヌートバーが躍動し、侍ジャパンがまず1勝!
【MLB Pre2023】5番目のOF、ジョー・アデル、勝負のシーズンに向け2安打を放つ
【MLB Pre2023】レッドソックスのジャスティン・ターナーが顔面に死球を受け病院へ
【MLB 2023】ロッキーズ、マイク・ムスターカスとブラッド・ハンドを獲得!
【MLB 2023】レンジャーズ、ウィル・スミスと1年でサイン
【WBC2023】V・ゲレロ・Jr.が右膝の故障でWBCを欠場。気になるドミニカ共和国のロスターも
【MLB Pre2023】カブス、7人の投手でコンバインド・ノーヒッターを達成
【MLB2023】ゴールド・グラバーのブレンダン・ロジャース、左肩脱臼でシーズンエンディングの危機
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、ジャッキー・ブラッドリー・Jr.を獲得!
【MLB 2023】ギャビン・ラックスをシーズン・エンディングの怪我で欠くことになったドジャースのSSは?
【MLB移籍2023】パドレス、ルーグネッド・オドーアをマイナー・ディールで獲得
【MLB Pre2023】腹斜筋を傷めたタイラー・グラスノーが開幕アウトに
【MLB 2023】パドレスとマニー・マチャードが11年/350Mドルの契約延長へ!
【MLB2023】ブルージェイズの100マイル右腕、ネイト・ピアソンはリリーバーとして稼働予定
タイトルとURLをコピーしました