スポンサーリンク

【MLB2022】ダルビッシュ投手が熱投!開幕戦で6回ノー・ヒッター!しかし、パドレスは逆転負け

2022シーズンが開幕!

 現地2022年4月7日、いよいよ2022年シーズンが開幕致しました。

 おめでたいことです!ロックアウトが長引き、2022シーズンはどうなるのかと思いましたが、少し前のメジャー・リーグの開幕の時期とほぼ同じタイミングになりましたね。1週間遅れた分、選手たちはダブルヘッダーが組まれてそれはそれで大変なスケジュール感になるのですが、とにもかくにも開幕して何よりです。

 パドレス@ダイヤモンドバックス戦が行われたチェイス・フィールドには、オープニングを待ちわびたファンが35,508人も詰めかけ、開幕戦を楽しんでおられました。

2022開幕戦は2試合中止、1試合がディレー

 この日はニューヨークで行われる予定だったレッドソックス@ヤンキース戦、ミネソタで行われる予定であったマリナーズ@ツインズ戦が天候不良のため、中止に。そしてワシントンD.C.で行われたメッツ@ナショナルズ戦も雨のため3時間遅れてスタートしました。よって、もともと行われる予定であった9試合ではなく、7試合の開幕ということに。

ダルビッシュ投手が熱投

 熱戦が繰り広げられたオープニング・ゲームは、日本人投手が2人も開幕投手に輝きました。エンゼルスの大谷選手とパドレスのダルビッシュ投手ですね。

 ダルビッシュ投手はまさに熱投。丁寧な投球で素晴らしい内容を見せてくれましたので、それをまずは取り上げてみたいと思います。

相棒はオースティン・ノラ

 開幕前日に相棒のビクター・カラティーニがブルワーズに移籍することとなったダルビッシュ投手。

 注目のマスクはスプリングトレーニングでもコンビを組んだオースティン・ノラでした。打順は1番。

Austin Nola Stats | Baseball-Reference.com
2022: 0 HR, .250 BA, 1 RBI (9th),Career: 19 HR, .271 BA, 89 RBI, C/1B/2B, Mariners/Padres 2019-2022, b:R/t:R, born in LA 1989

パドレスのOpening Day Roster

 ちなみにパドレスのOpening Day Rosterは以下の通りでした。5月1日までは28名です。

  • RHP (11): オースティン・アダムス、ナビル・クリスマット(Nabil Crismatt)、ダルビッシュ有、ハビー・ゲラ、ピアース・ジョンソン、ディネルソン・ラメット、ニック・マルチネス、ジョー・マスグローブ、クレイグ・スタメン、ロバート(ロベルト)・スアレス、スティーブン・ウィルソン
  • LHP (4): ティム・ヒル、ショーン・マナエア、テイラー・ロジャース、ブレイク・スネル
  • C (2): ホルヘ・アルファーロ、オースティン・ノラ
  • INF (7): C.J.エイブラハムス(Abrams)、マット・ビーティー、ジェイク・クロネンワース、Ha-Seong Kim、マニー・マチャード、ルーク・ボイト
  • OF (4): ホセ・アゾカー(Jose Azocar)、トレント・グリシャム、ウィル・マイヤーズ、ジュリクソン・プロファー

 CJ・エイブラハムも入りましたね。フェルナンド・タティス・Jr.がいないので出すなら今しかないと思っていたのに、スタートに名を連ねていなかったので、おかしいな?と思っていたのです。

6回を投げきり、ノーヒットで降板 

 ダルビッシュ投手は立ち上がりから丁寧な投球を見せてくれました。1回、3回、4回、6回にそれぞれ1つずつ四球を出したものの、ぎりぎりのところを狙った攻めた四球だったと思います。三振が少なめで3つ。この日は勝ちにこだわったのではないか?と思います。

 6回、92球を投げきり、ベンチでは新監督のボブ・メルビンに称賛され、マウンドを降りることに。

 Dバックス打線をノーヒットに抑える熱投でしたね。

パドレス、打線が苦戦

 Dバックスの先発はマディソン・バンガーナー。3回表に先頭打者に四球を与えた後、2アウトまでこぎつけたものの、マチャード、クロネンワース、ボイトに連続四球を与えて押出しで1点。バンガーナーはこのイニングでマウンドを降りました。

 4回表、Dバックスのマウンドにはルーク・ウィーバーが上がり、この回も2アウトまでこぎつけていたものの、オースティン・ノラにシングルを許し、追加点。パドレスが2-0のままゲームが進みます。

 Dバックスは6回表に、オリバー・ペレスがマウンドに上がり、3人でピシャリと抑えています。さすがのベテランですね。

ピアース・ジョンソンが落ち着かせる!

 ダルビッシュ投手降板後、パドレスのマウンドには強心臓のティム・ヒルが上がりましたが、いきなり、ペイビン・スミスにシングルを打たれ、リレーでのNO-NOはここで途絶えました。2アウトまでこごつけ、セス・ビアーにシングルを打たれたところで、ピアース・ジョンソンにスイッチ。

 ピアース・ジョンソンは、クーパー・ハメルに四球を出し、スコアリング・ポジションにランナーをすすめるも、ヘラルド・ペルドモを三振に斬って取り、チェンジ。

 ピアース・ジョンソンは8回のマウンドにも上がり、打者3人で斬って獲り、ゲームを落ち着かせます。パドレスは9回表にランナーを一人だすも、無得点。ゲームは2−0でパドレスがリードしたまま、9回裏に。

ロベルト・スアレスが登板するも・・・

 ボブ・メルビン監督はクローザーに、阪神から移籍したロベルト・スアレスを起用。スプリングトレーニングのラスト2ゲームでは完璧な投球を見せていたので、いい舞台を用意されたのでした。

 ところが、スアレスは明らかに平常心を見失っているような投球。力みばかりが目立ち、ストライクが入りません。先頭のクリスチャン・ウォーカーにはストレートの四球。しかもはっきりとそれとわかるボール。

 次打者のペイビン・スミスにも、3-1カウントから四球。コーチがマウンドに行き、一旦は落ち着き、カーソン・ケリーを2球で追い込んだまではよかったものの、フィニッシュが決まらずに、結局、チェンジアップが外れ、死球を与えてしまいます。

クレイグ・スタメンが間に合わず 

 恐らくボブ・メルビンはスアレスの1人めの投球を見て、これはだめだと判断し、ブルペンには指示を出していたはずです。すぐに変えたかったのでしょうが、クレイグ・スタメンが出来上がるのを待つ必要があり、それがすぐに変えられなかった理由かと推測します。

 緊急登板となったクレイグ・スタメンは、セス・ビアーに対し、ワイルド・ピッチでまずは1点を献上。これで2-1。

 その直後の2球目。ナックル・カーブが甘いところに入ったところを、RFスタンドに放り込まれ、ジ・エンド。逆転サヨナラ3ランHRでDバックスが4−2のスコアで勝利したのでした。

 パドレスにとってはまさかの展開で勝利を掴み損ねたというオープニング・ゲームとなりました。

San Diego Padres at Arizona Diamondbacks Box Score, April 7, 2022 | Baseball-Reference.com
Arizona Diamondbacks beat San Diego Padres (4-2). Apr 7, 2022, Attendance: 35508, Time of Game: 3:18. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, ...

立ち直れ、スアレス

 あまりにも悲惨なデビュー戦となったロベルト・スアレス。

 非常に緊迫した展開でバトンを渡され、さすがにデビュー戦としては平常心でいられなかったと思います。スアレスは、31才とベテランですが、2015年にトリプルAレベルのメキシカンリーグで投げ、2016年以降は、NPBでソフトバンク(2019年まで)、阪神(2020-21)と、これまでメジャーのマウンドを踏んだ経験がありませんでした。

 たとえば、ピアース・ジュンソンの場合、2019年に阪神で投げる前は、カブス、ジャイアンツとメジャーのマウンドを経験済みです。

 念願かなったメジャーのマウンドで平常心でいなさいという方が難しい話かもしれません。打線も9回表にもう1点入れておけばもう少し、緊迫度合いも緩んでいたかもしれません。

 1戦ずつ良い実績を積み重ねてチームメイトの信頼を得るしかありませんので、前を向いて頑張ってもらいたいですね。真面目な正確も今回ばかりは悪い方に行ってしまいましたね。阪神時代のあの100mphはメジャーのバッターと雖も、そうそう打てませんので、自信を持ってもたいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました