スポンサーリンク

【MLB2021】パドレス、ブレイク・スネルで一矢報いる(追記あり)

白熱のライバル対決Game3

 ナショナル・リーグ西地区のライバル対決と言えば、かつてともにニューヨークに本拠地を構えたドジャースとジャイアンツというのが定番でした。もちろんこの両チームの対決は2021年も見ものですが、この3ゲームシリーズで新たにドジャース&パドレスが正式に加わった・・・そんなことさえ考えてしまうほど、凄まじいゲームを繰り広げています。まだ4月です。

 現地2021年4月18日、新たなライバル対決であるドジャース@パドレス戦のGame3がデーゲームにて行われました。

バウアー&スネルの投げ合い

 Game2のクレイトン・カーショウとダルビッシュ投手の対決もすごかったですが、Game3はともに今季から加入したトレバー・バウアーとブレイク・スネルの投げあいとなりました。

先制点はクリス・テイラーのHR

 先制点はドジャース。2回表、先頭のウィル・スミスがシングルで出塁した後、この日はCFとしてスタートに入ったクリス・テイラーがブレイク・スネルの初球を叩き、これが左中間スタンドに入る2ランHRに。連日の勢いそのままにドジャースがまずは2点を先制しました。

クロネンワースが今季1号

 初回から96-97mphのファストボールでがんがん飛ばしていたトレバー・バウアー。3イニング目からは得意のナックル・カーブも繰り出し、ピッチングの幅をさらに広げていたところでしたが、4回裏、先頭のジェイク・クロネンワースにその得意のナックル・カーブをうまくRFスタンドに放り込まれ、パドレスに1点差に縮められます。

スネルとバウアーの成績

 ブレイク・スネルは5イニングを投げたところで降板。95球で被安打2,失点2、与四球2、奪三振7という成績。

 一方のトレバー・バウアーは6回、98球を投げて被安打3、失点1、与四球1、奪三振7。

パドレスが7回に同点に

 リリーバー勝負となったこのゲームですが、パドレスは6回にマウンドに上がったオースティン・アダムスが好投。コーリー・シーガー、ジャスティン・ターナー、ウィル・スミスという当たっている3人を三者連続三振に仕留め、後から振り返ればこれがドジャースの流れを大きく断ち切ったと思います。

 7回裏、ドジャースのマウンドにはパワー右腕のブラスダー・グラテロル。パドレスは先頭のマニー・マチャードがシングルで出塁。パス・ボールもあり、マチャードは2塁へ。そこでエリック・ホズマーが左中間に二塁打を放ち、マチャードが還って2-2のタイスコアに。

トミー・ファムが殊勲の2ランダブル

 8回裏、パドレスは先頭のジュリクソン・プロファーがSSのコーリー・シーガーのスローイング・エラーで出塁。1アウト後、ドジャースは7回2アウトから登板していたスコット・アレクサンダーからデニス・サンタナにスイッチ。Game1の10回にホルヘ・マテオに死球を当て、ベンチクリアーになった投手ですね。

 デニス・サンタナは代わりばな、フェルナンド・タティス・Jr.に四球で、1アウト1-2塁。続く、マニー・マチャードをポップフライに仕留め、2アウトまでこぎつけました。 

ホズマーがこの日2本目のタイムリー

 しかし、つづくエリック・ホズマーにシングルを打たれ、2塁からジュリクソン・プロファーが生還し、パドレスがついに3−2と勝ち越しに成功。1塁ランナーのタティス・Jr.は3塁へ進塁。

 迎えるバッターはトミー・ファム。トミー・ファムは2ストライクと追い込まれながらも、チェンジアップに対応。これがレフト線への2塁打となり、タティス・Jr.、エリック・ホズマーの二人が還り、パドレスが5-2とリードを広げ、これでゲームが決まりました。

 9回表、パドレスはクローザーのマーク・マランソンがドジャース打線を三人で斬って取り、パドレスが5−2で逃げ切り、3ゲームシリーズで一矢報いました。

ドジャース3安打

 好投したパドレス投手陣ですが、この日は5人のリレーでドジャース打線をたった3安打に抑える好投。この辺が2020年のパドレスとは違いますね。

シェルドン・ノイジーを起用

 白熱した3連戦でしたが、そんな中でもドジャースは、経験の浅い若手を起用。Game3ではアスレチックスから獲得したシェルドン・ノイジー(Sheldon Neuse)を8番2Bで起用。2019シーズン以来のメジャーでの打席でしたが、この日は残念ながら2−0。

 このアツいゲームの中でもしっかりと未来の戦力をテスト。さすがの戦いぶりですね。

ドジャース、8連勝でストップ

 開幕から勝ち続けているドジャースですが、この日の敗戦で8連勝でストップ。ドジャースはいまだ3敗しか喫しておらず、シーズン成績13勝3敗はもちろんMLBトップです。

 次のこの顔合わせは、22日からドジャー・スタジアムで4ゲームシリーズです。

 選手たちは1年間、体が保つのか心配ですね。

追記:両チーム、新カードで敗れる

 ほとんどの方が「案の定」と感じたと思います。

 凄まじい3ゲームシリーズを戦ったドジャース、パドレスの両チームですが、移動日なしで現地2021年4月19日(月)、新しいカードに突入。

ドジャースはマリナーズに敗戦

 ドジャースはインターリーグでシアトルに遠征し、マリナーズとの対戦となりました。ダスティン・メイを温存していたとは言え、打線はやはりお疲れ気味で5安打しか放てず、マリナーズに3−4で敗れました。

パドレスは、さらにひどく

 パドレスは地元ペトコでブルワーズを迎えての新シリーズですが、打線はドジャースよりさらにひどく、2安打しか放てませんでした。もっとも、ブルワーズがエース、ブランドン・ウッドラフを投入したというのもありますが、さすがにもうおつかれ状態。

 パドレスはノーヒッターのジョー・マスグローブを起用し、7回を13奪三振という回答を見せてくれましたが、いかんせん味方の援護がなく、敗戦投手になっています。

 予想していたとは言え、タレントと呼ばれる選手たちも人間ですから、「兵どもが夢の跡」のような状態になっても致し方ありませんね。ゲームは続きますから、両チームの選手ともに、うまく体のケアを行ってもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました