スポンサーリンク

【MLB2021】パドレス、ブレイク・スネルで一矢報いる(追記あり)

白熱のライバル対決Game3

 ナショナル・リーグ西地区のライバル対決と言えば、かつてともにニューヨークに本拠地を構えたドジャースとジャイアンツというのが定番でした。もちろんこの両チームの対決は2021年も見ものですが、この3ゲームシリーズで新たにドジャース&パドレスが正式に加わった・・・そんなことさえ考えてしまうほど、凄まじいゲームを繰り広げています。まだ4月です。

 現地2021年4月18日、新たなライバル対決であるドジャース@パドレス戦のGame3がデーゲームにて行われました。

バウアー&スネルの投げ合い

 Game2のクレイトン・カーショウとダルビッシュ投手の対決もすごかったですが、Game3はともに今季から加入したトレバー・バウアーとブレイク・スネルの投げあいとなりました。

先制点はクリス・テイラーのHR

 先制点はドジャース。2回表、先頭のウィル・スミスがシングルで出塁した後、この日はCFとしてスタートに入ったクリス・テイラーがブレイク・スネルの初球を叩き、これが左中間スタンドに入る2ランHRに。連日の勢いそのままにドジャースがまずは2点を先制しました。

クロネンワースが今季1号

 初回から96-97mphのファストボールでがんがん飛ばしていたトレバー・バウアー。3イニング目からは得意のナックル・カーブも繰り出し、ピッチングの幅をさらに広げていたところでしたが、4回裏、先頭のジェイク・クロネンワースにその得意のナックル・カーブをうまくRFスタンドに放り込まれ、パドレスに1点差に縮められます。

スネルとバウアーの成績

 ブレイク・スネルは5イニングを投げたところで降板。95球で被安打2,失点2、与四球2、奪三振7という成績。

 一方のトレバー・バウアーは6回、98球を投げて被安打3、失点1、与四球1、奪三振7。

パドレスが7回に同点に

 リリーバー勝負となったこのゲームですが、パドレスは6回にマウンドに上がったオースティン・アダムスが好投。コーリー・シーガー、ジャスティン・ターナー、ウィル・スミスという当たっている3人を三者連続三振に仕留め、後から振り返ればこれがドジャースの流れを大きく断ち切ったと思います。

 7回裏、ドジャースのマウンドにはパワー右腕のブラスダー・グラテロル。パドレスは先頭のマニー・マチャードがシングルで出塁。パス・ボールもあり、マチャードは2塁へ。そこでエリック・ホズマーが左中間に二塁打を放ち、マチャードが還って2-2のタイスコアに。

トミー・ファムが殊勲の2ランダブル

 8回裏、パドレスは先頭のジュリクソン・プロファーがSSのコーリー・シーガーのスローイング・エラーで出塁。1アウト後、ドジャースは7回2アウトから登板していたスコット・アレクサンダーからデニス・サンタナにスイッチ。Game1の10回にホルヘ・マテオに死球を当て、ベンチクリアーになった投手ですね。

 デニス・サンタナは代わりばな、フェルナンド・タティス・Jr.に四球で、1アウト1-2塁。続く、マニー・マチャードをポップフライに仕留め、2アウトまでこぎつけました。 

ホズマーがこの日2本目のタイムリー

 しかし、つづくエリック・ホズマーにシングルを打たれ、2塁からジュリクソン・プロファーが生還し、パドレスがついに3−2と勝ち越しに成功。1塁ランナーのタティス・Jr.は3塁へ進塁。

 迎えるバッターはトミー・ファム。トミー・ファムは2ストライクと追い込まれながらも、チェンジアップに対応。これがレフト線への2塁打となり、タティス・Jr.、エリック・ホズマーの二人が還り、パドレスが5-2とリードを広げ、これでゲームが決まりました。

 9回表、パドレスはクローザーのマーク・マランソンがドジャース打線を三人で斬って取り、パドレスが5−2で逃げ切り、3ゲームシリーズで一矢報いました。

ドジャース3安打

 好投したパドレス投手陣ですが、この日は5人のリレーでドジャース打線をたった3安打に抑える好投。この辺が2020年のパドレスとは違いますね。

シェルドン・ノイジーを起用

 白熱した3連戦でしたが、そんな中でもドジャースは、経験の浅い若手を起用。Game3ではアスレチックスから獲得したシェルドン・ノイジー(Sheldon Neuse)を8番2Bで起用。2019シーズン以来のメジャーでの打席でしたが、この日は残念ながら2−0。

 このアツいゲームの中でもしっかりと未来の戦力をテスト。さすがの戦いぶりですね。

ドジャース、8連勝でストップ

 開幕から勝ち続けているドジャースですが、この日の敗戦で8連勝でストップ。ドジャースはいまだ3敗しか喫しておらず、シーズン成績13勝3敗はもちろんMLBトップです。

 次のこの顔合わせは、22日からドジャー・スタジアムで4ゲームシリーズです。

 選手たちは1年間、体が保つのか心配ですね。

追記:両チーム、新カードで敗れる

 ほとんどの方が「案の定」と感じたと思います。

 凄まじい3ゲームシリーズを戦ったドジャース、パドレスの両チームですが、移動日なしで現地2021年4月19日(月)、新しいカードに突入。

ドジャースはマリナーズに敗戦

 ドジャースはインターリーグでシアトルに遠征し、マリナーズとの対戦となりました。ダスティン・メイを温存していたとは言え、打線はやはりお疲れ気味で5安打しか放てず、マリナーズに3−4で敗れました。

パドレスは、さらにひどく

 パドレスは地元ペトコでブルワーズを迎えての新シリーズですが、打線はドジャースよりさらにひどく、2安打しか放てませんでした。もっとも、ブルワーズがエース、ブランドン・ウッドラフを投入したというのもありますが、さすがにもうおつかれ状態。

 パドレスはノーヒッターのジョー・マスグローブを起用し、7回を13奪三振という回答を見せてくれましたが、いかんせん味方の援護がなく、敗戦投手になっています。

 予想していたとは言え、タレントと呼ばれる選手たちも人間ですから、「兵どもが夢の跡」のような状態になっても致し方ありませんね。ゲームは続きますから、両チームの選手ともに、うまく体のケアを行ってもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
タイトルとURLをコピーしました