スポンサーリンク

【MLB2022移籍】”アグレッシブ”タイガース、レッズからタッカー・バーンハートをトレードで獲得

MLB移籍/FA情報

2022年大注目のタイガースが早速動く!

 現地2021年11月3日、ワールドシリーズが終了した翌日、早速動きが出てきました。

 2022年シーズン、非常に注目しているデトロイト・タイガースが早速動きました。レッズからタッカー・バーンハート(捕手)をトレードで獲得しています。

 そのディールの詳細です。

トレード詳細

タイガースGet

  • タッカー・バーンハート(Tucker Barnhart /31)C/右投げ左打ち

レッズGet

  • ニック・キンタナ(Nick Quintana /24)3B/ 右投げ右打ち

バーンハートはオプションイヤー

 さて、タッカー・バーンハートですが、直近での契約はレッズと4年/$16M (2018-21)+2022 $7.5M クラブOpt($0.5Mバイアウト)という内容でサインしていました。

 今オフは、オプション・イヤーであり、まだFAではなかったので、今回はトレードでのディール成立ということに。

タイガース、早速オプションを行使

 タイガースですが、現地2021年11月3日、タッカー・バーンハートのクラブ・オプションを行使しました。よって、バーンハートの2022シーズンのサラリーはバイアウトも含めて$8Mということになります。

選手紹介

タッカー・バーンハートとは?

 タッカー・バーンハートは、2022年3月31日の開幕時点で31才となる、捕手として非常に脂ののっている選手です。

 ドラフトは2009年のレッズの10巡目指名。高校卒でプロ入りしました。

 デビューは2014年4月3日で23才のとき。高校卒の捕手でプロ入りして、この年齢でデビューしたのはなかなかのものですね。

 レッズの正捕手として、2016年からほとんどを任されるようになりました。メジャー8年で打率.248、OBP .324、SLG .368。HR51、RBI 261。

 2021シーズンは、打率.247、OBP .317、SLG .368、OPS .685。HR 7、RBI 48。二塁打は21本。

 守ってはゴールドグラブ賞を2度受賞(2017、2020)。2021年のCS%は28%。リーグ平均の25%を上回っています。

ニック・キンタナとは?

 タイガースからレッズへ移籍するニック・キンタナは24才の3B。2019年のアマチュア・ドラフトでタイガースから2巡目指名を受け、プロ入り。なお、高校卒の際には、2016年にレッドソックスから11巡目指名を受けています。

 2021年はクラスAとルーキー・リーグを経験。クラスAで82試合、打率.196、OBP .329、SLG .346、HR 9、二塁打16本。

ディフェンス強化

 さて、タイガースの捕手には2022年の開幕時に29才となるエリック・ハース(Eric Haase)がおります。年齢もほぼ変わらないわけですが、エリック・ハースは2021年は98試合の出場のみ。

 そのほかにもダスティン・ガーノー、グレイソン・グライナー、そしてジェイク・ロジャーズもおります。

 ハースの次に多くマスクをかぶったのはジェイク・ロジャースですが、トミー・ジョン手術となっていて、投手よりは復帰は早いものの、2022年の前半は不在と考えた方が良さそうです。

 タイガースにはケイシー・マイズを始め、いいプロスペクト投手がおりますので、GG賞2度受賞のバーンハートの加入でディフェンス面を強化したい模様。

 ハースとバーンハートの2人で回すと思われますが、メインはどちらがなっても!という考えかもしれませんね。

 2022年、非常に有望なタイガース。これはまた追って記事にしますね。扇の要としていい捕手をゲットしましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました