【MLB7月トレード2017】ナッツがブルペン強化!OAKからドゥーリトルとマッドソンを獲得

ナッツ、課題のクローザーを獲得

こんにちは。

今月末のトレード・デッドラインに向けて動きが活発化してきました。

現在ナ・リーグ東地区を順調に走っているナショナルズですが、ポストシーズンに向けブルペン強化に出ました。

ナッツGet

現地2017年7月16日、オークランド・アスレチックスから、右腕のライアン・マッドソン(Ryan Madson)と左腕のショーン・ドゥーリトル(Sean Doolittle)を獲得することになりました。

アスレチックスGet

ナショナルズからアスレチックスへは、ブレーク・トライネン(Blake Treinen)と左腕のプロスペクト、ヘスス・ルザルド(Jesus Luzardo)、プロスペクトの3B、シェルドン・ヌース(Sheldon Neuse)が動きます。

ライアン・マッドソンとは

ライアン・マッドソンは今季36才のベテラン右腕。もうすでに40ゲームを投げています。2勝4敗、2.06ERA。MLB12年のキャリアでリリーフとしての登板では、ERAが2点台から3点台の年が大半であるという安定した成績を残している右腕。信頼がおけます。

ショーン・ドゥーリトルとは

ショーン・ドゥーリトルは今季30才の左腕。今季はここまで23試合に登板。21.1イニングを投げ、奪三振が31という流れを断ち切ることの出来る左腕です。

メジャー6年のキャリアERAが3.06というこれまた安定した数字を残しています。

ブルペンのERAがメジャー・ワーストだったナッツ

今回、ナッツが2人のリリーバーを獲得した背景は、現在のリリーバーのERAの悪さがあります。

ナッツのリリーバーのERA5.31(現地2017年7月16日現在)は、メジャー30球団の最下位。

ちなみにもっとも優秀なブルペンはインディアンスで、ERAが2.91。

これではさすがにいいスターターが居て、いいバッターが居ても非効率です。先行逃げ切りはさすがにシーズン終盤に疲弊しますので、どうしてもブルペンを強化する必要がありました。

ブレイク・トライネンが結果出ず

シーズン開始当初は今回A’sにトレードされるブレーク・トライネンがクローザーを任されるプランだったのですが、どうもうまく行きませんでした。37試合登板でERAが5.73。

いい投手なのですが、直球よりもシンカーなど動くボールをメインで投げる投手なので、短いイニングよりもむしろスターターのほうがいいような気がします。

ずっとクローザーとブルペンに泣かされてきたナッツ、今年こその思い出WS進出を目指します!

現地16日のゲームではレッズに快勝しています。

【Game Score】WSH14, CIN 4 (現地2017年7月16日)

【動画】Recap: WSH 14, CIN 4

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク