スポンサーリンク

【MLB7月トレード2017】ナッツがブルペン強化!OAKからドゥーリトルとマッドソンを獲得

MLB移籍/FA情報

ナッツ、課題のクローザーを獲得

こんにちは。

今月末のトレード・デッドラインに向けて動きが活発化してきました。

現在ナ・リーグ東地区を順調に走っているナショナルズですが、ポストシーズンに向けブルペン強化に出ました。

ナッツGet

現地2017年7月16日、オークランド・アスレチックスから、右腕のライアン・マッドソン(Ryan Madson)と左腕のショーン・ドゥーリトル(Sean Doolittle)を獲得することになりました。

アスレチックスGet

ナショナルズからアスレチックスへは、ブレーク・トライネン(Blake Treinen)と左腕のプロスペクト、ヘスス・ルザルド(Jesus Luzardo)、プロスペクトの3B、シェルドン・ヌース(Sheldon Neuse)が動きます。

ライアン・マッドソンとは

ライアン・マッドソンは今季36才のベテラン右腕。もうすでに40ゲームを投げています。2勝4敗、2.06ERA。MLB12年のキャリアでリリーフとしての登板では、ERAが2点台から3点台の年が大半であるという安定した成績を残している右腕。信頼がおけます。

ショーン・ドゥーリトルとは

ショーン・ドゥーリトルは今季30才の左腕。今季はここまで23試合に登板。21.1イニングを投げ、奪三振が31という流れを断ち切ることの出来る左腕です。

メジャー6年のキャリアERAが3.06というこれまた安定した数字を残しています。

ブルペンのERAがメジャー・ワーストだったナッツ

今回、ナッツが2人のリリーバーを獲得した背景は、現在のリリーバーのERAの悪さがあります。

ナッツのリリーバーのERA5.31(現地2017年7月16日現在)は、メジャー30球団の最下位。

ちなみにもっとも優秀なブルペンはインディアンスで、ERAが2.91。

これではさすがにいいスターターが居て、いいバッターが居ても非効率です。先行逃げ切りはさすがにシーズン終盤に疲弊しますので、どうしてもブルペンを強化する必要がありました。

ブレイク・トライネンが結果出ず

シーズン開始当初は今回A’sにトレードされるブレーク・トライネンがクローザーを任されるプランだったのですが、どうもうまく行きませんでした。37試合登板でERAが5.73。

いい投手なのですが、直球よりもシンカーなど動くボールをメインで投げる投手なので、短いイニングよりもむしろスターターのほうがいいような気がします。

ずっとクローザーとブルペンに泣かされてきたナッツ、今年こその思い出WS進出を目指します!

現地16日のゲームではレッズに快勝しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました