スポンサーリンク

【MLB2022】レッズのソニー・グレイがトレードでツインズに

レッズ、ソニー・グレイを手放す

 現地2022年3月13日、レッズとツインズ間でトレードが成立。前々から噂のあったソニー・グレイが動くことになりました。

 レッズは見返りにかなりいい右腕をゲットしています。

トレード詳細

 このトレードで動くのは3名。

ツインズGet

 ツインズが獲得したのはソニー・グレイとプロスペクト右腕の2人です。

レッズGet

 ソニー・グレイを手放し、レッズが獲得したのは、2021年アマチュア・ドラフトで指名されたばかりの右腕。

 チェイス・ペティーは2003年4月4日生まれの18才。4月の誕生日が来ると19才になります。2021年のレッズの1巡目指名で全体順位26位の投手。

グレイはベリオス・ポジションでローテーションの主軸

 ミネソタ・ツインズは前田健太がトミー ・ ジョン手術のリハビリ中。ローテーション投手の補強は必須でした。

 2019年、2020年とALセントラルを2連覇したツインズでしたが、2021シーズンは、暗転。最下位に沈みました。シーズン半ばで諦めたツインズは2021年7月のトレードデッドラインでエースのホセ・ベリオスをブルージェイズにトレード。

 不調となった原因は投手力。チームERA4.83はア・リーグ15クラブ中、14位。ホセ・ベリオスもツインズでは7勝5敗に留まり(シーズン成績は12勝)、2年連続で機能したマイケル・ピネダも9勝に。さらに、味のある投球を見せていたランディー・ドブナクも不調。新戦力のJ.A.ハップも5勝6敗と波に乗れず。ローテーションがここまで崩れれば、さすがに厳しい成績が待っていますね。

 ただ、打線はいいのです。2021年はHR数はALで2位。

 いかにローテーションを立て直すかが鍵となっていたのでした。

 もともとソニー・グレイのリーダーシップなどを高く評価していたツインズがロックアウト解除後に彼をターゲットにしていたのも、自然なことでした。レッズも出す気配を見せていたので、後は交換要員ということだったのですが、ツインズは期待のトップ・プロスペクトを出して、ソニー・グレイを獲得したということに。

ソニー・グレイの契約

 ソニー・グレイの現在の契約はご覧の通り。

  • 3年/$30.5M(2020-22) + 2023 $12M クラブオプション

 もともとアスレチックスにいたソニー・グレイがヤンキースに移籍したのは2017年のこと。2017年と2018年の2シーズンをヤンキースで過ごし、2019年もということで1月に1年/$7.5Mで調停を避けてサインしていたのですが、レッズとのトレードが成立。

 その際にレッズが、上記条件で上書きしたのがこの契約でした。

 よって、今回獲得したツインズは2022年のサラリーである$10Mと、2023年のクラブオプションの$12Mとで向こう2シーズンを抑えることが可能です。もちろん、ソニー・グレイの今季の活躍が思わしくないなら、クラブオプションを行使せずに手放すことも出来るわけです。最長2年をコントロールしておけるというのは大きいですね。

 ソニー・グレイはMLB9シーズンで82勝72敗、ERA 3.61。2021シーズンは7勝9敗で負けが先行しましたが、SO0は10.3と相変わらず、奪三振の多い投手です。

ペゲーロはパワー・リリバー 

 そして、ツインズがソニー・グレイとともに獲得したのが、フランシス・ペゲーロ。

 ペゲーロは、2021年はクラスAアドバンストで32.2イニングを投げ、36SOをマーク。6セーブ、4.96 ERAをマーク。

 まだまだ荒削りながら、ポテンシャルは非常に高く、なんとかゲーム後半を任せられる投手にというのがツインズ・コーチ陣の課題になりそうです。

厳しさしか見えないレッズ

 レッズはオフシーズン始まってすぐにウェイド・マイリーをウェーバーに上げてカブスにクレームオフされています。

 そして今回、ソニー・グレイを手放しました。リリーバーでしたが、マイケル・ローレンツェンもエンゼルスに移籍しており、レッズには「投壊」という言葉しか浮かんでこない状況となりました。

 レッズは2021年もあと一息でプレーオフというところまで行きましたが、この戦力流出でそれもかなり厳しくなる状況になってきました。もう打って勝つしかありません。

 ルイス ・ カスティーヨとタイラー マーリーがいることはいるのですが、いかんせん数が足らないですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました