スポンサーリンク

【MLB移籍2020】ツインズからFAの「13勝右腕」カイル・ギブソンはレンジャーズと合意へ

新スタジアムオープンのTEXが補強

 現地2019年11月27日、テキサス・レンジャーズも動きました!ツインズからFAとなっていたローテーション右腕のカイル・ギブソンと3年$30Mで合意です。

契約内容

 レンジャーズとカイル・ギブソンの3年$30Mの細かい合意内容は、まず支払いが毎年$10Mずつの均等払い。そのほか、現時点ではオプションは確認できておりません。

カイル・ギブソンとは

 カイル・ギブソンは1987年10月23日生まれで、2020シーズンは32才でのシーズンを迎えます。2009年ツインズ1巡目指名(全体22位)で、デビューは2013年6月29日です。

 メジャー2年めの2014シーズンに13勝12敗で二桁勝利に乗せました。その後は2016年の6勝11敗を除き、全て二桁勝利というかなり勝負強いところをもった投手です。

 そして2019年も13勝7敗、ERA4.84でツインズのア・リーグ中地区制覇に貢献したのでした。

 通算勝利数は67 勝68敗。

静かなフォームから伸びのあるMid-90’s

 カイル・ギブソンは非常に美しいフォームで投げます。激しい投げ方ではなく、非常に静かでしなやかなフォームなので技巧派にも見えますが、ベロシティーは常時95mphほどを記録する安定ぶり。

 持ち珠は4シーム、2シーム、これがそれぞれ95mphほどの速度でファストボール系は2:1ほどの割合で2シームの方が多いです。

 その他、チェンジアップ、スライダー、カーブとほぼ同じ割合で投じる場合が多いです。

 そして普段はこのようなルーティンをこなし、マウンドに上がっているようです。ほぼDailyでやっているとのことです。

 手がチョップのような形になるグラブをはめているのは右肩のローテーター・カフの動きを意識するため。確かにこの方が手の平がどこを向いているが明白になるので、肩の動きを意識するには都合が良さそうです。

 そして前腕部と上腕二頭筋の間に挟んだ風船を前方に投げます。最初は左膝をついて壁に投げ、最終的には立って状態で投げたりするようです。体のひねりを使い、右肩のローテーターカフに効果的に効くように動かしているのがよくわかります。

レンジャーズ・ローテは強力に

 カイル・ギブソンの加入でレンジャーズのローテーションはなかなか良いものになりました。

  • ランス・リン:16-11 ERA 3.67
  • マイク・マイナー(L): 14-10 ERA 3.59
  • アリエル・フラード: 7-11 ERA 5.81 ←32試合中先発は18試合
  • コルビー・アラード(L) : 4-2 ERA 4.96 ← 2015 ATL 1巡目指名

 果たしてこれからのトレードFA市場で、マイク・マイナー当たりがカードとして使われないか、その辺がまだ全く読めないです。マイク・マイナーが動くとしたら、やはりレンジャーズは投手を補強したいですね。

レンジャーズは新スタジアムオープンを控える

 レンジャーズは2020年、グローブ・ライフ・フィールドのオープンを控えています。

 新スタジアム・オープンだから、その年は強く!というフロントの方針は過去のマーリンズ、ブレーブスを見る限りないように思います。

  • 2012 マーリンズ・パーク OPEN: マーリンズ=NL 東地区5位
  • 2017 サントラスト・パーク OPEN : ブレーブス=NL 東地区3位

 この辺はもうチーム編成とファシリティーは別物と割り切っているのがMLB。そうでないとチーム編成は数年かけてじっくりと動いていくものですし、サラリー総額がそもそもスタジアム建設費に匹敵するかどうかという額ですからね。

 ちなみに開閉ルーフのマーリンズ・パークが5億1500万ドルの建設費がかかっているので、似たようなスペックのグローブ・ライフ・フィールドもそれくらいだとしたら、2020年の贅沢税基準額が208M(2億ドル強)で、ざっと208億円くらいですから、ちょうどサラリーの高いクラブの2年から3年分くらいですね。

 マーリンズパークが500億円ほどもするとは改めてすごいとは思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました