スポンサーリンク

【MLB移籍2020】ツインズからFAの「13勝右腕」カイル・ギブソンはレンジャーズと合意へ

新スタジアムオープンのTEXが補強

 現地2019年11月27日、テキサス・レンジャーズも動きました!ツインズからFAとなっていたローテーション右腕のカイル・ギブソンと3年$30Mで合意です。

契約内容

 レンジャーズとカイル・ギブソンの3年$30Mの細かい合意内容は、まず支払いが毎年$10Mずつの均等払い。そのほか、現時点ではオプションは確認できておりません。

カイル・ギブソンとは

 カイル・ギブソンは1987年10月23日生まれで、2020シーズンは32才でのシーズンを迎えます。2009年ツインズ1巡目指名(全体22位)で、デビューは2013年6月29日です。

 メジャー2年めの2014シーズンに13勝12敗で二桁勝利に乗せました。その後は2016年の6勝11敗を除き、全て二桁勝利というかなり勝負強いところをもった投手です。

 そして2019年も13勝7敗、ERA4.84でツインズのア・リーグ中地区制覇に貢献したのでした。

 通算勝利数は67 勝68敗。

静かなフォームから伸びのあるMid-90’s

 カイル・ギブソンは非常に美しいフォームで投げます。激しい投げ方ではなく、非常に静かでしなやかなフォームなので技巧派にも見えますが、ベロシティーは常時95mphほどを記録する安定ぶり。

 持ち珠は4シーム、2シーム、これがそれぞれ95mphほどの速度でファストボール系は2:1ほどの割合で2シームの方が多いです。

 その他、チェンジアップ、スライダー、カーブとほぼ同じ割合で投じる場合が多いです。

 そして普段はこのようなルーティンをこなし、マウンドに上がっているようです。ほぼDailyでやっているとのことです。

 手がチョップのような形になるグラブをはめているのは右肩のローテーター・カフの動きを意識するため。確かにこの方が手の平がどこを向いているが明白になるので、肩の動きを意識するには都合が良さそうです。

 そして前腕部と上腕二頭筋の間に挟んだ風船を前方に投げます。最初は左膝をついて壁に投げ、最終的には立って状態で投げたりするようです。体のひねりを使い、右肩のローテーターカフに効果的に効くように動かしているのがよくわかります。

レンジャーズ・ローテは強力に

 カイル・ギブソンの加入でレンジャーズのローテーションはなかなか良いものになりました。

  • ランス・リン:16-11 ERA 3.67
  • マイク・マイナー(L): 14-10 ERA 3.59
  • アリエル・フラード: 7-11 ERA 5.81 ←32試合中先発は18試合
  • コルビー・アラード(L) : 4-2 ERA 4.96 ← 2015 ATL 1巡目指名

 果たしてこれからのトレードFA市場で、マイク・マイナー当たりがカードとして使われないか、その辺がまだ全く読めないです。マイク・マイナーが動くとしたら、やはりレンジャーズは投手を補強したいですね。

レンジャーズは新スタジアムオープンを控える

 レンジャーズは2020年、グローブ・ライフ・フィールドのオープンを控えています。

 新スタジアム・オープンだから、その年は強く!というフロントの方針は過去のマーリンズ、ブレーブスを見る限りないように思います。

  • 2012 マーリンズ・パーク OPEN: マーリンズ=NL 東地区5位
  • 2017 サントラスト・パーク OPEN : ブレーブス=NL 東地区3位

 この辺はもうチーム編成とファシリティーは別物と割り切っているのがMLB。そうでないとチーム編成は数年かけてじっくりと動いていくものですし、サラリー総額がそもそもスタジアム建設費に匹敵するかどうかという額ですからね。

 ちなみに開閉ルーフのマーリンズ・パークが5億1500万ドルの建設費がかかっているので、似たようなスペックのグローブ・ライフ・フィールドもそれくらいだとしたら、2020年の贅沢税基準額が208M(2億ドル強)で、ざっと208億円くらいですから、ちょうどサラリーの高いクラブの2年から3年分くらいですね。

 マーリンズパークが500億円ほどもするとは改めてすごいとは思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました