スポンサーリンク

【MLB2022FA】ジャイアンツ、右腕のアンソニー・デスクラファニーと3年36Mドルで再契約

【SFG】2021復調右腕と3年契約

 現地2021年11月22日、2021シーズンを大いに盛り上げてくれたサンフランシスコ・ジャイアンツが大きなディールをまとめ上げました。

 ローテーションの柱として特に前半戦を大いに牽引したアンソニー・デスクラファニー(Anthony DeSclafani)と3年で再契約です。

契約内容

 ディールは以下の合意内容となっています。現時点ではオプションなどは入っていない模様。

  • 3年/$36M(2022-2024)
    • $12M/年 x 3

2021年の契約

 ちなみに2021シーズンは以下の内容となっていました。

  • 1 year/$6M (2021)
    • パフォーマンス・ボーナス: $0.625M/ 140, 160, 180, 200 IP達成ごとに
      • 2021年は167.2イニングを達成。よって、$0.625M x 2 =$1.250M
    • サラリーとパフォーマンス・ボーナスの半分は繰延払い。
      • サラリー$3Mを $0.75Mずつ受け取り ( 1/15/22、 1/31/22、 2/15/22、 3/1/22の4回にわたり)+ボーナスの半分$0.625Mを4回で$0.156Mもそれぞれに加算

QOは提示されず

 アンソニー・デスクラファニーは今オフ、クオリファイング・オファーの有資格がありましたが、ジャイアンツからは提示されず。

 もっとも前年が$6Mだったので、$18.4Mはクラブ側としてはさすがにジャンプしすぎだと判断したのでしょう。

 それに現時点で31才という年齢を考えた場合、$12M x 3年は大きく上昇しすぎず、尚且つプレーヤー側にとっても34才までということなら、双方にとってはWIN-WINな内容に思えます。

 なお、アグレッシブなタイガースがアンソニー・デスクラファニーに関心を寄せていたため、それもマルチ・イヤー・ディールの後押しをしたと思われます。

前年1勝から13勝へ

 2020年は短縮シーズンとなり、両リーグを通じた最多勝がシェーン・ビーバーとダルビッシュ投手の8勝だったことから、投手は勝ち星がなかなかつかないシーズンではありました。

 レッズ最終年を9試合、7スタートで1勝2敗、ERA 7.22で終えたアンソニー・デスクラファニーにとって、あまりいいFAのスタートとはなりませんでした。

 しかし、ジャイアンツと1年で合意。2020年の成績がもう少し良ければマルチ・イヤー・ディールもあり得たとは思います。パフォーマンス・ボーナスでなんとか色とつけたという形になりました。

右肩大円筋が復調

 2020年の不調の原因はやはり怪我。右肩大円筋と言って、肩の後ろの筋肉を傷めていたことによるもの。フォームを知っている方なら、何か納得!という箇所かもしれませんね。

2021年も怪我はあったが6月に怒涛の白星 

 2021年も春先には、やはり右肩の疲れによる離脱もありヒヤッとしましたが、すぐに復帰しました。

 4月、5月は11試合に登板。4月は2勝ながら全5試合が素晴らしい出来で、4月26日のロッキーズ戦には3ヒッターのシャットアウト勝利をマーク。5月に肩の疲れが出て、5月23日のドジャース戦には10失点して大炎上したこともありましたが、悪かったのはその1試合のみ。

 そして勝ち星がついてまわってきたのが、6月。6月は5試合で4勝1敗。これがオールスター前まで続き、前半だけで自己最多の10勝をマークしました(10勝4敗)。

 後半戦に3勝しか勝てなかったのは足首の怪我によるもの。ちょうど入れ替わるようにしてローガン・ウェブが後半戦に大活躍したのでした。

 デスクラファニーも最終月の(9/10月)に6試合に登板し、ローテーションをしっかりと支えました。

怪我だけ

 アンソニー・デスクラファニーの場合はヘルシーであれば今季のような活躍を見せてくれそうです。なんとかコンディションを維持していいゲームメイクをしてもらいたいですね。

アレックス・ウッドもまもなく

 なお、ジャイアンツは左腕のアレックス・ウッドともまもなく合意となりそうです。

 着々と編成を仕上げて行っているザイディ社長でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました