スポンサーリンク

【MLB2022FA】エンゼルス、ベテラン左腕のアーロン・ループと2年17Mドルでサイン

待望のブルペンをまずは1人確保

 現地2021年11月22日、ロサンゼルス・エンゼルスが課題であったブルペン投手陣を補強。メッツからFAのアーロン・ループ(Aaron Loup)とサインしました。

契約内容

 エンゼルスとアーロン・ループの契約は以下の通り。

  • 2年/$17M (2022-2023) + 2024 $7.5M クラブオプション($2Mバイアウト)
    • 支払い:$7.5M x 2

ベテラン左腕と2年のマルチイヤー・ディールで、バイアウト付き。しかも結構な額ですね。

2021年は完璧な仕事ぶり

 アーロン・ループは1987年12月19日生まれで、現時点で33才。12月の誕生日で34才になります。

 ベテラン左腕と2年のマルチ・イヤー・ディールで$2Mものバイアウトがついたのはアーロン・ループ側が強気に出たなと思わせます。

 そうなったのはおそらく2021年の成績にあります。そもそも2020年オフにFAとなったアーロン・ループはメッツと2021年1月31日にサイン。この時のサラリーが公開されていないのですが、ジョン・ヘイマンさんの情報では1年/$3Mとのことでした。

 そのアーロン・ループの2021シーズンですが、「素晴らしすぎる」の一言に尽きます。

 65試合、56.2イニングに登板し、6勝0敗でERAがなんと0.95! 完璧ですね。奪三振が57ですから、三振の欲しい場面できっちり三振を取ってきたと言っても過言ではないでしょう。

 投げてきたのはセットアップにたどり着く前の6回、7回が大半。ゲームの行方が左右される中盤から後半にかけての厳しいシチュエーションでの登板でこの数字はすごいとしか言いようがありませんね。

 ちなみに、メジャー10シーズンを経験しているアーロン・ループですが、2021シーズンは初めて先発も経験。2試合でオープナーでしたが、ショートイニングをしっかりと抑えていずれもパーフェクトでした。

2020年、レイズで活躍

 そんなアーロン・ループはキャリア前半はブルージェイズのブルペンで活躍。2014年と2017年は70試合以上に登板しました。

2018-19年は肘を痛める

 ブルージェイズには7シーズン(2012年-2018年前半)在籍。2018年のトレードデッドラインでフィリーズへ移籍。しかしフィリーズ移籍後は右肘前腕部の屈筋を傷め、IL入り。ちょっとやばい箇所ですね。2018年は前半のブルージェイズでは50試合に登板するも、フィリーズでは9試合の登板に終わりました。

 また、2019年はパドレスに移籍したのですが、やはり左肘の痛みが消えず、結局このシーズンも4試合のみの登板に終わり、オフにはほぼリリースされるような形でクラブオプションを拒否されたのでした。

 2020年、レイズとはマイナー・ディールでサイン。メジャーに上がれば、$1.65Mという契約でしたが、2020年はご承知の通り、ショートシーズンとなりサラリーは日割りであったため、満額でも$0.495Mという状況でした。実際は、さらにメジャーに上がってからの日割りですから、もっと少なかったですね。

 2020年は24試合に登板。ERAは2.52と素晴らしい数字を残したのでした。

ポストシーズンで大活躍

 2020年、レイズはワールドシリーズに進出。アーロン・ループはポストシーズンにおいても素晴らしい活躍を見せました。ALCSでは4試合でERAは0.00。ワールド・シリーズでは打たれた場面もありましたが、ドジャースの左のいいバッター達を大いに苦しめたのでした。

 

エンゼルスには頼もしい味方 

 肘に不安がないと言えば嘘になりますが、アーロン・ループがいることでエンゼルスのブルペンはかなり改善しそうです。ゲーム後半にいい左バッターと対する時に起用されることでしょう。

 エンゼルスはライセル・イグレシアスがFA。クローザーともうひとりブルペンで頑張る投手が欲しいところですね。

 大谷選手の勝率も上がるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました