スポンサーリンク

【レンジャーズ#29】エイドリアン・ベルトレの永久欠番を祝うセレモニーが華やかに開催され、笑いに包まれる

背番号29はレンジャーズの永久欠番に

現地2019年6月8日(土)、グローブ・ライフ・パーク・イン・アーリントンでエイドリアン・ベルトレの背番号29がリタイアード・ナンバー(Retired Number:永久欠番)になったことを記念するセレモニーが行われました。

セレモニーはGame2の前に

もともと2月の告知ではこの日のゲーム開始20:05前の19:35分ころから開始される予定でした。

セレモニーはほぼ予定通りに開催されたのですが、当日はダブルヘッダーでした。4月13日のアスレチックス@レンジャーズ戦が雨でリスケジュールとなったゲームがセレモニーの前のGame1で行われ、レンジャーズが10-5で勝利しています。

BOX SCORE (Game1)

ベルトレの人となりが出た素晴らしいスピーチ

そのセレモニーですが、これがなかなかよかったですね。

とにかくベルトレの人となりが出た素晴らしいセレモニーだったと思います。

エイドリアン・ベルトレとは

エイドリアン・ベルトレの実績をさらっとお伝えしますと、メジャー通算21年で3,166安打、477本塁打、636二塁打、1,707 RBIを達成。通算打率は.286。

Awardはゴールドグラブ賞5回、プラチナ・グラブ賞2回、シルバースラッガー賞4度、オールスター4度。

タイトルは2013年安打数1位(199安打)。2004年ホームランタイトル(48本)。

Career: 477 HR (30th), .286 BA, 1707 RBI (24th), 3B, 4xAllStar, 5xGG, Rangers/Dodgers/... 1998-2018, b:R/t:R, 1x HR Leader, born in Dominican Republic. 1979

感謝のスピーチ

これだけの実績を積みながら、スピーチでは家族の支えだけでなく、自分のキャリアにとって大事な人たちの名前を読み上げました。

特にレンジャーズのトレーナー、メディカル・スタッフへの感謝の言葉を述べたところはよかったですね。

トミー・ラソーダやマイケル・ヤングも駆けつけた!

そしてめでたい日を祝うようにドジャースでのキャリアをスタートさせた時のボス、トミー・ラソーダも式典に駆けつけました。

そしてレンジャーズと言えば、マイケル・ヤングですね。彼も式典に駆けつけています。

ほかにラウル・イバニエスデービッド・マーフィー、ブロードキャスターのエリック・ナデル、そしてGMのジョン・ダニエルズ。

こういうところが愛される理由でしょうね。

アンドラスからカスタム・ローブのプレゼント

そして、やはり笑いもありました。

エルビス・アンドラスがプレゼントしたのはチームのみなで特注したベルトレの背番号の入ったバスローブ。

また似合っていましたね。

そして去り際にやはりいたずらをしてくれました。

本当にこの二人のコンビ芸はよいですね。

引退しても愛され続けるベルトレでした。

今度は監督としてグランドに呼ばれそうですね。

レンジャーズのRetired Number

レンジャーズの永久欠番はベルトレで5番目です。

なおダブルヘッダーのGame2もレンジャーズが3−1で勝利。先発のエイドリアン・サンプソンがアスレチックス打線から完投勝利を上げています。

BOX SCORE (GAME 2)

お読みいただき、ありがとうございました。

現地2018年11月20日、テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(Adrian Beltre)が現役引退を表明しました。 ...
スポンサーリンク