スポンサーリンク

【MLBプレーヤー】チッパー・ジョーンズ、2012シーズンで引退

レジェンド

ScreenHunter_04 Mar. 23 15.59

↑とてもかっこいい姿勢でボールをひきつけるチッパー・ジョーンズ

 

 

こんにちは。

 

アトランタ・ブレーブスのチッパー・ジョーンズ2012シーズンでもって引退することを表明しました。

 

日本人にとっては、”チッパー”は特別な存在の一人です。なぜか?

 

MLBを日本人にとても身近な存在にしてくれた野茂投手と95年に新人王を争った選手だからです。

 

当時は、野茂さんか、チッパーかで新人王争いにドキドキしたものです。

 

それに、この頃からMLBを見始めた人にとっては、アトランタ・ブレーブスとはなんと強いチームなのだろうか?と感心していたはずです。

 

マダックス、トム・グラビン、スモルツがいた90年代最強のブレーブスに突如現れたいきのいい若者。それがチッパー・ジョーンズでした。

 

背番号が「10」というのも、印象がよかったかもしれません。MLBの有名選手は大きい番号を好む傾向がある中に、日本人にも得心のいく若い野手番号がつけていたからです。

 

当時は背番号が大きいとファームの選手というイメージが強かったんですよね。

 

ここで、簡単にチッパー・ジョーンズを紹介させていただきます。

 

1972年4月24日生まれの40才。主に3塁を守り、右投げスイッチヒッター。

 

”チッパー”とは愛称で、本名は、ラリー・ウェイン “チッパー” ジョーンズ・ジュニア
(Larry Wayne “Chipper” Jones, Jr.)
といいます。

 

なぜ”チッパー”と呼ばれるようになったかと言えば、『父親に非常にそっくりだったため、
「ア・チップ・オフ・ジ・オールド・ブロック(A chip off the old block :親にそっくりな男の子)」という言葉からチッパーの愛称で呼び親しまれるようになった。』

 

経緯からだそうです。(WIKIより)

 

チッパーはチャンスにも強く、とても記憶に残る選手なのですが、スタッツ(成績)を見てもその凄さをうかがい知ることができます。

 

チッパースタッツMLB

チッパージョーンズのスタッツ(MLBのみ。マイナーは含まず)クリックで拡大

 

OBP(On Base Percentage=出塁率).402は、ジョー・ディマジオ(.398)より高く、
通算のOPS(ON BASE PLUS SLUGGING ※=出塁率と長打率とを足し合わせた値).935は、
ハンク・アーロン(.928)より高く、フォアボール1455はアル・ケーライン(1277)よりも多く、本塁打454は、カール・ヤストレムスキー(452)やカル・リプケン(431)より多いのです。

 

※ OPSは、.800を超えれば一流、.900を超えるとオールスター級の優秀な打者、1.000を超えると球界を代表する強打者と言われています。

 

歴代の名だたるプレーヤーと比較できるところがスゴイですよね。その他、チッパーのデータです。

 

チッパースタッツ下半分
チッパー・ジョーンズの成績 シーズン25位以内(クリックで拡大)

 

チッパーアウォード

チッパー・ジョーンズの受賞歴(クリックで拡大)

 

 

これらの成績は2011年までの成績です。残り1シーズン、我々を楽しませて欲しいですね!

 

 

>>>CHIPPER JONES プロフィール>>>

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました