スポンサーリンク

【MLBニュース2019】プホルズ、キャリア通算2,000RBIを達成!しなやかな打撃フォームに進化(追記あり)

2,000打点目はHRで達成!

現地2019年5月9日、コメリカで行われたエンゼルス@タイガース戦で、エンゼルスのアルベルト・プホルズがキャリア通算2,000RBIを達成しました!

しかもHRでの達成です!

Congratulations!

プホルズ、まさにレジェンド

キャリア2,000RBIを達成したプホルズ。

菊池投手が初勝利を上げた現地2019年4月20日のマリナーズ戦でキャリア通算1992RBIに。これでベーブ・ルースの記録を超えたのですが、そこからはまさにすごろくのようにレジェンド達が達成したマイルストーンを超えて行っております。

ルー・ゲーリックも超え、バリー・ボンズも超えました。

そして現在はMLB史上で単独3位の状態。

この日の打点で2019シーズンの打点が18となりました。

イチロー選手と同期の2001年デビュー

もう有名な話ですが、プホルズのデビューは2001年ですから、イチロー選手と同期です。年齢はもちろんプホルズの方が下で現地2019年5月9日時点で39才。

二人は2001年ROYに輝きました。

プホルズ、足を上げてタイミングを取るように進化

プホルズの打撃フォームは足が上がるようになりました!

筆者などは見どころが甘いのか、そういえば昔はこんなしなやかな動きじゃなかったと気づき調べてみると、やはりそうでした。

若い頃は「マシーン」と呼ばれるくらいに動きに無駄がないフォームでした。

ステップは今の大谷選手のようなタイミングのとり方で、腕の動きも今のようにグリップが軽く上下することもなく、構えたところからそのまま出していたようなイメージのフォームでした。

ところがここ数年でしょうか。

スイングがしなやかでよりかっこよくなりました。やはり腕をヒッチすることで柔らかく見えますし、足の上げ方が自然の流れの中の動作なのでとてもしなやかに見えます。

追記:現地2019年5月11日のオリオールズ戦

プホルズの打撃フォームのしなやかさが発揮されたシーンがありましたのでご紹介させていただきます。現地2019年5月11日のオリオールズ戦で、5打数3安打、うちHR2本、RBI3という素晴らしい活躍。

とにかくこの柔らかいフォームをご覧ください。これなら今季は体調さえよければかなりの数字を残しそうに思います。きれいなスイングです!!

今季中のAロッド超えなるか??

2018年のプホルズは出場試合も減りましたので、打点は64でした。その前年の2017年は101、2016年は119。

今季はすでに18打点を記録しているので、予測として80から100の間というところでしょうか。

となると、今季中のA・ロッドの2,086打点超えはちょっと厳しいかもわかりませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました