スポンサーリンク

【MLB移籍2018】LAD、CWS、KCRで三角トレード!ホアキム・ソリアなどが移籍

MLB移籍/FA情報

三角トレード成立!

現地2018年1月4日、ドジャース、ホワイトソックス、ロイヤルズ間で三角トレードが成立。このような感じで動きました。

【ドジャースへ】

  • スコット・アレクサンダー(Scott Alexander ロイヤルズ・LHPリリーバー)
  • ジェイク・ピーター (ホワイトソックス・マイナー内野手)

【ホワイトソックスへ】

  • ルイス・アビラン(Luis Avilan ドジャース・LHPリリーバー)
  • ホアキム・ソリア(Joakim Soria ロイヤルズ・RHPリリーバー)
  • + 300万ドル(LADから200万ドル、KCRから100万ドル)

【ロイヤルズへ】

  • トレバー・オークス(Trevor Oaks ドジャース・RHPプロスペクト)
  • エリック・メヒア(Erick Mejia ドジャース・マイナー内野手)

それぞれのメリット

ホワイトソックス

このトレードで戦力的にはホワイトソックスがブルペン強化に大成功しています。アビラン、ソリアともに実績のあるリリーバーです。

ドジャース

また、ドジャースもゴロ製造機の異名を持つスコット・アレクサンダーを獲得できたことで、アビランの穴は埋められています。

ロイヤルズ

ロイヤルズに関しては実績のある二人のリリーバーを放出してどう試合を作る気なのかいささか心配になりますが、これは資金事情もあるようです。

2015年オフにFAのホアキム・ソリアと契約したロイヤルズには2018年に900万ドルの年俸の支払いが残っていました。しかし、今回ソリアを放出することで彼の年俸負担をクリアーにし、その資金でエリック・ホズマーを呼び戻そうという算段のようです。

なかなか全体最適とまで行かないですが、ロイヤルズのGMもなかなか難しいハンドリングを求められています。これでロレンゾ・ケインも出そうですから、どうするのでしょうか!?

GMの腕の見せ所ですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました