スポンサーリンク

【MLB移籍噂2021】どうなる?インディアンスのSS、フランシスコ・リンドーア

気になるSSの今の状況は?

 FAではないものの、調停ファイナルイヤーで今オフシーズンに移籍が注目されているインディアンスのSSのフランシスコ・リンドーア(Francisco Lindor)。ストーブリーグ開始直後はその動向が多いに注目されましたが、ここのところ、報道上の動きは沈静化。

 どうなっているのか、記載していきたいと思います。

むしろ活発化している

 今現在の話を記載していきたいと思いますが、情報が表面化していないだけで、どうやら動き自体は活発化しているようです。

2021年リンドーアのサラリーは$25Mレンジ

 はじめにフランシスコ・リンドーアの2020年のサラリーですが、1年/$17.5Mでした。

 MLSが5.113のリンドーアは上記の通り、調停ファイナルイヤーでこれから2021年のサラリーが決まります。今のところ、調停を避けてサインするとすればそのレンジは$25M前後と言われています。

ムーキーのケースと似ている

 調停のファイナルイヤーという点でも、フランシスコ・リンドーアはムーキー・ベッツのケースとよく似ています。レッドソックスは現地2020年1月10日のArbitration Deadline(アービトレーション・デッドライン)で、ムーキーのサラリーを$27Mで決着させました。

 そしてサラリー決定後の現地2020年2月9日、ドジャースへのトレードがファイナライズされました。

 なお、ムーキーの現契約は現地2020年7月22日に合意した12年/$365M(2021-32)。実支払いの額は上記リンクに記載しています。贅沢税上の計算はあくまで年均等割ですから、ムーキーの2021年のサラリーは$31Mという計算です。

1月15日が一つの目安

 2021年のアービトレーションデッドラインは1月15日。フランシスコ・リンドーアはこの日までにトレードを成立させるか、あるいはインディアンスが$25M目安でサインするかが決まります。おそらく昨年のレッドソックスとムーキー・ベッツのように一旦はインディアンスが決着させると思います。

候補

 リンドーアのディールは大きな話になりますので、今水面下で色々とやり取りが発生しているようです。

ドジャース

 前年からフランシスコ・リンドーアに関心のあるドジャース。ナ・リーグ西地区ライバルのパドレスがブレイク・スネルとダルビッシュ投手をトレードで獲得したことで、かなりお尻に火がついている様相です。

 それでもドジャースの場合は、ブルペン強化を図ってほしいところですが、ことフランシスコ・リンドーアに関しては温度が別のようです。高いです。

 ドジャースにはコーリー・シーガーという素晴らしいSSがいますが、シーガーが2021年終了後の2022年にFAとなることから、リンドーアをSSとして獲得することも一つのプランとして考慮されているようです。そしてその場合、コーリー・シーガーは1年だけ2Bへ移動。ワールドシリーズMVPを獲得したことで、いかに勝負強いバッターかが証明されたので、そのままFAで放出というのはとてももったいない気がしますが。

 なお、ドジャースの2020年の贅沢税上のサラリーの計算は$225.4M 。基準額が$208Mですから、$17Mほど超過。

 ただ、これはファイナルではないので、各定額はもう少しお待ちください。

ドジャースのあと2つのパターン 

 なお、キケ・ヘルナンデス、ジャスティン・ターナーをFAで放出しているドジャースは2Bと3Bスポットを探しているのも事実。フランシスコ・リンドーア補強の他に以下のパターンも考慮しているようです。噂です。あくまで。

トレバー・ストーリーのパターン

 トレーバー・ストーリーの現在の契約は2年/$27.5M (2020-21)。2021年の支払いは$17.5Mです。まだFAではないトレバー・ストーリーを獲得するにはトレードが必要。

DJ.ルメイヒューのパターン

 そしてFAでヤンキースとの交渉でまだ着地点が見いだせていないD.J.ルメイヒューを3B、あるいは2Bで補強するというパターン。この場合、プロスペクト放出は不要です。

ヤンキース

 実はヤンキースもフランシスコ・リンドーア補強のチャンスを伺っているという噂も。

 ヤンキースはSSにグレイバー・トーレスがいますが、SSにリンドーア、2Bにトーレスというパターン。ヤンキースの場合、一旦は単年でサインすることも考えられます。ドジャースがムーキーと結んだような翌年からの複数年の契約をするかどうかはまた別として。

インディアンス残留は?

 インディアンスがポストシーズンに進出するにはフランシスコ・リンドーアの残留は必要不可欠。SSにプロスペクトをあてがうこともできますが、やはりWARが違います。

 やっかいなことにインディアンスのオーナーはサラリー削減がマストという考えを崩していない模様です。よって、$25M前後のサラリーでサインした場合、もう放出というふうに舵を切らざるを得ない状態です。

 2020年もトレードの噂がありつつも、リンドーアをキープしたフロントオフィス。頑張ったのですが、さすがに今回ばかりは抵抗してもかなわない状況のようです。

 今少し、様子を見てみましょう。大きな話になるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました