スポンサーリンク

【MLB2021】マーリンズ、左腕のロス・デトワイラー、FA捕手のサンディー・レオンらとサイン

MIA、アングGMの編成が動き始める

 キム・アングさんが新GMとなったマーリンズ。2020年内はアンダースローのアダム・シンバーを金銭トレードで獲得し、右腕のホセ・ウリーナをDFAとしてロスター調整したのみで動きが少なかったのですが、2021年に入り、進めていた話がようやく結果となって出てきました。

 なお、ホセ・ウリーナはDFA後、FAとなり、すでにデトロイト・タイガースと1 年/$3.25M (2021)のディールでサインしています。

ロス・デトワイラーとサイン

 2021年にどこよりも早くメジャー契約を結んだのはキム・アングGMのマーリンズでした。現地2021年1月1日に、ジャーニー・マン左腕のロス・デトワイラー(Ross Detwiler )と1年で合意しました。

契約内容

 ロス・デトワイラーとマーリンズは1年/$0.85Mという内容でサイン。オプションはついておらず、パフォーマンスボーナスとして、60試合、70試合の登板の節目でそれぞれ$0.05Mのボーナスがついてきます。最大で$0.1Mです。

デトワイラーの2020年のサラリー

 ロス・デトワイラーの2020年のサラリーは$0.8M。今回はそれに上乗せした金額設定となっており、フルにボーナスを得たとしたら$0.95Mと$1Mに届かない額です。

2020年がキャリアハイとなったロス・デトワイラー

 1986年3月6日生まれのロス・デトワイラーはシーズン開幕前に35才の誕生日を迎えます。

 もともとは2007年のアマチュア・ドラフトでナショナルズから1巡目指名を受けてプロ入りした逸材(全体順位は6位)。196cmの高身長のサウスポーですから、これは人気が出ますね。

 2007年、21才の時にメジャー・デビュー。ただし、このシーズンは1イニングのみの登板で終わりました。

 翌2008年はメジャーのマウンドに上がることはありませんでした。クラスAで26試合に先発。124.0イニングを投げ、8勝8敗でERAは4.86。

 メジャーでの本格稼働は2009年からです。主にスターターを任され、2012年には33試合中27試合に先発し、10勝8敗。ERAは3.40をマーク。大いに期待されたのですが、2014年からはリリーバーとしての登板が増えました。

 ナショナルズで大いに羽ばたいてほしかったのですが、今ひとつ伸びず。それがジャーニー・マンになった要因でもあります。

 2015年はブレーブスとレンジャーズに所属。この年はコントロールが荒れ、特にブレーブスではBB9が9.4をマーク。非常に苦しんだシーズンとなりました。2016年はアスレチックスとインディアンスに所属。2017年はメジャーでの登板はありませんでした。

 2018年にはマリナーズに、2019年からホワイトソックスでプレーしていました。

 2019年は18試合中、12試合に先発するも、ERAは6.59と悪化。これはさすがにキャリア終焉かというような厳しいという内容でした。

 しかし、2020年にようやく安定した投球を見せ、キャリアハイをマーク。16試合すべてにリリーバーとして登板し、1勝1敗、ERAは3.20。

 2019年には比率が1.9%だったスライダーが2020年には30.5%に。これが改善の大きなポイントになったようです。4シーム、シンカーはアベレージで91-92mphを安定して計測するだけにようやく武器を手に入れたというところかと思います。

 なんとか食らいついている感じのするロス・デトワイラー。あの高身長から繰リ出される角度のあるボールを2021シーズンも磨いてもらいたい思います。ナ・リーグ東地区で結果を出せば、さらに信頼を得られますね。

 さて、マーリンズはほかにディールも成立させています。

サンディー・レオンとマイナー契約

 現地2021年1月3日、マーリンズはFA捕手のサンディー・レオン(Sandy León)とマイナー契約を結びました。

 2020年は$2Mの契約内容でインディアンスとサインしたサンディー・レオン。2020年10月末にFAになっていました。レッドソックス時代はクリス・セールのパーソナル・キャッチャーと言ってもいいような位置づけでもあったので、クリス・セールが2021年後半に復帰する予定でもあることから、レッドソックスがサインするかとも思っていましたが、マーリンズの方が先にオファーしたようです。

 2020年は25試合に出場し、打率が.136。2016年には78試合の出場ながら、打率.310をマークしたこともあったのですが、とにかく打撃が弱いのがサンディー・レオンの痛いところでもあります。

 マーリンズではなんとか打率を上げてもらいたいとは思います。

その他のディール

 その他、マーリンズは現地2021年1月3日に、以下の選手ともサイン。

  • ブライアン・ナバレト(26才): C/ マイナーディールで再契約
  • エディー・アルバレス(30才): INF/ マイナーディールで再契約

噂:エディー・ロサリオとも交渉中

 ツインズからノンテンダーFAとなったエディー・ロサリオですが、どうやらマーリンズとの交渉がかなり大詰めになってきた模様です。

 どうなるでしょうか?

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました