スポンサーリンク

【MLB2021】マーリンズ、左腕のロス・デトワイラー、FA捕手のサンディー・レオンらとサイン

MIA、アングGMの編成が動き始める

 キム・アングさんが新GMとなったマーリンズ。2020年内はアンダースローのアダム・シンバーを金銭トレードで獲得し、右腕のホセ・ウリーナをDFAとしてロスター調整したのみで動きが少なかったのですが、2021年に入り、進めていた話がようやく結果となって出てきました。

 なお、ホセ・ウリーナはDFA後、FAとなり、すでにデトロイト・タイガースと1 年/$3.25M (2021)のディールでサインしています。

ロス・デトワイラーとサイン

 2021年にどこよりも早くメジャー契約を結んだのはキム・アングGMのマーリンズでした。現地2021年1月1日に、ジャーニー・マン左腕のロス・デトワイラー(Ross Detwiler )と1年で合意しました。

契約内容

 ロス・デトワイラーとマーリンズは1年/$0.85Mという内容でサイン。オプションはついておらず、パフォーマンスボーナスとして、60試合、70試合の登板の節目でそれぞれ$0.05Mのボーナスがついてきます。最大で$0.1Mです。

デトワイラーの2020年のサラリー

 ロス・デトワイラーの2020年のサラリーは$0.8M。今回はそれに上乗せした金額設定となっており、フルにボーナスを得たとしたら$0.95Mと$1Mに届かない額です。

2020年がキャリアハイとなったロス・デトワイラー

 1986年3月6日生まれのロス・デトワイラーはシーズン開幕前に35才の誕生日を迎えます。

 もともとは2007年のアマチュア・ドラフトでナショナルズから1巡目指名を受けてプロ入りした逸材(全体順位は6位)。196cmの高身長のサウスポーですから、これは人気が出ますね。

 2007年、21才の時にメジャー・デビュー。ただし、このシーズンは1イニングのみの登板で終わりました。

 翌2008年はメジャーのマウンドに上がることはありませんでした。クラスAで26試合に先発。124.0イニングを投げ、8勝8敗でERAは4.86。

 メジャーでの本格稼働は2009年からです。主にスターターを任され、2012年には33試合中27試合に先発し、10勝8敗。ERAは3.40をマーク。大いに期待されたのですが、2014年からはリリーバーとしての登板が増えました。

 ナショナルズで大いに羽ばたいてほしかったのですが、今ひとつ伸びず。それがジャーニー・マンになった要因でもあります。

 2015年はブレーブスとレンジャーズに所属。この年はコントロールが荒れ、特にブレーブスではBB9が9.4をマーク。非常に苦しんだシーズンとなりました。2016年はアスレチックスとインディアンスに所属。2017年はメジャーでの登板はありませんでした。

 2018年にはマリナーズに、2019年からホワイトソックスでプレーしていました。

 2019年は18試合中、12試合に先発するも、ERAは6.59と悪化。これはさすがにキャリア終焉かというような厳しいという内容でした。

 しかし、2020年にようやく安定した投球を見せ、キャリアハイをマーク。16試合すべてにリリーバーとして登板し、1勝1敗、ERAは3.20。

 2019年には比率が1.9%だったスライダーが2020年には30.5%に。これが改善の大きなポイントになったようです。4シーム、シンカーはアベレージで91-92mphを安定して計測するだけにようやく武器を手に入れたというところかと思います。

 なんとか食らいついている感じのするロス・デトワイラー。あの高身長から繰リ出される角度のあるボールを2021シーズンも磨いてもらいたい思います。ナ・リーグ東地区で結果を出せば、さらに信頼を得られますね。

 さて、マーリンズはほかにディールも成立させています。

サンディー・レオンとマイナー契約

 現地2021年1月3日、マーリンズはFA捕手のサンディー・レオン(Sandy León)とマイナー契約を結びました。

 2020年は$2Mの契約内容でインディアンスとサインしたサンディー・レオン。2020年10月末にFAになっていました。レッドソックス時代はクリス・セールのパーソナル・キャッチャーと言ってもいいような位置づけでもあったので、クリス・セールが2021年後半に復帰する予定でもあることから、レッドソックスがサインするかとも思っていましたが、マーリンズの方が先にオファーしたようです。

 2020年は25試合に出場し、打率が.136。2016年には78試合の出場ながら、打率.310をマークしたこともあったのですが、とにかく打撃が弱いのがサンディー・レオンの痛いところでもあります。

 マーリンズではなんとか打率を上げてもらいたいとは思います。

その他のディール

 その他、マーリンズは現地2021年1月3日に、以下の選手ともサイン。

  • ブライアン・ナバレト(26才): C/ マイナーディールで再契約
  • エディー・アルバレス(30才): INF/ マイナーディールで再契約

噂:エディー・ロサリオとも交渉中

 ツインズからノンテンダーFAとなったエディー・ロサリオですが、どうやらマーリンズとの交渉がかなり大詰めになってきた模様です。

 どうなるでしょうか?

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました