スポンサーリンク

【MLB移籍2023】ロイヤルズ、ジャッキー・ブラッドリー・Jr.を獲得!

ジャッキーはロイヤルズへ

 現地2023年3月1日、トロント・ブルージェイズからFAとなっていたJBJことジャッキー・ブラッドリー・Jr.(Jackie Bradley Jr. )のディールが決定。カンザスシティ・ロイヤルズとサインしました。

ただし、マイナー・ディール

 契約は残念ながら、マイナー・ディールです。これは致し方ありませんね。

 なお、ロイヤルズはジャッキーをスプリング・トレーニングに招待しております(NRI: Non Roster Invitee)。

OFとして最高品質

 開幕してすぐの4月19日に33才となるジャッキー・ブラッドリー・Jr.は、やはり守備は非常に魅力的。

 2013年にデビューして以来過去10年のキャリアで、最高の守備力を持つOFの一人として称賛されています。

 ジャッキーはキャリア通算のUZRことアルティメット・ゾーン・レーティング(Ultimate Zone Rating)で53.2をマーク。DRS ことディフェンシブ・ラン・セーブ(Defensive Runs Saved)は74を誇ります。

UZRとは

 UZRは、選手の守備全体のパフォーマンスを数値化し、守備者がどれだけ走者を救えたかを測定しようとするもの。エラー、守備範囲、外野手としての肩、ダブルプレーの能力などを考慮します。DRSとは計算式が若干異なるものの、コンセプトは同じ。

Ultimate Zone Rating (UZR) | Glossary | MLB.com
The Official Site of Major League Baseball

DRSとは

DRSは、選手の守備全体のパフォーマンスを数値化するもので、守備選手がどれだけ得点を与えなかったかを測定しようとするもの。エラー、守備範囲、外野手としての肩、ダブルプレーの能力などを考慮します。UZR(アルティメット・ゾーン・レーティング)とは計算式が若干異なるだけで、コンセプトは同じです。

Defensive Runs Saved (DRS) | Glossary | MLB.com
The Official Site of Major League Baseball

打撃が鍵

 そんなジャッキー・ブラッドリー・Jr.ですが、いかんせん打撃力が安定していません。

 レッドソックス時代の2016年には打率.262、OBP .345、SLG .489をマーク。このまま乗って行けるか?と思われたのですが、良かったのは短縮シーズンとなった2020年に打率.283をマークしたのみ。その後も打率は伸びず、2021年以降は、.200近辺を彷徨う成績が続いています。

 レッドソックスからFAとなり、ブルワーズとサインしましたが、結局レッドソックスに戻ってくる事態に。

 2022年にレッドソックスに戻ってきたジャッキーでしたが、レッドソックスでは92試合で打率.210と低迷。8月4日にリリースされることに。

 FAとなったジャッキーは8月9日にブルージェイズとサイン。ブルージェイズでは40試合に出場したものの、打率は.178とやはり打撃では貢献できませんでした。

背景:マイケル・A・テイラーの移籍

 そんなジャッキーをロイヤルズが獲得したのは、まずはCFのマイケル・A・テイラーをツインズにトレードしてCFがいなくなったというのがあります。

ドリュー・ウォーターズが怪我 

 そしてマイケル・A・テイラーの後釜には、プロスペクトのドリュー・ウォーターズが有力候補として挙げられ、今スプリング・トレーニングではじっくりと内容を見られる予定でした。

 ところがそのドリュー・ウォーターズは、ワークアウトが始まってすぐの2月20日に左の腹斜筋を傷めて離脱。復帰まで6週間と診断され、いわゆる当てが無くなったということに。

 一応、内部からの昇格として、26才のカイル・イズベル(Isbel)も候補に上がっています。

 カイル・イズベルは、2021年にメジャー・デビュー。2022年は106試合で、打率.211、OBP .264、SLG .340をマーク。いかんせん、物足りないところもあることから、ジャッキーにお呼びがかかったということになります。

 果たして、彼らを抑えてゲームに出るのか?いずれにせよ、打撃力が鍵となりそうです。

 今季もメジャーでJBJの守備が見てみたいものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました