【MLB2020FA】ナッツ、内野補強にマーリンズからFAのスターリン・カストロ!

良いなと思ったらシェアお願いします

それでもJ・ドナルドソンは諦めない

 ナショナルズがリリーバーのウィル・ハリス獲得に続いて、今度はいい内野手を補強しています!

 現地2020年1月3日、ワシントン・ナショナルズはマーリンズからFAのスターリン・カストロ(Starlin Castro)と合意しました。

契約内容

 契約は2年$12M(2020-21)。オプションなどが明らかとなった時は追記したいと思います。

スターリン・カストロとは

 スターリン・カストロは1990年3月24日生まれの29才。2020年スプリングトレーニング中に30才になる、年齢・体力・経験ともに旬を迎えると言っていいSSです。

カブスのSS

 スターリン・カストロと言えばカブスのSSのイメージが強いと思います。ドミニカ共和国出身で2006年10月にアマチュアFAとしてカブスとサイン。この時16才です。2007年にドミニカのルーキーリーグでプロとしてのキャリアをスタート。2009年、19才の時にはダブルAまで昇格。2010年5月、20才になったばかりの年にメジャーデビューを果たした逸材。この年に125試合に出場し、ROY投票では5位に入りました。

 2011年から2013年にかけては3年連続ほぼフル出場と言っていい、158試合、162試合、161試合に出場。カブスには2015シーズンまで在籍していました。出場はSS。よって、残念ながらカブスがワールドシリーズ制覇を果たした2016シーズンはカブスに在籍しておらず。

 2015年12月にヤンキースにトレード。ヤンキースには2016-17の2シーズンに在籍。

 2017年12月にヤンキースがマーリンズからジャンカルロ・スタントンを獲得したトレードでヤンキースからマーリンズへ移籍。マーリンズには2018-19の2シーズンを過ごしました。

キャリアスタッツ

 スターリン・カストロは8シーズンで1,470試合に出場。打率.280、OBP .319、SLG .414、HR 133、RBI 636、盗塁 89、OPS+が98。

  • オールスター出場: 4度 (2011、 2012、 2014、 2017)
  • NL At Bats 1位: 3度- 674/646/666 (2011-2013)
  • NL 安打数1位 : 207 (2011)
  • 20HR以上: 2度 (2016、2019)
  • 162試合出場: 2度(2012、2019)

 右打者でありながら200安打超えを果たしたシーズンもあります(2011年)。よってカブスはなぜ出したのか?というくらいの選手でもありました。

アディソン・ラッセル・キャンペーン

 カブスが放出したのは、SSにアディソン・ラッセルの存在が浮かび上がってきたからです。カストロの年俸高騰も相まって、ヤンキースへのトレードとなりました。ただ、その後、アディソン・ラッセルが例のDVの件で2017シーズン以降、沈んでしまったのは予想外の出来事ではありましたし、スターリン・カストロを出してまで引き上げたのに!という思いが湧いてきたことは言うまでもありません。

ヤンキース、マーリンズでSS以外も

 SSの守備もうまいスターリン・カストロでしたが、カブス最後の年の2015年からSS以外の守備につくことが増えてきました。2015年は2Bで38試合に出場。さらに、ヤンキース移籍後の2016-17、マーリンズ移籍後の2018-19の4年間はSSでの出場は計6試合のみ。ほとんどが2Bでの出場で、2019シーズンは3Bでも45試合に出ています。

 SSも可能な守備力を持ちながらですから、ナショナルズではINF全てをこなせそうです。

ナッツはまだJ・ドナルドソンを諦めていない

 アンソニー・レンドンをFAで失ったナッツですが、そのスポットに狙っている大物はジョシュ・ドナルドソン。4年$100M以上のオファーで臨んでいるようです。

 今回、スターリン・カストロを獲得したことでジョシュ・ドナルドソン争奪戦から引いたのかと思いましたが、どうやらまだ諦めていない模様。よって、スターリン・カストロはとりあえずキープできた強打の内野手という位置づけのようです。

カストロはどこを守る? 

 2BにはすでにワールドシリーズMVPのハウィー・ケンドリックと再契約を結んでいるナッツですが、スターリン・カストロは2Bでの起用が見込まれます。

 そして仮にジョシュ・ドナルドソンが獲れた場合、ドナルドソンを3Bに、カストロを2B、ハウィー・ケンドリックを1Bに回すというプランも考えられます。

ナショナルズがハウィー・ケンドリックと1年で再契約です。

 また、2019年にデビューしたカーター・キーブーム(2016年1巡目)はカストロと2Bを競わせることになりそうです。あるいはジョシュ・ドナルドソンがトレなかった場合は、スターリン・カストロが3B、2Bでハウィー・ケンドリックとカーター・キーブームが争うことになりそうです。

ナショナルズの3人の若手が同じゲームでHRを放ちました。22才以下の選手が同じゲームでHRを放ったのはMLB史上初。フアン・ソト、ビクター・ロブレス、カーター・キーブーム

 クラブ側が再契約を希望しているミスター・ナッツのライアン・ジマーマンはジョシュ・ドナルドソンのディールが決まるかどうかで契約が左右されそうです。

 SSはもうトレイ・ターナーで確定と考えていいと思います。

 ジョシュ・ドナルドソンのディールがクラブの編成を左右しかねない状態です。

ナッツ、贅沢税はまだ大丈夫!

 2019年は$206,075,844でMLB5位のサラリーだったナッツは、基準額の$206Mを$75,844上回りました。

 2020年ですが、シャーザーとストラスバーグだけで$35M x2人となっているナッツですが、アンソニー・レンドンの分が抜けましたので、現時点で&169.4Mほどになっています。これはハリスとカストロ分が加算されていませんので、2人分を入れると、ハリスが3年$24Mゆえに$12M/年。カストロが2年$12Mゆえに$6M/年。よって、$169.4Mに$18Mを加算しても187.4M。2020年は$208Mですから、まだ$20Mの余裕がある状態です。

 ナッツは2020シーズンも$2-3Mくらいなら超えても良いという判断かもしれません。だとしたら、ジョシュ・ドナルドソンに$25M x 4年くらいと考えているかもしれませんね。

 どうなるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク