スポンサーリンク

【MLB契約2021】エンゼルス、ホセ・イグレシアスをリリース

衝撃的な決断

 現地2021年9月3日、エンゼルスがかなり衝撃的なロスター・ムーブを発表。エブリデーSSのホセ・イグレシアス(José Iglesias)をリリースしました。

 ホセ・イグレシアスは8月27日のパドレスとのダブルヘッダーとのGame1を最後にゲームには出ていませんでした。

 MLBでは9月になると、若手を試すためのセプテンバー・コールアップが行われますが、今回の決断もその一貫の中で考慮されたと思います。それにしてもこういう選手までも、しっかりと数字を見て手を入れてくるのがMLB。厳しい世界です。

打撃で頼りにされた面も 

 マイク・トラウトとアンソニー・レンドンが離脱し、時期によってはジャスティン・アップトンまでもいなかったエンゼルスにおいて、ホセ・イグレシアスは打撃で頼りにされた面もありました。今季は現地2021年9月3日時点で、114試合で打率.259、OBP .295、SLG .375、OPS .670。HR 8、RBI 41。OPS+は82。レッズ時代の2019シーズンの146試合で、打率.288には及びませんが、大谷選手とのコミュニケーションといい、エンゼルスを支えたシーズンでもありました。

あと4週間でFA

 2020年12月にオリオールズからトレードで移籍してきたホセ・イグレシアス。元の契約は1年/$3M (2020)で、2021年は$3.5Mのクラブオプションで、$0.5Mのバイアウト付きでした。エンゼルスへの移籍が決まる前に、オリオールズが2021年のクラブ・オプションを行使。

 今季はあと4週間を過ぎれば、FAとなるステータスでした。

 エンゼルスはホセ・イグレシアスはベンチに置いては勿体ないプレーヤーゆえの決断としていますが、できれば8月中にディールを決めれば、ポストシーズンに出場のチャンスもあったのにとは思います。

 ホセ・イグレシアスはこれからウェーバーにかけられる予定。もしどこかがクレームオフしたなら、エンゼルスが$3.5Mの残りの$0.6Mをそのまま支払うことに。また、クレームオフされなくとも、エンゼルスが残りを支払います。クレームオフされず、FAとなりどこかとサインすれば、獲得したクラブはリーグミニマムの日割りで契約することになる模様。

確かに守備ではキレが影を潜めた 

 2021シーズンのホセ・イグレシアスですが、打撃面では上記の通り、数字以上の貢献を果たしたと言えるでしょう。しかし、守備面では「あれ?」というシーンもかなりあったことは事実。

 今季のホセ・イグレシアスはキャリア・ワーストの16個のエラーを記録。SSはかなり難しい打球が飛んでくるので、Fielding %が100というのはそもそも無理な話。もし、そんなSSがいたら、打球に対してチャレンジしていないとみなされても仕方ありません。しかし、それにしてもホセ・イグレシアスの16エラーはやはり多い数字と言わざるを得ません。

 動きに全盛期のようなキレとスピードが無くなったのは、打たなければ契約が難しい野手ゆえに、パワーを手に入れたトレードオフかもしれません。たしかに打撃はよくなりましたから。これはレッズ時代のジョーイ・ボット師匠のおかげでもあります。

右腕をセレクト

 ホセ・イグレシアスのリリースにより空いた40manのスペースには、右腕のジャンソン・ジャンク( Janson Junk)をマイナーからセレクト。ジャンクは早々に登板の機会を得ることになりそうです。

 ジャンソン・ジャンクはトレードデッドラインでアンドリュー・ヒーニーをヤンキースに出した交換で移籍してきた選手です。

SSにはジャック・メイフィールド

 そしてSSのポジションにはアンソニー・レンドンの怪我でチャンスを掴んだユーティリティー・マンのジャック・メイフィールドがつくことに。3Bにはフィル・ゴセリンが入る予定。また、エンゼルスは9月1日、トリプルAに落ちていたルイス・レンヒーフォをコールアップしていますから、内野のバックアップもおります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました