スポンサーリンク

【MLBトレード2023】1巡目同士がスワップ!A.J. パックはマイアミ、JJ・ブルデイはA’sへ 

剛球左腕とポテンシャルのある左打者とのトレード

 現地2023年2月11日のこととなりますが、アスレチックスとマーリンズ間でトレードが成立。アスレチックスからは左腕のA.J.パックが、マーリンズからはOFのJJ・ブルデイが動くこととなりました。ともに1巡目指名でこの世界に入った者同士ということで非常に興味深いディールでもあります。

 また、ともにあと一皮向ければというところでもあります。

トレード概要

 さて、今回はなかなか力の拮抗した選手同士の、トレードらしいトレードとなりましたが、現時点ではどちらかというと、マイアミの方がお得。しかし、アスレチックスもブルデイが化ける可能性に期待している・・・というポジショニングになりなるかと思います。

マーリンズGet

  • A.J. パック(A.J. Puk /27 ※) LHP : 2016年OAK1巡目(全体6位)指名

 ※誕生日が1995年4月25日ゆえ、2023年は実質的には28才のシーズンになります。

アスレチックスGet

  • JJ・ブルデイ(JJ Bleday/25) OF/左投げ左打ち: 2019年MIA1巡目(全体4位)指名

A.J.パックとは

 A.J.パックのフルネームは、”Andrew Jacob Puk”。上述のように2016年のOAK1巡目指名です。

 2013年の高校卒業時にもドラフトで指名されており、この時はタイガースから35巡目指名。アイオワ州の出身ですが、大学はフロリダ大学に進学。

2度の手術

 A.J. パックの剛球を語る前に必要なのは2度の手術の経験。

 まず1度目は2018年4月で、この時は左肘を傷め、トミー・ジョン手術を行っています。2018年春、オークランドは先発投手が手薄になっていました。というのもジャレル・コットンがトミージョン手術で離脱したからです。

 そこで白羽の矢が立ったのがA.J.パック。この年、パックはアスレチックスのプロスペクト・ランク1位に名を連ね、スプリング・トレーニングで4試合、10.2イニングを投げ、ERA 3.38と健闘。ローテーションに入りかけたのですが、無理がたたって肘を故障。UCLの断裂が見つかり、トミージョン手術を実施することになったのでした。

 デビューはその翌年の2019年8月21日。2019年は10試合、11.1イニングを投げ、2勝0敗、ERA3.18、13 SO、5 BB。トミージョン手術空けにも関わらず、剛球を投げ込んでおりました。

 翌2020シーズン、今度は左肩を傷めて9月後半にシーズンエンディングの手術に。関節唇及びローテーター・カフ(腱板)に多少の剥離が見られ、肩の滑液包炎が進行していたため、丁寧なクリーニング手術を行っています。よって、この手術は修復ではなく、クリーニング。

 2021年は4月上旬からマウンドに上がりましたが、今度は左の上腕三頭筋を傷めて離脱。復帰は8月半ばとなり、2021年は12試合、13.1イニングしか投げていません。0勝3敗で、ERAは6.08。

 パックにとって初のフルシーズンとなったのが2022年。ブルペンの1人として、66.1イニングを投げ、ERA 3.12をマーク。非常に良かったです。SO %は27.1 %、BB%は8.2 %。特に左打者には強く、打率.153に抑えています。

ランディー・ジョンソンのスタイルに!

 A.J. パックの身長は6フィート7インチで、201cmもあります。2022年の4シームのアベレージは96.7mph。

 デビュー後は、腕の位置が高かったのですが、度重なる故障もあったためか、腕を下げました。そうしたところ、ランディー・ジョンソンとそっくりのフォームに。

 もともとランディー・ジョンソンに憧れていたパックは、ランディーになり切って投げたのかもしれませんね。

 非常に楽しみな投手です。

ヘスス・ルザルドとまた一緒

 アスレチックスからマーリンズへというと、ヘスス・ルザルドがそうです。ともに左腕ゆえ、彼らが揃うとマーリンズは俄然投手陣に厚みが出ます。

 マーリンズのローテーションは、サンディー・アルカンタラ、ジョニー・クエト、ヘスス・ルザルド、エドワード・カブレラ、トレバー・ロジャース、ブラクストン・ギャレットとすでに厚みがあります。

 パックがここに割って入るのか、あるいはやはりブルペンに適性があるのか?これはスプリング・トレーニングで決まると思われます。おそらくブルペンで使いたいでしょうね。

JJ・ブルデイとは 

 J.J.ブルデイのフルネームは、”Jeffrey Joseph Bleday”。彼も高卒時にドラフトで指名されており、パドレスから39巡目でピックされましたが、ヴァンダービルト大学に進学。2019年に1巡目指名されたのでした。

まだMLBでは結果が出ず

 2022年、トリプルAで開幕を迎えたJJ・ブルデイは打率.229、OBP .365、SLG .470、20HRをマーク。

 大いに期待され、2022年7月23日にデビューを果たしたものの、MLBでは、238 PA、204 AB で打率..167、OBP .277、SLG .309、5 HRという成績に。

 アスレチックスのOFには、ラモン ・ルレアーノ、クリスチャン・パーチェイ、エステウリー・ルイーズらがおり、なかなか厳しいです。

 ここの割って入れるかどうかは、打撃次第。早くメジャーの変化球に慣れてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました