スポンサーリンク

ナショナルズが首都D.C.で盛大に優勝パレード。「サイン、レンドン」の声援も

2019 ワールドシリーズ優勝パレード

 現地2019年11月2日土曜日の午後、首都D.C.でワシントン・ナショナルズのワールドシリーズ優勝記念パレードが行われました。

 快晴で少し肌寒い中ではあったようですが、街頭にはたくさんのファンがおしかけ、街はチームカラーの赤一色に染まりました。オレンジ色の街路樹もこれから赤一色になろうとしており、ナショナルズを祝福するかのようか雰囲気を演出しました。

首都D.C.のプロスポーツは良い成果つづき

 ここのところ、首都D.C.ではスポーツのお祝い事が立て続けに起こっています。ご覧の通り、前年にはアイスホッケーのNHLのキャピタル頭がスタンレーカップ(アイスホッケー版ワールドシリーズ)に優勝。今年に入って、女性のプロバスケットボールリーグのWNBAでミスティクスがチャンプに。そしてナショナルズがワールドシリーズ・チャンプとなったのはご存じの通りです。

  • 2018: ワシントン・キャピタルズ・スタンレーカップ・チャンプ
  • 2019: ワシントン・ミスティクス(Mystics) WNBA チャンプ
  • 2019: ワシントン・ナショナルズ ワールドシリーズ・チャンプ

D.C.市長も大いに祝福

  D.C.市長のミュリエル・バウザー(Muriel E. Bowser)さんは、チャンプがつづくD.C.スポーツ界に敬意を表するように、「これからD.CはDisctict Colombiaではなく、District Championsね」とわりと気の利いたスピーチを行いました。なかなか良いですね。

 このハウザーさんはワシントンD.C.での娯楽目的の大麻の販売を合法化する法案を2019年5月に発表したりといささか物議を醸している人でもあります。これは米国の事情もあり、2014年に有権者の賛成多数でD.C.内での少量の大麻の栽培及び所持が認められる法律が可決されてはいるものの、連邦予算の規定でそれに課税することが出来ないなど、いささか法的にテクニカルな部分も含まれた上での決断です。まあ、2020年に選挙があるらしいのでそれまでに実績をというところが本音だとは思います。

94才オーナーの人生分

 今回ナショナルズがDC.のクラブとしては1924年のワシントン・セネターズ以来、95年ぶりのワールドシリーズ・チャンプとなったわけですが、オーナーのテッド・ラーナー(Theodore N. Lerner )氏は94才。まさに一生に一度の出来事に感激していました。

D・マルチネス監督のハートフルスピーチ

 そして、監督のデーブ・マルチネスのスピーチはとてもアツいものとなりました。

“I got players telling me watch my heart. I got fans screaming at me ‘Your heart, Davey, your heart, Davey.” I’m gonna tell you something. All this right here has cured this heart.”

 なんとも和訳しにくい表現ですが、要は「皆さんと心は一つです」ということをおっしゃりたいのだと思います。ただ、勝負強かったマルチネス監督の采配のポイントはこれかな?などとも思いました。

 的確な状況判断をもとに、選手一人一人のハートが前を向いているか、そして采配する自分の本心はどうなのか?つねに自問自答してきたのではないかと思います。よって、最高の答えを出すために常に自分の良心や本心に従った結果の戦略であり、采配だったということではないでしょうか。全てが正確に行われました。

 同じポストシーズンを戦った監督の中には投手起用において迷いが見られた人もいましたの、正反対だったと思います。

「サイン、レンドン!」

 街頭でのパレードの際には今季でFA資格を取得することとなるアンソニー・レンドンに「サイン、レンドン!」の声が多数上がりました。

 なお、上の動画では「MVPコール」から始まり、レンドンが喋り始めると盛り上がってスピーチの邪魔をするという天丼(お笑い用語で繰り返しにより笑いをとること)が行われました。

 それにしても本当に仲の良いチームだったのだなと改めてと思いました。  

鳴り響くベイビーシャーク

 そしてこの日もベイビーシャークが鳴り響きました。

 シャーザーが最前列でノリノリなのが見ていて微笑ましいです。

ドジャー、「嫁に殺される!!」

 そしてこの日もっともハメを外したのはブライアン・ドージャー。”Calma”に乗って上半身裸となり、アニバル・サンチェスを抱きかかえつつ、股間も握り、最後まで踊り続けたのでした。

 そして途中で、マイクに向かって”My Wife gonna kill me”と一言。

 実際に、「恥ずかしいことをして!」と怒られたどうかは定かではありません。

 以上、めでたいニュースでした。あらためておめでとうございます!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました