スポンサーリンク

【MLB 2020】ナショナルズ、開幕ギリギリでホーム・スタジアムの使用許可が下りる

ギリギリの攻防

 2019年ワールドシリーズ・チャンピオンであるナショナルズが、2020年にホーム・スタジアムのナショナルズ・パークを使用出来ないという危機に陥っていましたが、現地2020年7月17日、DCの当局から使用許可が下りました!

 開幕一週間を切っていたというギリギリの攻防は良い結論になりました。

【ナショナルズ・パークの住所】

 ナショナルズのホーム・スタジアムはD.C.の中にあります。

Nationals Park
1500 South Capitol Street, SE
Washington, DC 20003-1507

 もっとも、ロケーションはボルチモアのあるメリーランド州とほぼ同じとも言えなくもないですが、行政管轄上はやはり首都のD.C.ですから、D.C.のルールに従う必要がありました。

D.C.のガイドライン

 ナショナルズがD.C.の保健当局とやりとりしてしていたのは、この点です。

Any individual exposed to COVID-19 must quarantine for 14 days. The city was unwilling to make exceptions for the Nationals, either for their players or their coaches.

 「COVID-19の感染者とexpose、つまりよく言われる言葉で言えば、濃厚接触した場合、14日間の隔離が義務付けられる。たとえナショナルズの選手、コーチであっても例外を許さず」と。

ナショナルズは例外を求めていた 

 この通りに行なうなら、ナショナルズは選手を自宅で隔離せねばならず、14日間、毎日コロナウイルスの検査を受けさせなければならないという事態に。

 当然、D.C.でプレーする相手チームにも該当することでしょうから、D.C.のガイドラインを修正したもので運用することで使用許可を求めていたのでした。具体的にはMLBのガイドラインの許可ということでしょう。

D.C.以外の代替案も 

 当初はD.C.の保健当局のポリシーが変わらないため、ナショナルズはホームスタジアムをバージニア州のフレデリックスバーグにある傘下のクラスAアドバンストのスタジアムを使用することを検討。

 本当は第二案として、フロリダ州のスプリングトレーニングのファシリティーを考えていたのですが、同州のアウトブレイクでこの案を早々に断念。

 残る候補地はクラスAアドバンストのフレデリックスバーグ・ナショナルズのホームスタジアムとなっていました。

 2020年4月23日にこけら落としとなるところでしたが、武漢パンデミックの影響で未だお客さんを入れていません。

 非常に美しいスタジアムで、無観客であればキャパシティは関係ないとは思いますが、5,000人の収容能力しかありません。

 このようにナショナルズは23日からヤンキースを迎え入れる準備を代替案も含めて同時進行で準備していましたが、17日の当局から許可が下り、めでたくナショナルズ・パークでゲームを行なうことになりました。

エグジビション・ゲーム 

 なお現地18日にナショナルズ・パークで行われたエグジビション・ゲームでは、フィリーズと対戦。

 ナショナルズはマックス・シャーザーが開幕に向け、登板しましたが、

 シャーザーが5イニングで被安打6、失点7、被本塁打2で2-7で敗れています。

 一方、フィリーズはアーロン・ノラが先発。こちらももう開幕投手でしょうね。5回を被安打1、無失点と好投しています。ディディ・グレゴリアスとブライス・ハーパーがシャーザーから一発を放っています。

Phillies 7, Nationals 2 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Phillies vs. Nationals at Nationals Park

 シャーザーはエグジビション・ゲームで悪いところを出せれば、本番では問題ないでしょう。調整してくれると思います。

 ナショナルズの23日のホーム・オープナー、楽しみになってきました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました