スポンサーリンク

【MLB2023】ワールドシリーズのセレブレーション・パレードでコーリー・シーガーがA・ブレグマンをチクり。

シーガー、ソフトにリベンジ

 現地2023年11月3日、テキサス・レンジャーズは地元アーリントンで盛大なセレブレーション・パレードを行いました。

 ワールドシリーズが終了したのが11月1日で、中1日を空けてのこの大規模なパレード。毎年、ワールドシリーズを制覇したクラブは同じようなスケジュール感でパレードを行いますが、警備やイベントの舞台の設置など準備に色々と手間がかかる中、よくこんなスピード感でこんな大きなイベントを行えるなと感心するばかりです。

 そしてパレードの最後にはコーリー・シーガーが面白いスピーチを行いました。

【YOUTUBE】Rangers have World Series parade to celebrate championship!

ほとんどが初パレード

 レンジャーズの面々はほとんどが初パレード。経験者は2018年にレッドソックスで行ったネイサン・イオバルディ、2019年にナショナルズで経験したマックス・シャーザー、3年連続でチャンピオン・リングを手にしたウィル・スミスなどごくごく限られた選手のみ。

 MVPとなったコーリー・シーガーは2020年にドジャースでチャンピオン・リングを手に入れたとは言え、この時はコロナ・パンデミックの影響でパレードは行われませんでした。

推定50-70万人 

 パレードを見ようと集まったファンは推定50~70万人。推定の幅が広すぎますが、沿道にもこれだけ人が集まれば数えることなど出来ないでしょうね。

シーガーばブレグマンをチクリとしたスピーチとは? 

 そして、パレードが終了し、選手のブルース・ボーチー監督らのスピーチが行われた中で、コーリー・シーガーがアストロズのアレックス・ブレグマンをチクリとするするスピーチを行いました。

“This was truly special, we appreciate all your support, but I’ve just got one thing to say. Everybody was wondering what would happen if the Rangers wouldn’t win the World Series. I guess we’ll never know” 

「本当に特別なことで、我々は、皆さんの熱ご声援に本当に感謝したいと思います。ですが、一言だけ言わせてください。みんなはもしレンジャーズがワールドシリーズに勝たなければどうなるんだろうと思っていた。僕らにはわからないだろうね」と。

原型:アレックス・ブレグマンのスピーチ

 なにやら直訳するとピンとこない和訳となってしまいましたが、実はこれはアストロズのアレックス・ブレグマンに対してチクリとやった発言。

 原型はこれです。

 2023年レギュラーシーズン最終日、ヒューストン・アストロズがテキサス・レンジャーズを抑えてアメリカン・リーグ西地区の優勝を決めました。その時のスピーチです。

 ”A lot of people were wondering what it was going to be like if the ‘Stros didn’t win the division. I guess we’ll never know”.

 「多くの人が、もしストロスが優勝できなかったらどうなるんだろうと思っていたよ。僕らにはわからないだろうね」

 特に、最後の「(優勝を不安視する見方は)僕らにはわからないだろうね」というのが当初、ちょっとした話題になっていて、アストロズはサイン・スティーリング・スキャンダル以来、すっかり悪役が板についているので、ちょっとしたことで批判が浴びせられる傾向があるのも事実です。

 当初の空気感があるのでこれのどこがそんなに失礼なのか、説明するのは難しいですが、1つには視点が上からで、ライバルであったレンジャーズ、マリナーズに敬意が足らなかったという点があるかと。

 ご承知の通り、レンジャーズはトレードデッドライン直後はマックス・シャーザー、アロルディス・チャップマン、ジョーダン・モンゴメリーが大いに機能し、後半戦でロケットスタートを切りました。ところが8月後半には失速。

 同じ8月にはマリナーズがフリオ・ロドリゲスの神懸かった打撃なども相まってレンジャーズに猛追。さらに試合巧者アストロズもレンジャーズとの直接対決でことごとく勝利。結局、アストロズとレンジャーズは同じ勝率でレギュラー・シーズンをフィニッシュ。直接対決の差でアストロズがディビジョンを制することになったのでした。レンジャーズとしては地区優勝をさらわれて、悔しいという思いが非常に強い中でのその発言ですから、カチンと来ていたのでしょうね。

シーガーには2017の意味合いも

 元ドジャースのコーリー・シーガーの場合、2017年のワールドシリーズの恨みもまだあるのでしょうね。

 なお、アレックス・ブレグマンの発言にも原型があり、ラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West )が2005年のグラミー賞の受賞スピーチで言ったセリフです。1:49辺りから始まります。

 コーリー・シーガーはワールドシリーズMVPに輝き、2020年のワールドシリーズMVP以来2度目の受賞。2020年はコロナ・パンデミックの影響でグローブライフ・フィールドでのゲームでしたから、コーリー・シーガーはさながらグローブライフ・フィールドのヒーローというところでもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました