スポンサーリンク

【MLB2023】レギュラー・シーズンが終了!レンジャーズ、あと1歩及ばず!各シードも決定

アストロズが直接対決の差でALウエストNO.1に

 現地2023年10月1日、MLBの2023年のレギュラー・シーズンは10月2日に行われるマーリンズ@メッツのサスペンデッド・ゲームの続きを残して終了となりました(このゲーム、まだやる必要がある?)。

 最終的な順位も明らかになり、ポストシーズンの組み合わせも判明しました。

レンジャーズ、あと1歩及ばず

 GMのクリス・ヤングが補強に精を出したレンジャーズは2024年にジャック・ライターが出てきてからが強さを発揮する本番だと思っていたのですが、今季は強力打線が大いに機能。4月から8月までのほぼすべての日でALウエストの首位を守り続けてきました。

 これは思っていたよりも1年早く、ALウエストを制覇するか?というところまできたのですが、8月に後半から投手力と打線が落ちたところにマリナーズとアストロズの追い上げがあり、一時はワイルドカード枠から外れるところまで調子を落としました。

 投手力に課題を残したままではありましたが、それでも打線が復調し、最終戦にALウエストを制覇するかどうかという状況に。

TEX、投手陣が奮闘

 そのマリナーズとの最終戦。レンジャーズはデーン・ダニングをマウンドに送り込みました。やや不安な面もありましたが、ダニングはコツコツとヒットを浴びながらも、4回1アウトまで1失点と好投。ゲームメイクしました。

 2番手でマウンドに上がったのはマーティン・ペレス。ペレスは4回から8回までマリナーズ打線をヒットレスに抑える好投。最終回は直近7試合でERA 2.89と波に乗るジョナサン・ヘルナンデスを投入し、こちらも1イニングをパーフェクトに抑える好投でした。

 リリーバーに難があったレンジャーズですが、これはポストシーズンにも期待が持てる投球内容だったと思います。

マリナーズ投手陣がさらに上回る

 前日にすでにPSからの敗退が決まったマリナーズでしたが、最終戦は投手陣が素晴らしい投球を見せました。先発のジョージ・カービーは6回、被安打3、7K。リリーバー陣もスコアレス・リレー。この日、マリナーズ投手陣はBBが0です。良かったですね。

 レンジャーズ打撃陣はこのマリナーズ投手陣の前に抑えられ、散発の3安打のみでした。

わずか数cmの差

 4回裏、デーン・ダニングが満塁のピンチを作ったところで、マーティン・ペレスが登板。バッターはドミニク・カンツォーネ。カンツォーネが放った当たりは1Bゴロで、ナサニエル・ロウもうまくさばいてまずは打者をアウトにそしてホームに送球するも、タイミングはアウトだったものの、わずかに数cm立ちが及ばず。これでエウヘニオ・スアレスが生還し、マリナーズが1点を奪いました。

 結局、これが決勝点となり、マリナーズが1-0で勝利。

アストロズがALウエストを制覇

 勝てば、地区優勝だったレンジャーズ。仮に敗れてもアストロズが敗れれば・・・というところでしたが、アストロズは序盤からDバックス投手陣を攻め、8-1と大勝。

TEXHOUTORAL W
Champ
ALWC
2位
AL WC
3位
WINWINWINTEXTORHOU
WINLOSEWINTEXTORHOU
WINWINLOSETEXHOUTOR
WINLOSELOSETEXTORHOU
LOSEWINWINHOUTEXTOR
LOSELOSEWINTEXTORHOU
LOSEWINLOSEHOUTEXTOR
LOSELOSELOSETEXTORHOU

 勝率は並びましたが、直接対決でアストロズはレンジャーズに勝ち越しているため、アストロズがALウエスト制覇ということになりました。レンジャーズはかなり優先だったんですけどね。

ClubW-LW%GB
HOU90-72.556
TEX90-72.5560
SEA88-74.5432.0

 また、トロントが敗れたため、ALワイルドカードの順位はご覧のようになりました。

AL WCClubW-L
1TB99-63
2TEX90-72
3TOR89-73

NLワイルドカードはMIAが2位に

 そしてNLワイルドカードの順位ですが、マイアミの最終戦が10/2に残っているので、10月1日の勝敗次第ではご覧の状況でした。この日、マイアミはパイレーツに0-3とシャットアウト負け。しかし、Dバックスが上述のようにアストロズに1-8で大敗し、78敗になったことから、仮にマイアミが2連敗しても勝率が並び、さらに直接対決ではマイアミが勝ち越していることから、マイアミの2位が確定しました。

Club10/110/2H to H
MIA
H toH
AZ
MIAW(85-76)W(96-76)4-2
MIAW(85-76)L(85-77)
MIAL(84-77)W(85-77)
MIAL(84-77)L(84-78)
AZW(85-77)2-4
AZL(84-78)

PSのシード

 よって、ポストシーズンのシードはご覧の通りになりました。

AL

シードCLUB1stALDS
1BALByeTBとTEXの勝者と対戦
2HOUByeMINとTORの勝者と対戦
3MINTOR(NO.6)とWCで対戦
4TBTEXとWCで対戦
5TEXTBとWCで対戦
6TORMINとWCで対戦

NL

シードCLUBプレーオフNLDS
1ATLByePHIとMIAの勝者と対戦
2LADByeMILとAZの勝者と対戦
3MILAZとWCで対戦
4PHIMIAとWCで対戦
5MIAPHIとWCで対戦
6AZMILとWCで対戦

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました