スポンサーリンク

【MLB2023】コービン・キャロル、20HR & 40SBを達成!エリー・デラクルーズとの「足vs肩」は見応えあり!

ルーキーでの20/40 達成は史上4人目

 現地2023年8月28日、レッズ@Dバックス戦で、Dバックスのルーキー、コービン・キャロル( Corbin Carroll)がシーズン20HR & 40SB(盗塁)を達成しました!

 すでに7月22日のレッズ戦で20HRを達成していたコービン・キャロル。この時点でのSBは29。

 そして8月28日のレッズ戦。8回裏、イニング先頭としてイアン・ジーボー(Ian Gibaut)から四球を選んだコービン・キャロルはすかさず2塁への盗塁に成功。見事にシーズン40 SBを決めたのでした。

史上4人目

 ルーキーでの20/40達成は非常に難しく、これまでは3人しかおりませんでした。このうちの一人がエンゼルスのマイク・トラウトです。

  • マイク・トラウト (LAA): 30/49 (2012)
  • ミッチェル・ペイジ(Mitchell Page/ OAK) : 21/42 (1977)
  • トミー・エイジー(Tommie Agee/ CWS) : 22/44 (1966)

 コービン・キャロルは4人目となりました。

盗塁型が20 HR

 コービン・キャロルの面白いところはスピード系の選手でありながら、長打も案外多いところ。178cmの小柄な外野手で足のスピードは尋常ではありません。ゆえに長打より安打が多い選手かと思いきや、HRも現時点で22本をマーク。SLGも現時点で.520。それこそ30-40HRを狙う選手ではありませんが、リードオフで20HRは見事だと思います。 

 ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL)は今季すでに28HR/59SBをマークしていますが、アクーニャは、HRを打つけれども足も速い!というタイプ。コービン・キャロルはむしろ足のスピードが注目されるタイプです。そのアクーニャでさえも、ルーキー・イヤーは26/16でした(2018)。ルーキーで26HRもとんでもないのですが。

エリー・デラクルーズとの競演

 このゲーム、「これぞメジャー」というプレーがありました。 

 第1打席は三振に倒れたコービン・キャロルでしたが、3回の第2打席はシングルを放ち、つづくケーテル・マルテの2塁打で1塁から一気にホームに生還したコービン・キャロル。そのスピードをゲーム序盤から見せつけます。この時点でDバックスが1−0とリード。

 迎えた6回裏の第3打席。2アウトから打席に入ったコービン・キャロルは、レッズ先発のグラハム・アッシュクラフトのアウトコースから入るスライダーに対応。これをあわやHRかというCFへ大きな当たりを放ちます。

 ウォールまで飛んだ打球に守備の良いTJ・フリードルも追いつかず、ボールはウォールから反射してスローイングまでの対応がわずかに後れました。フリードルが返球に入った時点でコービン・キャロルはすでに3塁に到達しようかという位置まで激走。これはもう誰もがインサイド・ザ・パークHRだと思った瞬間、2B後方でカットに入ったSSのエリー・デラクルーズがホームへ送球。

 エリー・デラクルーズの送球は、コービン・キャロルのスピードさえも上回る送球で、そのベロシティーはなんと99.7mph。送球はホームベースよりやや3塁方向に流れましたが、これがここしかなかったというところで捕手のタイラー・スティーブンソンのミットに吸い込まれ、ギリギリのところでアウトとなりました。

 コービン・キャロルのスピードも尋常ではありませんでしたが、それを一気に追い越すように放たれたエリー・デラクルーズの送球は「これぞメジャー」というプレーでした。繰り返しますが、コービン・キャロルのスピードも相当は速かったことは記載しておきたいと思います。

ワイルドカード争い

 ゲームの方ですが、6回表にTJ・フリードルの犠牲フライで1-1の同点に追いついたレッズは、7回表にもノエルビ・マルテのタイムリーで1点をあげ、2-1と勝ち越しに成功。

 しかし、Dバックスも7回裏にルルデス・グリエル・Jr.のソロHRで2-2の同点に。

 そして8回裏、Dバックスはコービン・キャロルが四球でチャンスメイクし、レッズ・ブルペンの乱れもあって、2つの犠牲フライとアレク・トーマスのタイムリーで3点をあげ、5-2と逆転。

 このままDバックスが逃げ切りました。

MLB Gameday: Reds 2, D-backs 5 Final Score (08/27/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】Reds vs. D-backs Game Highlights (8/27/23)

マクガフが好投

 中盤に失点したDバックスでしたが、7回途中から登板した元ヤクルトのスコット・マクガフが好投。1.2イニングを被安打1、スコアレス、3Kに抑え、流れを引き寄せました。この好投は光りましたね。

 この勝利で69勝62敗としたDバックスは、ワイルドカード枠3位に入っています。NLのワイルドカードは混戦で、現在ワイルドカード枠5位のレッズもまだまだチャンスがある状況。6位のマイアミまで何が起こるかわからない状態となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました