スポンサーリンク

【MLB2023】コービン・キャロル、20HR & 40SBを達成!エリー・デラクルーズとの「足vs肩」は見応えあり!

ルーキーでの20/40 達成は史上4人目

 現地2023年8月28日、レッズ@Dバックス戦で、Dバックスのルーキー、コービン・キャロル( Corbin Carroll)がシーズン20HR & 40SB(盗塁)を達成しました!

 すでに7月22日のレッズ戦で20HRを達成していたコービン・キャロル。この時点でのSBは29。

 そして8月28日のレッズ戦。8回裏、イニング先頭としてイアン・ジーボー(Ian Gibaut)から四球を選んだコービン・キャロルはすかさず2塁への盗塁に成功。見事にシーズン40 SBを決めたのでした。

史上4人目

 ルーキーでの20/40達成は非常に難しく、これまでは3人しかおりませんでした。このうちの一人がエンゼルスのマイク・トラウトです。

  • マイク・トラウト (LAA): 30/49 (2012)
  • ミッチェル・ペイジ(Mitchell Page/ OAK) : 21/42 (1977)
  • トミー・エイジー(Tommie Agee/ CWS) : 22/44 (1966)

 コービン・キャロルは4人目となりました。

盗塁型が20 HR

 コービン・キャロルの面白いところはスピード系の選手でありながら、長打も案外多いところ。178cmの小柄な外野手で足のスピードは尋常ではありません。ゆえに長打より安打が多い選手かと思いきや、HRも現時点で22本をマーク。SLGも現時点で.520。それこそ30-40HRを狙う選手ではありませんが、リードオフで20HRは見事だと思います。 

 ロナルド・アクーニャ・Jr.(ATL)は今季すでに28HR/59SBをマークしていますが、アクーニャは、HRを打つけれども足も速い!というタイプ。コービン・キャロルはむしろ足のスピードが注目されるタイプです。そのアクーニャでさえも、ルーキー・イヤーは26/16でした(2018)。ルーキーで26HRもとんでもないのですが。

エリー・デラクルーズとの競演

 このゲーム、「これぞメジャー」というプレーがありました。 

 第1打席は三振に倒れたコービン・キャロルでしたが、3回の第2打席はシングルを放ち、つづくケーテル・マルテの2塁打で1塁から一気にホームに生還したコービン・キャロル。そのスピードをゲーム序盤から見せつけます。この時点でDバックスが1−0とリード。

 迎えた6回裏の第3打席。2アウトから打席に入ったコービン・キャロルは、レッズ先発のグラハム・アッシュクラフトのアウトコースから入るスライダーに対応。これをあわやHRかというCFへ大きな当たりを放ちます。

 ウォールまで飛んだ打球に守備の良いTJ・フリードルも追いつかず、ボールはウォールから反射してスローイングまでの対応がわずかに後れました。フリードルが返球に入った時点でコービン・キャロルはすでに3塁に到達しようかという位置まで激走。これはもう誰もがインサイド・ザ・パークHRだと思った瞬間、2B後方でカットに入ったSSのエリー・デラクルーズがホームへ送球。

 エリー・デラクルーズの送球は、コービン・キャロルのスピードさえも上回る送球で、そのベロシティーはなんと99.7mph。送球はホームベースよりやや3塁方向に流れましたが、これがここしかなかったというところで捕手のタイラー・スティーブンソンのミットに吸い込まれ、ギリギリのところでアウトとなりました。

 コービン・キャロルのスピードも尋常ではありませんでしたが、それを一気に追い越すように放たれたエリー・デラクルーズの送球は「これぞメジャー」というプレーでした。繰り返しますが、コービン・キャロルのスピードも相当は速かったことは記載しておきたいと思います。

ワイルドカード争い

 ゲームの方ですが、6回表にTJ・フリードルの犠牲フライで1-1の同点に追いついたレッズは、7回表にもノエルビ・マルテのタイムリーで1点をあげ、2-1と勝ち越しに成功。

 しかし、Dバックスも7回裏にルルデス・グリエル・Jr.のソロHRで2-2の同点に。

 そして8回裏、Dバックスはコービン・キャロルが四球でチャンスメイクし、レッズ・ブルペンの乱れもあって、2つの犠牲フライとアレク・トーマスのタイムリーで3点をあげ、5-2と逆転。

 このままDバックスが逃げ切りました。

MLB Gameday: Reds 2, D-backs 5 Final Score (08/27/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

【YOUTUBE】Reds vs. D-backs Game Highlights (8/27/23)

マクガフが好投

 中盤に失点したDバックスでしたが、7回途中から登板した元ヤクルトのスコット・マクガフが好投。1.2イニングを被安打1、スコアレス、3Kに抑え、流れを引き寄せました。この好投は光りましたね。

 この勝利で69勝62敗としたDバックスは、ワイルドカード枠3位に入っています。NLのワイルドカードは混戦で、現在ワイルドカード枠5位のレッズもまだまだチャンスがある状況。6位のマイアミまで何が起こるかわからない状態となっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
【MLBトレード2024】オリオールズがブルワーズからコービン・バーンズを獲得!
【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少
【MLB2024FA】注目FAのジャスティン・ターナーはブルージェイズと1年契約で合意
【MLB2024】マリナーズがツインズからホルヘ・ポランコをトレードで獲得!
【MLB2024FA】ロイヤルズがアダム・フレイジャーと1年契約で合意
【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!
【発表!】MLB 2024トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのジャクソン・ホリデー!
【MLB2024FA】レンジャーズがデービッド・ロバートソンを獲得!1年/11.5Mドル保証でサイン
【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意
タイトルとURLをコピーしました