インディアンス、中継プレーでサヨナラを阻止!直後にC・サンタナのグランドスラム!再び首位へ(MLB 2019)

トライブ、強い!

現地2019年8月11日、インディアンス@ツインズのALセントラル首位攻防4連戦の最後のゲームが行われ、インディアンスが延長10回にカルロス・サンタナのグランドスラムにより7−3で勝利。

シリーズ成績を3勝1敗とし、ツインズとは71勝47敗で並び再び首位に返り咲きました。

Game2で一旦首位に立ったインディアンス

このシリーズを簡単に振り返ってみます。

  • 現地2019年8月8日 Game1 : CLE 7, MIN 5 boxscore >>記事
  • 現地2019年8月9日 Game 2: CLE 6, MIN 2 boxscore
  • 現地2019年8月10日 Game 3: MIN 4, CLE 1 boxscore
  • 現地2019年8月11日 Game 4: CLE 7, MIN 4

Game1でマイク・クレビンジャーで初戦を取ったインディアンスは、Game2でエースのシェーン・ビーバーで勝利。この2戦はインディアンスにとっては落としたくないところだったので目論見通りという感じでしたね。

連勝したインディアンスは9日終了時点で70勝46敗でツインズと勝率で並び首位に同率ですが首位に立ちました。

最大11.5ゲーム差

6月2日時点で最大11.5あったゲームを二ヶ月強でクリアーしたのは驚きでもありました。しかも、シーズンオフにエンカーナシオンやマイケル・ブラントリーなどの主力をもぎ取られてのこの奮闘ぶりは素晴らしいと思います。

Game3ではツインズがジェイク・オドリッジ(ゲーム前:12-5)、インディアンスがアダム・プルートゥコ(ゲーム前:4-2)の先発で、インディアンスにとっては勝てれば儲けもの、ツインズにとっては勝っておきたいゲームでした。

僅差ではありましたが、ツインズが4-1で勝利し、ツインズがゲーム差1.0をつけて再び単独首位に立ったのでした。

そして迎えたGame4。インディアンスはルーキーが頑張りました。

アーロン・シバーリが6回1失点の好投

Game4はツインズが10勝6敗のホセ・ベリオス、インディアンスがルーキーでこのゲームが3戦目となるアーロン・シバーリ(Aaron Civale)。

顔を覚えるために記して置くのですが、ちょっとジョージ・クルーニーっぽいところがあるルーキーです。身長188cm。2016年インディアンス3巡目指名。

2019年6月22日デビュー。

この先発を見た時に、やはりツインズ有利と言わざるを得ない顔合わせだったのですが、そのシバーリが6回を被安打4、失点1、奪三振5と快投を演じました。

ヤジエル・プイーグが好調

先制点はインディアンスで初回、2番のグレッグ・アレン(Allen, G)がソロHRを放ち、1−0。そしてつづく四球のカルロス・サンタナを置いてヤジエル・プイーグ( Puig, Y)がライナーで外野手の間を抜くタイムリー二塁打を放ち2−0。

本日のゲームのプイーグは5打数1安打でこの1本のみでしたが、インディアンスに移籍以来、打率.357、OBP .413、SLG .571、HR 1、二塁打 4、RBI 6とチームに貢献しています。

なお、プイーグは直近7試合の打率が.393です。

インディアンスは3回にもカルロス・サンタナのタイムリーで1点を上げ、3−1とリードして終盤へ。

ホセ・ベリオスは6回を投げ、被安打6、失点3、与四球1、奪三振4、被本塁打1でゲームメイクには成功しました。

ツインズ、9回裏に意地のラリー

両チームともブルペンが結果を出し、迎えた9回裏。インディアンスはクローザーのブラッド・ハンドをマウンドに送ります。

ツインズは先頭のエディー・ロサリオがダブルで出塁。ミッチ・ガーバーが三振で1アウトを取られるも、ルイス・アラエスがRF前へシングルを放ち、2-3。

C.J.クロンがシングルで出塁し、1アウト1・2塁。1塁ランナーのC.J.クロンの代走にエイーレ・アドリアンサ。

つづくマーウィン・ゴンザレスがLFオーバーの二塁打を放ち、ツインズがサヨナラかと思われましたが、インディアンスがLFタイラー・ネイキン、SSフランシスコ・リンドールの見事なリレーにより二人目のホームインを許さず。

ツインズのリクエストはケビン・プラウェッキーが走路を妨害しているのではないか?というアピールでしたが、これは認められず。

つづくジョナサン・スコープは凡退し、チェンジ。

ツインズが土壇場で3−3のタイに持ち込みました。

カルロス・サンタナがグランドスラム

そして直後の延長10回表、インディアンスはツインズの5番手、テイラー・ロジャースから先頭のケビン・プラウェッキーがシングル、フランシスコ・リンドールが四球、グレッグ・アレンがシングルを放ち、ノーアウト満塁の大チャンス。

そしてカルロス・サンタナ( Santana, C)が4球目のツーシームを叩き、グランドスラムに。これが決勝点となりました。

インディアンスは10回裏のマウンドにハンター・ウッドが上がり、3人で斬って取りゲームセット。

7-3で勝利しました。

BOX SCORE

実に面白いゲームでした。

カルロス・サンタナの2019年のここまでのスタッツは打率.282、OBP .404、SLG .522。HR 25、RBI 70。

7月は打率.229とやや調子を落としていたのですが、直近7試合の打率が.292と復調してきました。

CLEはBOS→NYY→NYM

インディアンスの次のシリーズは地元でのレッドソックス3連戦。そして移動日を入れずに15日からヤンキー・スタジアムでの4連戦、そして1日休みを入れて20日からシティ・フィールドでのメッツ3連戦と厳しい戦いが続きます。これをどう乗り越えるか非常に興味深いです。

MINはMIL→TEX→CWS

一方、ツインズは1日置いて13日からミラー・パークでブルワーズとの2連戦。15日からアーリントンでのレンジャーズ4連戦と続きます。

そしてその後ですが、CWS、DET、CWS、DETと中地区のホーム・ロードのりピート。変なスケジュールですね。

この趣意攻防戦、これからも目が離せませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク