スポンサーリンク

【MLB2020】いよいよスプリング・トレーニングでゲーム開始!KCのホルヘ・ソレアーが2020年MLB初HR!

2020 ゲーム開始!

 現地2020年2月21日、MLB各クラブはスプリングトレーニングのフルスクアッド(全員参加)が今週はじめに始まったばかりですが、すでにゲームが始まっています。

 いよいよ球春到来の季節となってきました!

4試合開催

 現地2020年2月21日に行われたのは4試合。おもしろい話題もありましたので順番に見てみたいと思います。

レンジャーズ@ロイヤルズ戦

 この日行われたメジャーのチーム同士の対戦がこのカード。スターティングはかなり豪華な面々が揃いました。

レンジャーズロイヤルズ
1. ダニー・サンタナ:CF
2. アイザイア・カイナーファレファ: SS
3.ロナルド・グズマン: 1B
4. トッド・フレイジャー: 3B
5. スコット・ハイネケン:LF
6. ホセ・トレビーノ:C
7.シャーテン・アポステル:DH
8. アドリス・ガルシア:RF
9. アンディー・イバニエス: 2B
1. ウイット・メリフィールド: CF
2. アレックス・ゴードン: LF
3. サルバドール・ペレス: DH
4. ホルヘ・ソレアー:RF
5. マイケル・フランコ: 3B
6. ライアン・マクブーン:1B
7. マット・レイノルズ: SS
8. キャム・ギャラガー: C
9: ウンベルト・アルテアガ:2B

 レンジャーズは移籍組のトッド・フレイジャーを4番に起用。

(TEX)20才のアポステルが出場

 初お目見えが20日の3B、シャーテン・アポステル(Sherten Apostel )。アンドリュー・ジョーンズやアンドレルトン・シモンズが出たキュラソー島出身。まもなく21才となるプロスペクトです。もともとパイレーツとアマチュアFAとしてサインしていましたが、2018年のトレードデッドラインでレンジャーズがキーオン・ケラをパイレーツにトレードした時にPTBNL(後日指名の選手)としてパイレーツからレンジャーズに移籍してきた選手。

 この日は2打席回りましたが、2打席ともに三振に終わりました。現時点での力試しですね。

(KC)ソレアーがHR!

 上位打線を主力で固めたロイヤルズは、ベテランのアレックス・ゴードンまで出場。ウィット・メリフィールドはCFに入りました。3BにはフィリーズからノンテンダーFAとなったマイケル・フランコ。かなりベストに近いメンバーですね。トミージョン手術明けのサルバドール・ペレスもDHで出場しています。

 ホルヘ・ソレアーは1回裏に四球で出たサルバドール・ペレスを1塁に置いて、LFに豪快なHRを放ち、今スプリングトレーニングのゲームでメジャーで1番目にHRを放ちました。さすが2019のHRタイトルですね。この日は2打数1安打。

(KC)ローゼンタール登板

 投手ですが、レンジャーズは22才のレフティー、コルビー・アラードが登板。1イニングを投げ、ホルヘ・ソレアーに一発を浴び2失点。ベテラン、ルイス・ガルシアも登板し、9人で被安打6、失点4。仕上がりはまあまあよいのではないでしょうか。

 一方のロイヤルズはホルヘ・ロペスが登板。2回を被安打1、無失点と順調な仕上がりを見せました。そして2019年、アウトが取れず苦労したかつてのカージナルスのクローザー、トレバー・ローゼンタールも登板。1イニングをパーフェクト、2三振を奪う好投を見せています。

 ロイヤルズで苦しんだのは左腕のエリック・スコグランド。0.2イニングで被安打3、失点3、与四球1と厳しい結果に終わっています。

 スコアは5-4でレンジャーズが勝利しています。

ノースイースタン大学@レッドソックス

 レッドソックスは大学生とエグジビション・ゲームです。ご覧のメンバーが出場しました。

ルスネイ・カスティーヨが4番

 4番を打ったのはここ数年贅沢税を圧迫していたキューバー出身のルスネイ・カスティーヨ。まだ亡命しなければMLBに入れなかった時代です。2013年末に亡命しました。2014年にレッドソックスとサイン。この時の契約が7年$72.5M。

 ゲームに出たのは2014年から2016年の3年間で99試合のみ。打率.262、OBP .301、SLG .379、HR7。その後はMLBの出場なし。今季は4年ぶりのメジャー復帰を目指し、NRIとしてメジャーキャンプに招集されていました。すでに32才に。 

 このゲームでは1Bゴロ、3Bゴロで2打数0安打。

ジーター・ダウンズが1安打

 プライスとベッツのトレードでドジャースから移籍してきたジーター・ダウンズは3塁への内野安打を放つ1安打。3Bゴロと言っていいかもしれませんが、まずは1本出しました。

 このゲームはエグジビションのため7回で終了。レッドソックスが3-0で勝利

サウスイースタン大学@タイガース

 こちらもエグジビション・ゲームでしたが9回までやりました。5-4 でタイガースが9回裏にサヨナラ勝ち。辛勝といったところです(スコア)。

ミネソタ大学@ツインズ

 ツインズはミネソタ大学(University of Minnesota)と対戦。こちらもエグジビションで、7回まで。このゲームはツインズ打線が爆発。16−0で快勝しました(スコア)。

 1番SSでロイス・ルイスが出場!4打席、1安打、2四球、RUNが3。順調そうです。

 これから大谷選手のエンゼルスやベッツのいるドジャースなどゲームが始まります。

Baseball Schedule | MLB Schedule
The official schedule of Major League Baseball including probable pitchers, Gameday, ticket and postseason information.

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました