スポンサーリンク

【MLB2023】レッドソックス、ゲリット・コールを攻略し、ヤンキース戦に連勝!

連日の序盤での大量点

 現地2023年8月19日、ブロンクスでのレッドソックス@ヤンキースのGm2でまたしてもレッドソックス打線が機能!ゲリット・コールを攻略しました。

 不調のヤンキースの中で、このゲーム前までにすでに10勝をマークし、ERA 2.76とさすがの成績を残しているゲリット・コール。この日はそのゲリット・コールが先発ということで、さすがに前日のようには行かないと気を引き締めて臨んだ(と思われる)レッドソックス。

 その立ち上がり、ラファエル・デバースが得意にしているゲリット・コールのスライダーを捉え、CFに抜けようかという痛烈な当たりを放ちます。これはSSのボルピーが弾いてRF前シングルということになりました。

 ただ、その後はターナーと吉田選手が倒れて無得点。

ルイス・ウリアスがグランドスラム!

 2回表、レッドソックスはアダム・デュバルがLFへ痛烈なシングルを放ち、つづくジャレン・デュランも8球粘って、CF前にシングルを弾き返し、大きなチャンスと作ります。ここで当たっているパブロ・レイエスはインコースを攻められるも、アウトコースをしっかりと見極めて四球で出塁。ピッチングの組み立てにヒビを入れましたね。

 ノーアウト満塁でコナー・ウォンに打席が回りましたが、ウォンは3Bゴロに倒れて、デュバルがホームでアウトとなり1アウト。

 つづくバッターはトレードデッドラインで獲得したルイス・ウリアス。ウリアスは初球のアウトコース低めのカットボールに対応。下手をすればダブルプレーを奪われるコースでしたが、打球を上げました!これが左中間スタンドに入るHRとなり、グランドスラムでレッドソックスが4得点を奪い、またしても序盤でビッグイニングを作ります。

 レッドソックスは4回表にも先頭のパブロ・レイエスがCFへのシングルで出塁してチャンスメイク。前の打席で凡退したコナー・ウォンが打席に入ります。ウォンもレイエス同様にアウトコースへの変化球をしっかりと見極め、カウントを作って8球目。98.3mphの4シームが甘いところに来たのを逃さず、これを右中間スタンドに放り込む2ランHRを放ちます。

 レッドソックスは、ゲーム前半に6-0とリード。投手に余裕を与えます。

カッター・クロフォードがまた好投

 レッドソックスの先発はカッター・クロフォード。クロフォードは4点の先取点をもらった直後の2回裏に、先頭のジャンカルロ・スタントンに四球を出すも、つづくアイザイア・カイナー=ファレファをダブルプレーに打ち取り、乗って行きます。

 カッター・クロフォードはヤンキース打線に対して5回までノーヒット・ピッチングを展開。与えたのは2つの四球と1つのデッドボール、そして1Bのジャスティン・ターナーのエラーによる出塁のみでした。

 6回裏、アーロン・ジャッジに連日となるHRを浴びるも、6イニングを投げて被安打1、失点1、BB 2、HBP 1、SO 5、HR 1という内容。頼もしい投球を見せてくれました。

 その後、レッドソックスは8回表に吉田選手がニング先頭でシングルを放ったのをきっかけに、パブロ・レイエスがタイムリー・ダブルを放ち7点目。

 さらに9回表には、ラファエル・デバースに28号HRが出て、8-1に。

 最後は8回から登板のマウリシオ・リョーベラが2イニングを完璧に抑えて、8-1のスコアで勝ちました。リョーベラは移籍後、初めていい仕事が出来ましたね!

MLB Gameday: Red Sox 8, Yankees 1 Final Score (08/19/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

AL WC 争い

 さて、レッドソックスはこれでシーズン成績を65勝58敗とし、3位ブルージェイズを猛追しています。この日、ブルージェイズはレッズに4-3のスコアで勝っております。ディビジョンの順位は上がったとして3位。狙うはワイルドカードですが、現地2023年8月19日終了時のワイルドカードの順位はご覧の通りです。

WCTeamWLW%
1TB7551.595
2HOU7054.565
3SEA6855.553
現地2023年8月19日終了時点のALワイルドカード3枠

 マリナーズが5連勝と絶好調なので、アストロズがかなり圧をかけられている状況となっています。上記の3枠目に向け争っている状況が下記です。

WCTeamWLW%GB vs SEA
4TOR6856.5480.5
5BOS6558.5283.0
6LAA6164,4888.0
7NYY6063.4888.0
現地2023年8月19日終了時点のALワイルドカード3枠を狙うクラブの成績

 ヤンキースはこの連敗でエンゼルスに越されましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました