【MLB2019】ルーカス・ジオリト、ヤンキース打線を封じ、10勝目!

ジオリト、8連勝

ルーカス・ジオリト(Lucas Giolito )の勢いが止まりません。

現地2019年6月14日の地元でヤンキース戦に登板したルーカス・ジオリトは初回こそルーク・ボイトに今季17号のソロHRを許しましたが、その後は安定。

ヤンキース打線を手球に取りました。

NYY戦2戦2勝

ルーカス・ジオリトは7回表にグレイバー・トーレスとクリント・フレイジャーに連打を許したところで降板。

6回、104球を投げ、被安打4、失点1、与四球4、被本塁打1で今季10勝目。

ヤンキース戦は4月12日以来の登板でしたが、この時も9−6でホワイトソックスが勝利しており、ジオリトは勝投手。

今季ヤンキース戦で2戦2勝となっております。

また、直近8登板で8連勝と勢いが止まりませんね。

フアン・ミナヤも好リリーフ

ホワイトソックスは7回にジオリトが撒いたピンチに対して、2番手のフアン・ミナヤ(Juan Minaya )が好リリーフ。

8回2アウトまで無失点で切り抜けました。

その後もジョシュ・オーシック(Josh Osich)がミナヤが出した2人のランナーを背負いながらもディディ・グレゴリアスの1ポイントして機能。見事に抑えきりました。

最後はホセ・ルイスがエラー絡みで1点を失いましたが、最少失点に抑え逃げ切り。

ヒメネスが2HR

ホワイトソックス打線はヤンキース先発のC.C. サバシアに対して、初回から攻め立て、イーロイ・ヒメネスが3ランHRを放つなど、序盤からリード。

また、6回にはヒメネスにこの日2本めのHRなどが飛び出し、4得点。

ヒット16本で、10−2とヤンキースに圧勝しました。

この日のホワイトソックスは強かったです。

BOX SCORE

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク