スポンサーリンク

【MLBポストシーズン2020】アストロズ、ブルペンでレイズを制し、コレアのサヨナラHRを生み出す(ALCS-Gm5)

見応えのあるブルペン勝負

 現地2020年10月15日、ALCS Game5はブルペン勝負となりました。

 レイズがジョン・カーティス、アストロズがルイス・ガルシア(Luis García)を起用。ともに今季ブルペンを担った二人の先発ということで、オープナーの対戦となりました。

今季デビューのルイス・ガルシア

 アストロズ先発のルイス・ガルシアは今季9月4日デビューの23才。ベネズエラ出身で2017年7月にアストロズとサインした投手。レギュラーシーズン中は、5試合に登板。うち先発は1試合。12.1イニングを投げ、ERAは2.92という成績でした。MLBにルイス・ガルシアは複数人おりますので、顔と所属クラブと年齢で見分けなければなりません。

 このルイス・ガルシアの場合、恵まれた体格が魅力です。1年で体を作ってきました。このコロナ禍の中、よくこれだけの体格に仕上げたものです。

レイズが4名、アストロズが7名のリレー

 レイズは細かくつないでいくのかと思いましたが、ジョン・カーティスが2回1アウトまで、ジョシュ・フレミングが、計3.0イニングとなる5回1アウトまで、アーロン・スレガーズが7回まで2.2イニング、そしてニック・アンダーソンを8回からマウンドに上げました。前日にホセ・アルバラードの目処が立ったので、この日は投げきってもらおうという判断だったようです。

レイズ、PS初登板のジョシュ・フレミングを起用

 レイズの2番手、ジョシュ・フレミングは24才の左腕で、2020年8月23日にデビュー。レギュラー・シーズンは7試合、32.1イニングに登板し、うち5試合に先発。先発時はオープナーでなく、5回を目安に中盤まで投げており、5勝0敗1ホールド、ERA 2.78という素晴らしい出来でした。

 そのジョシュ・フレミングは3イニングで被安打3、失点2と好投。ただ、3回にイニングの先頭のジョシュ・レディックにシングル、マーティン・マルドナードに二塁打を浴び、結果、マイケル・ブラントリーに2点タイムリーシングルを打たれたのはゲームの流れ上、痛い失点にはなりました。レイズは中盤に追いかける展開にならざるを得なかったので。ただ、よい投球だったので、今後も期待が持てそうです。

アストロズは7名を使いながらもハビエルを温存

 一方、アストロズは先発のルイス・ガルシアが2.0イニングを投げてからは、細かくつなぎ、ライアン・プレスリーまで計7名。この日はGame4で好投したクリスチャン・ハビエルを温存してのリレーです。なかなか憎らしいくらいに豊富なブルペンですね。

アロザリナ、パレデスからPS6本目

 レイズのランディー・アロザリナがまたしてもHR。ALCSでは3本目、今ポストシーズンでは計6本目です。これでレイズは2−3の1点差に詰め寄ります。

 投手はエノリ・パレデス。パレデスはALCS Game3でパーフェクト投球が途絶えました。この日も1.2イニングで与四球が3と荒れ気味。ALCSではこれまでのようには行っていないです。

 パレデスのポストシーズンでのパーフェクト投球ですが、Game3で登板して一人目のヤンディー・ディアスにシングルを許したので、ALCS Game1までの4試合、4.2イニングとなります。

 レイズは8回にチョイのHRでタイ・ゲームに。

N・アンダーソンがC・コレアにサヨナラHR

  8回から登板したニック・アンダーソン。ALDSのGame5以降、3試合でいずれも1失点を喫しておりました。どうもボールが高いので本調子ではないです。

 ただ、8回はジョージ・スプリンガー、マイケル・ブラントリー、ホセ・アルトゥーベと当たっている上位打線を三者凡退に仕留め、流れをレイズに引き寄せたかに見えました。

ライアン・プレスリーの分断

 しかし、9回表、レイズは先頭のマイク・ズニーノがシングルで出塁したにもかかわらず、ランディー・アロザリナに回るターンをライアン・プレスリーに抑えられ、これで流れが分断されたのは確かですね。

 そして9回裏、1アウトからカルロス・コレアに大きなHRが出てアストロズがサヨナラ勝ち。

 ともにブルペンがギリギリのところでしのぎ合う良いゲームでしたが、レイズはあと1本が出ませんでした。

 これでレイズの3勝2敗。Game6でアストロズが逆王手をかけるとレイズはちょっと厳しくなりますね。

 Game6はブレイク・スネルとフランバー・バルデスの投げあい。レイズはここで決めたいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました